2007年07月

2007年07月30日

[第2話 沖縄] ぶれない安売り、丸中商会

 沖縄本島中部の人で知らない人はモグリ、といわれる金物屋がある。うるま市の丸中商会。たんなる金物屋ながら、何から何まで取りそろえ、徹底的に安く売る。それ以外の顧客サービスはほとんど何もないが、品ぞろえと安さで顧客を引きつけて離さない。

Marunaka1

 この店、まずは中に入るのに苦労する。県道に面していて交通量もかなりある中で、同店に入ろうとする車がいつも数台は路上に止まっているからだ。構内の駐車場がまたごちゃごちゃしている。運が悪いと、一番遠い駐車場に行くはめに。そこに止めたら、車を降りてから、猛暑の中で、だらだら坂を登って店まで戻らねばならない。

 店内はほとんど迷路。商品配置が分からない。一応の分類はされているが、独自の分類を頭に入れるまでが大変だ。

Marunaka2

 よくある日曜大工の郊外店なら、ある程度の売場面積を確保して、縦横に分かりやすくレイアウトするのだが、丸中商会は、小さな店から徐々に広げていったのか、売場は不定形だ。その店内の狭い通路を、作業服のおじさん、日曜大工のお父さん、家庭用品目当てのお母さんと、ラベラー片手の納入業者が、体を斜めにしながら行き交う。

 レジの行列も、どこに並んだらいいのかよく分からないが、沖縄流の「てーげー」(大概)で、みな適当に自己主張したり、譲り合ったりしている。レシートには品名が印刷されないので、手書きの領収書を頼むと、手慣れたレジの女性は、目にも止まらぬ早さで電卓を叩いて、検算してくれる。システムではなく、個人芸の世界だ。

Marunaka3

 店員は担当商品のことを実によく知っているが、その多くはぶっきらぼうな感じだ。例えば、これこれのボルトが欲しいんだが、と言うと、黙って該当の商品を棚から出してくる。

「もう少し短いのはないですか…」
「これが一番短いね」

 以上終わり。無愛想だが、言っている内容は確かで、回答がぶれることはないから信頼できる。彼らが「ない」と言うなら店のどこを探してもない。

 安いだけではない。ネジでも溶接棒でも1本から買える。店員に言えば、その数だけ袋に入れて値段をつけてくれる。1つ買いすれば単価は当然高くなるが、不要なものを買って無駄にするよりは安くすむ。

Marunaka4

 沖縄県民の平均所得は全国平均の75%。商売をするうえで、本土以上に「安さ」は重要だ。たとえ駐車場が不便でも、商品の配置が分かりにくくても、店員が多少無愛想でも、安くて品ぞろえが豊富なら、それが最大のサービスになる。丸中商会の経営方針にぶれはない。

 丸中商会は、実は、毎年発表される沖縄県の企業売上高ランキングの常連で、200位前後にしばしば顔を出す。既に「たんなる金物屋」ではないのである。

 かくして、丸中商会には、きょうも開店から閉店まで人が押し寄せ、混沌の世界を作り出す。だが、その混沌の中に、自然な人のふれあいがある。店員と客、客と客。実際、ごぶさた気味の知り合いに一番よく会う場所は丸中商会だ。

 「万鐘」名の領収書をもらおうとして、顔なじみのレジ女性に「鐘」の字を説明した時のこと。「読み方はバンショウだよ、バンショウ。覚えてね」と言ったら、後ろに並んでやりとりを聞いていた小柄なおばあがニコニコしながら言った。

「バンソウコウね?」

bansyold at 10:47|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄 

2007年07月27日

[第1話 食] モウイ―沖縄芝居の名わき役 

 沖縄の夏といえば、ゴーヤーからマンゴーまで、旬の味覚のオールスターが勢ぞろいする。そんな中で、地味ながらも渋い光を放っているのが、モウイだ。

Moui1

 モウイは、赤ウリとも呼ばれる。長めのきゅうりを4、5本束ねたくらいの大きさ。赤茶色の皮をむくと、中から水気たっぷりの白い果肉が顔を出す。

Moui2

 ゴーヤーのような苦みがあるわけではないし、ナーベラー(ヘチマ)のような独特の甘味があるわけでもない。クセがない、何とも素直な味だ。

 最大の売りは、歯応えである。よく冷やしておくと、口に入れた時、心地よいパリパリ感が、暑さで減退気味の食欲を刺激してくれる。

 皮をむいて縦半分に割り、中心部の種をさじでかき出す。3mmほどの厚さにスライスして、かるく塩をふり、10分ほど置くと水が出てくる。その水をよく切って、醤油と酢半々で作った酢醤油を適量かける。そのまま冷蔵庫で2時間、よく冷やせば出来上がり。

Moui3

 モウイは、沖縄県内ですら、農産物流通の主流からははずれている。市場流通するのは7、8月の短い期間のみだが、この時期でさえ置いていないスーパーがあるほどだ。

 品種改良も出荷品質管理もほとんどされていないのだろう、形はふぞろいだし、大きさもまちまち。水分が多くて重たい割には、あまりにふだん着の存在すぎて、スイカやメロンのように付加価値をつけるのが難しく、その分、商業的なメリットが少ないのではないだろうか。

 万鐘のあるうるま市のような農村部を抱える地域では、畑の隅に自家用に植えている人が少なくない。栽培管理の手間はほとんどかからないから、植えておけば自然にできる。お金を払って買う野菜、のイメージではない。市場流通からはずれてしまった、のではなく、もともと市場流通に本格的に乗っていないというべきだろう。

 ゴーヤーがもはや国民的大スターだとすれば、モウイは、さしずめ沖縄芝居の名わき役といったところか。だが、このモウイ、毎年7月になると、沖縄の各地にちらほらと元気な姿を見せ、パリパリした歯ごたえ一本の名演技で観客を大いにうならせるのである。

bansyold at 22:17|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote