2011年04月

2011年04月24日

50分の1の体が図面の中で動き回る

沖縄を創る人 第17回
 建築家、team Dream代表取締役 福村俊治さん(下)


 開放的な半戸外空間の魅力は、日陰の涼しい風を感じられる快適さばかりではない。前回、写真でも示したように、福村俊治さんが住宅に仕掛けたパティオやテラスは、親戚や知人が集まって食事をともにする場として使われている。そう、半戸外空間は、家に住む者だけでなく、来訪者にも開かれた空間なのだ。

FukumuraT7


 前回も書いたが、伝統的な沖縄の民家には玄関がないので、家人は、雨端(あまはじ)の軒下から家の中に上がるのが普通だった。来訪者も、開かれた雨端にやってきて、おしゃべりした。

 「玄関から入る」のと、どこでも開いている「雨端に立ち寄る」のとでは、気持ちのうえで敷居の高さがいささか違うのではないだろうか。

 「民家が気密性の高い構造をしていれば、住んでいる人の意識は家の中にしか向きません。家の前を通る人のことを全く考えなくなってしまいます」と福村さんは沖縄の住宅の現状を懸念する。

 家の前を通る人のことが視野に入らなければ、街の中に自分の家があるという意識は生まれない。言うまでもないが、街の景観を形づくっているのは、一軒一軒の民家だから、閉じた住宅ばかりでは、景観づくりもおぼつかないことになる。

 福村さんが見たヨーロッパなどの街の中には、通りに向けて人形を置いたり、花を植えたりする家がたくさんあった。すべては、道ゆく人のためになされていた。

FukumuraT8


 福村さんが鉄筋コンクリート造の住宅で、開放性に加えて大切だと考えるのは、塗装などのメンテナンス。

 「しっかりした材料を使って造られたコンクリート住宅は、メンテナンスをきちんとやれば100年でも200年でももちますが、メンテナンスしなければ30年くらいしかもちません」

 「ペンキ塗装は重要です。コンクリート打ちっぱなしのまま、家に服を着せることをせず、30年でダメにしてボンボン建て替えるケースが多いのが、残念ながら現状です」

 スクラップアンドビルドの繰り返しは、エネルギーを無駄にするばかりではない。そもそも建物や街は社会資本。祖先が頑張って築いたものを簡単に壊してしまったら、何の歴史も残らない、と福村さんは考える。

 施主が経済的にゆとりがなければ、ぎりぎりの安い予算で家をつくらざるをえない。だが、安普請の家は長持ちしない。その意味でも、福村さんはパティオやテラスに土地面積を割くことを勧めている。というのも、こうした半戸外空間の建設費は、室内空間よりもずっと安くできるからだ。

 普通の鉄筋コンクリート造の室内部分が坪50万するとすれば、パティオやテラスなら壁や設備類がないから坪20万もあればできる。そこで浮かせた予算で本体部分をしっかり造り、メンテナンスで手をかければ、家はもっと長持ちさせられる。

FukumuraT9


FukumuraT10


 福村さんは個人住宅ばかりでなく、規模の大きな建築作品も手がけている。公共建築の代表作は、糸満市の沖縄県平和祈念資料館。

 カーブを描く資料館と、中央に集まる「平和の礎(いしじ)」との間には、屋根だけの回廊部分が作られている。まさに住宅設計と同じ考えの半戸外空間。

 福村さんは、建築家の仕事を心から楽しんでいるようだ。設計している時は、自分の体が50分の1になって、図面の中で、階段を上がり下りしたり、部屋とパティオを行き来したりしているという。

 沖縄では、建築家が所属する設計事務所と、施工業者の工務店とが分かれている。これは全国でも珍しいという。最近は沖縄でも、東京流の設計施工一体住宅が増えているものの、家を建てようとする人は「まずはよさそうな建築事務所を探す」という習慣は根強い。建築士にとっては働きがいのある場所といえそうだ。


 [福村俊治さんとつながる] まず福村さん率いるteam Dreamのホームページはこちら。作品の写真ばかりでなく、福村さんが沖縄の住宅新聞などに連載してきた数多くの記事が読める。沖縄の現代建築事情がよく分かる。「建築系ラジオr4」というネットラジオ番組に福村さんが出演した時の放送はこちらで沖縄県平和祈念資料館は糸満市摩文仁614-1、098-997-3844。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄 

