2011年03月

2011年03月27日

「十三祝いの新築」を原点に

沖縄を創る人 第13回
 国建取締役 平良啓さん(下)


 沖縄には13歳を祝う「十三祝い」の習慣が今もある。いわゆる成年になる儀礼だ。平良啓さんが十三祝いを迎えた時に、父が家を新築した。当時、住んでいたのは石垣島。貧しい中で、それまで茅葺きの家だったのを、セメント瓦の木造家に建て替えたのだった。

TairaH4

 「啓の十三祝いに家を作ったんだよ、と父に言われて・・・ さすがに感激しました」

 新築の際には、島の大工がやってきた。かんなで木を削り、のみでほぞを切って、家を建てていった。その見事な仕事ぶりに、啓少年は目を見張った。

 「建築士になりたい」。そんな夢が芽生えた。叔父が建築士をしていたことも、建築家を志す支えになった。

 中学を出た後は迷わず工業高校に進み、卒業後、株式会社国建へ。いったん退社して、大学の建築科で本格的に建築学を学んだ後、再び国建に戻った。

 平良さんは、首里城復元の後も、さまざまな歴史的建造物の復元や改修設計に携わった。例えば、首里城の西にある玉陵(タマウドゥン)の「東の御番所」の復元。玉陵は、その名の通り、琉球国王の墓で、御番所はその敷地内にある。玉陵を管理する那覇市の強い意向で、国王や王妃が休憩した東の御番所が復元されることになり、その設計・監理を平良さんらのチームが担当した。

 建物は沖縄戦で焼失していたが、その跡周辺に残されていた基壇の石積から建物の位置と向き、輪郭、地盤の高さなどが判明。さらに礎石間の実測から柱間寸法を想定した。古い写真から床高、軒高、軒先の長さ、屋根の勾配などを割り出した。

TairaH9


TairaH8

 現場は、陵墓だけのことはあって、手前の小さな森の部分とあいまって、なんとも言えぬ厳粛な静けさを醸し出している。都市の真ん中にいることをしばし忘れさせる空間だ。

 読谷村にある「喜名番所」も、平良さんらが関わった木造の歴史的建造物の一つ。こちらの番所は、今の役場にあたる。1853年にはペリー提督一行が立ち寄り、随行画家のハイネの描いた絵が残されている。古写真や文献、発掘調査記録を分析するとともに、古老への聞き取りを行い、有識者による委員会で方針を決めていく、という、首里城復元以来の手法を採った。現在は観光案内所として使われている。

 木造建築といえば、このような歴史的な建造物ばかりでなく、かつては一般民家も当然ながらみな木造建築だった。木造建築は、沖縄の蒸し暑さを回避するうえで機能的に優れているが、戦後、沖縄の住宅のほとんどが鉄筋コンクリート造になった。

 平良さんによれば、現代の木造建築は、台風に耐える強度を十分備えているし、シロアリ対策も開発されている。木造建築がかつて直面したそうした大きな問題は、少なくとも技術的には既にクリアされている。にもかかわらず、木造住宅はまだまだ少ない。

 「台風とシロアリでさんざんひどい目に遭ってきましたから。やはり、それがトラウマになっているのでしょうか」

TairaH2

 平良さんが懸念しているのが、木造建築を作ることができる人材の不足だ。コストダウンを図るため、コンピュータにデータを入力して機械に材をカットさせる方式が増えつつある。しかし、このやり方では、伝統的民家を建てられるような人材はなかなか育たない。

 とはいえ、散発的にせよ、歴史的な木造建築の修復や復元工事は行われている。そうした中で、ベテラン、中堅、新人の大工が関わっており、伝統技術は着実に継承されている、と平良さんはみている。

[平良啓さんとつながる] 首里城は那覇市首里当蔵町3-1、098-886-2020。平良さんも理事を務める「首里城公園友の会」は、見学会、講演会、研究誌『首里城研究』の発行など、さまざまな活動をしているので、首里城や琉球王国について深掘りしたい方にお勧め。事務局は098-886-2020。玉陵「東の御番所」は、首里城のすぐ西。歩いて行ける。那覇市首里金城町1-3、098-885-2861。喜名番所は、読谷村字喜名1-2、098-958-2944。国土交通省の道の駅に指定されており、気軽に立ち寄れる。平良さんの勤務する株式会社国建のHPはこちら


