2014年03月

2014年03月31日

田んぼのそっくりさん

 ベトナムに来ているものですから、あれこれ目につくそっくりさんを紹介したくなります。

 前回、沖縄のナントゥーにそっくりなベトナムのお菓子を紹介しましたが、今回は、これです。何でしょう。これが分かれば、沖縄アジア検定試験の上級資格の合格間違いなし、じゃないかな。

Muji1


 ごらんの通り、汁麺なんですが、そっくりさんは麺ではなくて、上にのっかっている緑色のものです。

Muji2


 続いて、沖縄で見る、それです。

Muji3


 実は「そっくりさん」ではなく、基本的に同じものです。

 答えはムジ。沖縄ではムジといいますが、本土ではズイキと呼ばれるようです。タイモの茎のことですね。水をはった田んぼで育ちます。ベトナムは、まさに水田の国。

 沖縄のムジ汁については、これもだいぶ昔の記事ですが、このブログで紹介しました

 独特のシャクシャク感がたまらない野菜です。ただ、沖縄では、この間まではスーパーでもたまに見かけましたが、最近はあまりお目にかかりません。だんだん食べられなくなってきているのかもしれません。

 一方、ベトナムでは、どこでもだれでもモリモリ食べているようです。最初の汁麺は、麺の具としてのせていますが、鍋材料なんかにもよく使います。


bansyold at 01:01|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄とアジアの食 

2014年03月25日

ナントゥーのそっくりさん

 これ、なんでしょう?

NantoViet2


 沖縄の伝統菓子、ナントゥーじゃないんですよ。でも、そっくりでしょう。

 沖縄のナントゥーはこれです。

Nantu1


 うり二つ、ですね。ナントゥーは黒糖、生姜、味噌、香辛料のヒハツなどが入ったモチ。サンニンの葉に乗せて蒸し上げられることが多いです。

 味噌が独特のコクと香りを出していることを、だいぶ前のブログ記事で紹介しました。クセになる味、です。

 さて、冒頭写真のもの。今度は切った断面のアップを見て下さい。

NantoViet


 モチとは違いますが、モチ米を軽くついてまとめてあるので、ほとんどモチのような状態。味つけは黒糖と生姜なので、食べた感じもナントゥーそっくり。

 実はこれ、ベトナムのお菓子なんです。ソイチューア。甘いモチ米、という意味です。

 みそは入っていないので、みその味が効いているナントゥーよりもあっさりした感じです。

NantoViet3


 こんな感じで、甘いもの屋さんで売ってます。 

bansyold at 08:54|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 沖縄とアジアの食