2011年04月17日

開かれた半戸外空間で快適に

沖縄を創る人 第16回
 建築家、teamDream代表取締役 福村俊治さん(上)


 沖縄らしい住宅とはー。沖縄の気候、風土に合った住まい方について提案を続けてきた建築家の福村俊治さんを、那覇市の事務所に訪ねた。

FukumuraT1


 「沖縄らしい住宅」と言えば、県外の人は、赤瓦屋根の伝統的民家を思い浮かべるかもしれない。だが、赤瓦といった素材や意匠の話の前に、沖縄で暮らすのに具合のよい住宅の機能とは何かを考えてみよう。

 福村さんが言う。「例えば、北欧は寒いですから、家を完全に閉め切ります。室内のインテリアのデザインに凝るので、家具などのインテリアが発達します。では、沖縄は? エクステリアですよ」

 エクステリアとは、門、扉、塀、物置、駐車場、フェンスなど家の外周りの設備とそれらが作り出す外観を一般に言う。家の外まわりのすべて、と考えればいい。

 沖縄は、蒸し暑い亜熱帯だが、島風が吹いているので、日陰ならば気温は32度くらいまでしか上がらない。だから、暑い時には、窓を開け放して風を入れたら気持ちよい。北欧のように密閉するのとは逆に、外に向かって家をどう開いていくかが家づくりのポイントになる、と福村さんは考える。

 確かに、沖縄の伝統的な住宅は、まさにこの部分に工夫を凝らしてきた。その一つが雨端(あまはじ)。雨端とは、軒に差し出した長めの庇(ひさし)とその下の空間を指す。雨と強い日差しを遮断し、快適な日陰を作る。壁がないので、内外が連続している。伝統家屋は玄関がないから、雨端は、外から来た人の接客の場にもなる。

FukumuraT2


FukumuraT3


 「残念ながら、今の沖縄の民家の多くは、コンクリートの壁やサッシで完全に密閉して中をクーラーで冷やす、というものになっています」

 最近の沖縄は、建築に関しても東京発の情報が多く、いかに外に開くかといった沖縄独自の住まい方を前提にした情報は少ない。

 沖縄は台風銀座。台風の強風に耐えるという意味で、躯体に重量のある鉄筋コンクリートは優れている、と福村さんはみる。ならば、同じ鉄筋コンクリート造りで、完全密閉型ではない開放型の住宅を提案できないものかー。

 福村さんは、現代的な鉄筋コンクリートの民家に、開放的に暮らすのに都合のよい仕掛けを施してきた。パティオやテラスがそれだ。

 パティオとは、本来、スペインなどの住宅にある中庭のこと。この中庭にはタイルなどが貼られていることが多く、周囲に配置される食堂や応接室、居間などとのつながりが意識されている。

 テラスは、母屋部分から突き出した半戸外空間で、屋根があったり、なかったりする。パティオもテラスも、内外が連続する空間という意味で、雨端の機能とよく似ている。

 福村さんが設計した実例をみてみよう(写真は、いずれも福村さん撮影)。

 下の写真の家は、コンクリート造りのモダンな母屋の向かいに、伝統的な木造の離れが配置されている。2つの建物の中間部分が半戸外空間になっているのがミソ。写真のように、涼しい風を浴びてパーティーを開くことができる。

FukumuraT4


 次の家は、きょうだいの住宅を向かい合わせにし、間の部分を中庭にした。敷地にゆとりがなかったので、中庭を共有することで敷地を節約しながら、半戸外の空間を楽しめるようにしたという。中庭には屋根がかかっていて、雨をよけつつ、爽やかな風を感じながら過ごすことができる。

FukumuraT5


FukumuraT6


 福村さんが言う。「自然を感じられる生き方は豊かですよ」

 続きは4月24日(日)に。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄 

2011年04月10日

一つの頂点を極め、ものごとを見る

沖縄を創る人第15回
 宮城珠算学校校長 宮城忍人さん(下)


 沖縄でも有数のそろばん塾、宮城珠算学校の校長宮城忍人さんは、そろばん選手から指導者になったわけではなかった。宮城さんは、中学高校と器械体操に打ち込んだ。大学も日体大に進んだほど。