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄 

2011年03月20日

歴史的建造物をよみがえらせる

沖縄を創る人 第12回
 国建取締役 平良啓さん(上)



 沖縄を代表する歴史的建造物、首里城。沖縄戦で灰燼に帰した首里城が本格的に復元されたのは平成4年のことだった。復元には数多くの専門家がかかわったが、その中に1人の若手建築技術者がいた。平良啓さん。当時30代前半。首里城復元の現場監理を丸3年担当した平良さんは、その経験をベースに、その後も数多くの歴史的建造物の復元や改修設計を手がけてきた。

TairaH1

 「首里城の仕事の前には、そうした歴史的な木造建築を手がけたことはなかったんです」

 たまたま上司が歴史的建造物を手がけた経験があったため、平良さんは首里城復元の仕事に携わるようになった。沖縄は、沖縄戦で主な建造物がほとんど焼失してしまったため、木造の社寺などを設計・施工した経験を持つ技術者はほとんどいなかったのだ。

 不足していたのは人材だけではない。そもそも、首里城正殿がどんな形、構造だったかがよく分からなかった。それを調べ上げることが平良さんらの初めの仕事になった。基本設計、予備設計、実施設計の3段階を通じて、古文書、古写真、古絵図を調べるとともに、戦前の建物を知っている古老にも話を聞いた。首里城正殿は昭和に改修工事をしているが、その前の「明治の首里城」を知っている人も当時はまだ存命だった。

 「大変な仕事でしたけど、未知のものを探求する楽しみはありましたね」と平良さんは振り返る。

 首里城正殿の復元は、国営沖縄記念公園事務所が社団法人日本公園緑地協会に設計と工事監理を委託。平良さんはその時のワーキングスタッフの1人として参加したのだった。

TairaH6

 写真は首里城公園内に置かれている首里城正殿の1/10スケールの構造模型。正殿は、直径40cm、高さ8mの柱が何本もいる。沖縄でそのような大木を何本も調達することは不可能だった。平成の復元に際しては調達が可能なタイワンヒノキを輸入した。

 施工の過程で木造の難しさも味わった。まっすぐのはずの材が途中でひねってしまったり、乾燥が激しい時に割れてしまうこともあった。「木は生きていますから…」。幸い、首里城は内外が赤く塗装されたので、割れた部分は目止めして塗装すればなんとかカバーできた。

TairaH7

 前に述べたように、沖縄戦で古い木造建築が焼失し、住宅も戦後は鉄筋コンクリート建てのものが増えたこともあって、沖縄には木造建築の経験豊富な大工があまりいなかった。首里城復元の施工の際には、社寺建設などの経験を持つ十数人の宮大工が福井県などから加勢、沖縄の大工とともに木工事を担った。

 木材を組み上げるについては、伝統的な琉球建築の技術をできるだけ活用した。木材を長く伸ばす際の接続技術である「継手」、角度をつけて組み合わせる接続技術の「仕口」などにそれらが生かされている。

 もちろん、現代技術を使った部分もある。例えば、首里城正殿の屋根の正面と両端に鎮座する龍頭棟飾(りゅうとうむなかざり)。直径3mもある巨大な陶製だ。これを屋根に固定するのは容易ではなかった。台風の風をまともに受ける屋根の頂上に置かれる重たく巨大な陶製。もし固定が甘くて落下するようなことがあったら―。工法は慎重に検討され、最新の技術が採用された。

 平良さんにとって、あるいは多くの沖縄の建築関係者にとって、こうした設計、施工プロセスのほとんどすべてが初めてづくめ。平良さんはその過程の一部始終を、現場で丸3年、体験した。

 「人生で一番いい経験でした」

TairaH5

 平良さんは後に、首里城復元の過程を5年がかりで論文「伝統的建築物群における復元設計プロセスと復元施工に関する研究」にまとめ、2005年、神戸芸術工科大から博士号を授与された。

 続きは次回3/27(日)に。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄 

2011年03月13日

歌三線の「指導要領」を作りたい

沖縄を創る人 第11回
 三味線製作所代表・三線教室主宰 金城盛長さん(下)


 金城盛長さんの仕事は三線製作と歌三線演奏の指導だが、それにもう一つ、スケールの大きな仕事が加わろうとしている。それは、三線指導法の体系化だ。25年にわたる歌三線の指導を通じて、金城さんは、従来になかった新しい方法を含めて、三線指導法を模索してきた。

KinjoS6

 同じ楽器でも、例えばピアノなら「バイエルから始めて」「運指法はこうして」というようなある程度標準化された指導の体系がある。しかし、沖縄の三線については、そこまでの標準化された指導法はない。それぞれの先生がそれぞれの流儀で指導しているのが現状だ。共通しているのは楽譜の「工工四」だけ、と言っても言い過ぎではない。

 三線は「歌三線」と言われるように、歌が主役。

 「私の教室では、初めから歌わせます。ある程度弾けるようになっても、楽器に詰まった時には、とにかく歌え、と言っています。口三味線(くちじゃみせん)、ですね」

 その歌詞の多くは、琉球語(ウチナーグチ)で書かれている。その発音がおかしければ、いくら三線が弾けても、全体としておかしな演奏になってしまう。宮古民謡や八重山民謡には、またその地域特有の言葉と発音がある。

 「少なくとも自分の教え子に関しては、外国人だからできない、ヤマトンチュだからできない、なんて沖縄の人に言わせたくないんです。だから私の教室ではウチナーグチの発音も教えます」

 楽器の構造の理解も重要だ。金城さんの教室では、三線の分解から始める。「分解」と言えば、手の動きもそう。バチを持って動かす角度や方向がおかしいためにちゃんとした音が出せない人が多い。金城さんはそんな手の動きを一つひとつ分解して、説明する。

 「関節の動きから見ていて、アドバイスします」と金城さん。そうすることで、どの動きがおかしいのか、生徒自身が把握しやすくなる。

KinjoS3

 要するに、従来の三線学習は、体で覚えている先生の動きを「見てまねする」ものだった。金城さんはそれをいかに分かりやすい言葉にするか、に心を砕いてきた。金城さん自身は父の動きを「見てまねした」のだが、指導者としての金城さんは、さまざまな体の動きの一つひとつを分解し、言葉に置き換え、正確に分かりやすく伝える方法を模索してきたと言える。

 楽譜「工工四」の活用でも、ひと工夫している。現代音楽に慣れている人にとっては、ピアノの鍵盤を併用して教えると理解が早いという。

 特に半音と全音の違いは、三線の棹には書かれていないから、ツボを正確に押さえられるようになるまで時間がかかるが、ピアノなら鍵盤によって視覚的に分かる。工工四で表わされるそれぞれの音と隣の音との関係が半音か全音かの違いがしっかり分かっていれば、弦を押さえる際にツボと隣のツボとの距離が半音と全音では全く違ってくることが容易に理解される。

 「三線の先生でも、ツボを教えるために生徒の三線の棹にテープを貼ったりするんですが、貼る位置が間違っていることがあるんです。もちろん先生自身は音で聞いているから、自分で演奏する時は正確なツボを押さえているんですが、教える時にその場所がズレたりするわけです」

 金城さんの合理的な指導の背景には、時間に限りがある、という事情もある。金城さんがどんなに激しく出張しても、教え子の手をとって教えられる時間は限られている。だからこそ、10回の稽古で言うことを1回で言えるようになることが大事だと考えて、指導法や表現の仕方を工夫してきた。

 「沖縄の民謡の世界では、調弦(チンダミ)ができるようになるのに10年かかる、と言われます。だが、できない状態が10年続くより、1日も早くできるようになって、できてから10年を使った方がいいに決まってるんです」

KinjoS12

 合理的にやるべきところは徹底して合理的にやるのが金城さんのやり方だ。こうしたさまざまな指導経験をこれから集大成して、体系的な三線の指導法、言ってみれば「指導要領」を作り上げたいと考えている。

 「伝統を守る、と言いますけど、守り始めたら伝統は消えるんです。いかに今を楽しむかが大事。今の人が心からいいなと思えば、必ず次の時代に引き継いでくれます」

 「沖縄では、結婚披露宴の幕開けは、かぎやで風を演奏するでしょう。締めはカチャーシーをやりますよね。あれは、今の人がいいと思うからやっているんです。曲は昔に作られたものだけれども、だれも古いなんて思ってない」