MiyagiS12

 卒業後は沖縄に戻り、保育園などで体操指導をしながら、父の営むそろばん塾の手伝いを始めた。生徒を指導する面白さから次第に珠算教育にのめり込み、今に至る。

 前回書いたように、沖縄のそろばん教室は、平成になった頃から、それまでの努力が実り、日本一などの好成績がポツポツ出始めた。

 「いい成績を残す子どもが現われ始めると、自分たちもやればできるという自信が生徒の間に生まれます。同時に、そろばん塾の教師たちの間にも、優秀な生徒を自分たちも育てられるという自信が広がっていったと思います」と宮城さん。

 教師の目標水準が高くなければ、生徒は決してそのレベルまで伸びない、と宮城さんは強調する。

MiyagiS6

 そろばんは、四則演算が基本。代数や幾何の難題を解くような難しさはない。

 「基礎的な計算を、いかに早く、いかに正確にやるかが問われます」と宮城さん。

 だが珠算の世界で言う「早く、正確に」は、素人には驚きのレベルだ。宮城さんが、その一端を紹介してくれた。

 読み上げ算では、7ケタから16ケタまでのさまざまな数字が読み上げられ、目の前に置いたそろばんの珠をはじきながら、足したり引いたりしていく。この7ケタから16ケタの数字が全部で15本読み上げられるのだが、その時間はわずか40秒間前後。1つ平均2.7秒の計算だ。

 「40秒に15本の数字を読み上げるのを一般の方が聞いても、何を言っているかほとんど分からないと思います」(宮城さん)というスピード。

 しかも、例えば「3589・・・(さんぜんごひゃくはちじゅうきゅう」と読み上げる段階では、それが「兆」なのか「億」なのか分からないから、まだ珠を動かせない。その後に例えば「億」という声を聞いた瞬間、頭に叩き込んでおいた4つの数字を入れなければならない。

 暗算は、頭の中にそろばんをイメージして、読み上げられる数字を入れていく。集中力と意識の高さの勝負になる。

 フラッシュ暗算という部門は、3ケタの数字を15本、猛烈なスピードで連続して画面に出し、それを瞬時に頭の中で足していく。15本の数字が画面に現われる時間は全部でわずか1.8秒。1つ平均0.12秒だ。普通の人は、数字を読み取ることすらできないだろう。「またたく間に」という言葉があるが、まばたきしていたら終わってしまう。

 基礎的な計算を正確に早く、という意味では、陰山英男氏の実践で脚光を浴びた百ます計算と似ているところがある。百ます計算の成績が上がると、どの教科の成績も総じて上がるとされる。

 「珠算のできる子は、総じて学校の成績がいいです。医者や弁護士といった将来の夢を持っている子もいます」
 「オールラウンドより、たとえ1つのことでも一番頂点まで行って、自信をもってものごとを見られるようになることが大切なのかな、と」

MiyagiS4

 文部科学省が実施している全国学力テストの初回で、沖縄県の小中学生は都道府県別で全国最下位だった。県教育庁はじめ沖縄社会の落胆は大きかった。「沖縄の子供は勉強ができない」と単純に受け止める向きが多かったようだ。

 しかし、そろばんのこれだけの実績を見ていると、学力テストの成績が芳しくないのは、子供の問題ではなく、教え方、導き方の問題なのでは、と思えてくる。

 最下位ショックの後、沖縄県教育庁は、学力テスト1位だった秋田県から教師を招聘したり、沖縄の教師を秋田に派遣するといった、地道な対策をとり始めた。野球や珠算のように、公教育でも、こうした努力が花を咲かせる日がやがて来るのかもしれない。

 今春、それを先取りするかのような出来事があった。大学受験で全国最難関の東大理III(医学部)に3人が同時に合格(現役1、浪人2)、沖縄の教育界を驚かせた。

[宮城忍人さんとつながる] 宮城珠算学校は浦添市屋富祖2-26-12、098-877-1234。HPはこちら。宮城珠算学校内には、珍しいそろばん、古いそろばんなどを集めた「そろばん展示館」が併設されている。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄 