 「沖縄は、いい加減なところがおおらかさだし、よさであると言われています。もちろんそういう面は大切にすべきですが、すべてがいい加減では話になりません」

 伝統を未来へのポテンシャルと位置づけられる圧倒的な視野の広さ。あふれる情熱を歯切れのよい言葉に載せて、語り出したら止まらない。

 [金城盛長さんとつながる] 金城さんの三味線製作所は那覇市松山1−19−9、098−868−1525。三線教室のHPは、こちら。沖縄を含む全国6教室それぞれの情報が載っている。各教室参加者の中には、自身のブログで、金城さんの三線教室での経験を綴っている人も。「金城盛長」で検索すると、そうしたブログが出てくる。金城さんの三味線製作所のHPはこちら。好きな民謡演奏家がいれば、その演奏家の音色に近い音を出す三線を作ってくれる。

bansyold at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄 

2011年03月06日

フォルクローレで沖縄民謡にめざめる

沖縄を創る人 第10回
 三味線製作所代表・三線教室主宰 金城盛長さん(中)


 毎週のように本土各地に出かけ、5カ所の三線教室で出張指導している金城盛長さんは、若い頃、旅行業を志望していた。それほどの「旅好き」だからこそ、今やっている出張指導の激しい動きが、あまり苦にならない。

KinjoS2

 高校を卒業した後に上京。東京にある旅行業の専門学校で学び、卒業後に旅行会社を受験した。面接した旅行会社のある部長は、若い頃にインドやイギリスを旅した経験があった。金城さんも、一度海外に出てみたいと思っていた。

 「やりたいことがあるんなら、やってこいよ、その後でまた来たらいいよ、とその部長が言ってくれたんです」

 そこで金城さんは、興味を抱いていた中南米の旅に半年間、出かけた。1984年のこと。メキシコ、グアテマラなどを経て、ペルー、ボリビアなどを歩いた。

 ペルーのクスコから、インカ遺跡のマチュピチュに向かう電車に乗った時のことだった。民族楽器のチャランゴを持った青年が乗り込んできて、フォルクローレを歌い始めた。どうやら観光客相手に演奏している青年らしかった。

 明るいけれど、どこかもの悲しいアンデスの響き。10弦のチャランゴの音色とフォルクローレの歌声が金城さんの体にしみ込んできた。なぜか無性に「音楽をやりたい」と思った。その時ー。

 「突然、おやじの顔が浮かんできたんです」

KinjoS4

 父は、那覇市松山で三線製作所を構え、三線の稽古もしていた。だから、金城さんがものごごろついた時から、家の中には常に歌三線が響いていた。

 しかし金城さん自身は、子供の頃、民謡にあまり関心を向けることはなかった。特に反発していたというわけではなかったが、父が稽古をしている時はその音を避けるように外に出ていき、稽古が終わった頃に帰ってくるような少年だった。父も強いて民謡を本格的にさせることはなかった。

 それでも、歌三線の中で育ったから、調弦(チンダミ)はできたし、踊りのカチャーシーの早弾き曲「唐船(トウシン)ドーイ」くらいは弾けた。高校卒業後、東京に出た時も、父は三線を持たせた。だが、その三線も、東京ではほとんど弾くことがなかったから、やがて皮が破けてしまった。

KinjoS9

 三線に貼られている蛇の皮は、時間が経つと自然に膠着して徐々に固くなっていく。ひんぱんに練習していれば、音の微振動によって常に少しずつ伸ばされるため膠着が防げるのだが、弾かずにずっと置いていると、膠着が進み、乾燥した時に真ん中でバッと切れてしまう。

 そんな調子だったから、三線を自分でやろうとは考えてもいなかったし、ましてや父の跡を継ごうなどとは全く思ってもいなかった。

 だがー。アンデスのフォルクローレを聞いて、音楽をやりたい、と思った時、金城さんにとっての音楽とは、ほかでもない沖縄民謡だった。知らず知らずのうちに、沖縄民謡は金城さんの体じゅうにしみ込んでいたということだろう。

 南米の旅を終えた金城さんは早速沖縄に戻り、父について、三線製作と三線の稽古を本格的に始めた。

KinjoS8

 それから25年あまり。いま全国を出張指導で駆け回っている金城さんは、ライフワークとも呼ぶべき大仕事に取り組もうとしている。

 その話は次回3/13(日)に。

bansyold at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