2011年04月03日

「珠算に強い沖縄」が生まれるまで

沖縄を創る人第14回
 宮城珠算学校校長 宮城忍人さん(上)


 沖縄はそろばんが盛ん。その中でもトップクラスの成績を誇る浦添市の宮城珠算学校に校長の宮城忍人さんを訪ねた。

MiyagiS8

 「○○君、暗算の部で日本一」。そんな記事が地元紙に載ることが時々ある。ただ新聞の扱いは小さく、甲子園優勝のような強い印象は、残念ながらあまりない。実際のところ、沖縄でそろばんはどれくらい盛んなのだろうか。

 宮城さんの話では、全国の珠算関連団体は、日本珠算連盟(日珠連)と全国珠算教育連盟(全珠連)が2大勢力で、沖縄のそろばん教師の多くは全珠連の認定を受けている。その全珠連の都道府県別検定受験者数のトップスリーは、1位沖縄6万0490人、2位愛知4万6473人、3位東京3万7253人(2009年度)。

 人口1000人当たりの検定受験者数を計算してみると、沖縄43人、愛知6人、東京3人になる。沖縄はそろばんが「ものすごく盛ん」であることは、どうやら間違いなさそうだ。

 有段者も多い。京都にある全珠連本部事務局によると、最高位である十段のこれまでの取得者は、全国で珠算の部が1012人、暗算の部が1133人。うち沖縄は、珠算118人、暗算194人で「ダントツの1位です」(同事務局)。珠算の2位が広島で94人、暗算の2位は東京で83人にそれぞれとどまっている。暗算では、2位東京の2倍以上の十段がいるわけだ。

 競技成績もいい。最近の一例を挙げれば、所属団体に関係なくだれでも参加する1000人規模の「全国珠算競技大会そろばんクリスマスカップ2010」で、昨年、沖縄県は中学の部で団体優勝。子供から大人までが同じ土俵で競い合う年齢無制限の読み上げ算競技では、宮城珠算学校所属の中学生玉那覇有亮君が日本一に輝いた。

MiyagiS3

 宮城さんが言う。「いま、沖縄の高校が甲子園に行ってユニホームに『沖尚』『興南』と書かれていたら、他府県の選手たちがびびってしまうという話がありますが、珠算も同じです。大会で座る座席に『沖縄』とあったら、他府県の選手はそれだけでかなり緊張するようです」

 どんな経緯で珠算がこれほど強くなったのか。空手のように、ひょっとしたら琉球王国時代からの歴史があるのかも―。そんなことがチラッと頭をかすめたが、見事にはずれた。

 宮城さんによると、昭和の時代には、沖縄勢の成績は決して芳しいものではなかった。沖縄のそろばん教師たちは、強豪とされる他府県から教師を招くなどして、地道な勉強を重ねた。成果が現われるようになったのは平成になってから。個人で日本一を獲得する例が出始めたという。

 野球の話に戻れば、昔の沖縄勢は、甲子園の大舞台に立つと、自信がないために緊張のあまりトンネルし、さらに自信を喪失するというイメージだった。それが地道な努力で少しずつ強くなり、平成に入ると、沖縄水産高校の活躍くらいから全国上位の結果を出し始めた。やがて沖縄尚学高校が活躍し、昨年は興南高校が春夏連覇を果たして最高峰を極めるに至った。

 珠算隆盛までの経緯も、同じ時期に重なっているようだ。

 「私たちの世代は、まだ『内地の人は優れている』という感覚でした。今の子たちは違います。全国大会に行って、本番直前に『大丈夫か』と声をかけると『自分たちは日本一をとりに来ましたから』と自信に満ちた表情で言って、しっかり実力を発揮できるんです」

MiyagiS9

MiyagiS11

 宮城珠算学校は、忍人さんの父清次郎さんが創設し、ことしでで55年になる。現在、約750人の生徒を抱える県内でも最大規模のそろばん塾。これまでに、珠算で16人、暗算では29人の十段を輩出してきた。

 そうした優秀な生徒と教師陣を率いる宮城さん自身もよほどのそろばん使いなのではないかと思って尋ねたら、意外な答えが返ってきた。

 「私自身は、珠算はそれほどできないんです」

 続きは4月10日に。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