2014年12月

2014年12月31日

快晴の大みそか

 大みそかの勝連城跡周辺はスカッ晴れの快晴。青い空がどこまでも高く広がっていました。空が高い日には勝連城跡の石垣がひときわくっきり見えます。

Ohmisoka


 ももと庵、ことしもたくさんのお客さまに来ていただきました。ありがとうございました。

 12月からスタートした「しっかりアジアン」シリーズ。年明けには、また新メニューが登場します。1月は、シンガポール風の ???  詳しいことは、年明けに改めてお知らせしますね。

 来年のこのブログでは、これまで同様に、ももと庵メニューの舞台裏、おきなわの食、アジアの食の話題、それに、お楽しみのアジア歌手シリーズを綴っていこうと思っています。

 新年がみなさまにとって実り多い1年になりますよう。どうそよいお年をお迎え下さい。

************************

 ももと庵、新年の営業は1/4(日)午前11時からです。スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。

bansyold at 21:18|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 勝連城跡周辺 | 万鐘

2014年12月26日

南インド風さばのカレーって?

 今月初めからスタートした「しっかりアジアン」シリーズの2番手、南インド風さばのカレー。もうお試しになりましたか。

SabaCurry4L


 インドは「亞大陸」と言われるように広大で、各地に独自の食文化がありますが、日本では北インドと南インドの2つに大きく分けて語られることが多いようです。

 南インド料理のさまざまな特徴の中でも、「ココナツ」はとても重要なキーワード。南インドのケララ州に嫁いだ女性からこんな話を聞いたことがあります。

 「とにかく、なんにでもココナツを入れますね。それこそ、ごはんを炊く時も」

 ココナツは、実の中に油脂をたっぷり含んだ果肉があり、貴重な栄養源として重宝されてきました。栄養だけでなく、料理に独特のコクと香りを与えてくれます。

 ももと庵の南インド風さばのカレーにもココナツがたっぷり入っていて、独特の風味をお楽しみいただいています。さすがに、ももと庵ではごはんには入れていませんが・・・

SabaCurry2L


 さて、さば。さばは日本でもおなじみですが、実は世界各地で食べられている魚です。いくつか種類があって、インド付近では、日本で食べられているのとは違う「インドさば」が回遊しているとか。

 さまざまなカレーに入れるのはもちろん、にんにくや生姜などで味付けしてから油で揚げて食べることもあるようです。

 脂ののったさばはカレーにとてもよく合います。ぜひお試し下さい。辛さはマイルド、中辛、大辛の3種類からお好きなものをどうぞ。

*************************

 年内の営業は12/28(日)までです。年始は1/4(日)から。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

bansyold at 03:30|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ももと庵メニュー | 沖縄とアジアの食

2014年12月19日

か細くて力強いレア・サロンガの声

 久しぶりのフィリピーナの登場です。「フィリピン初の」という形容詞がしばしばつくフィリピンきっての実力派シンガー、レア・サロンガを紹介しましょう。

Lea Salonga2


 レア・サロンガといえば、なんと言ってもミュージカル。「ミス・サイゴン」の主役キムで鮮烈な国際デビューを飾り、その後も「レ・ミゼラブル」などに出演してきました。そのレ・ミゼラブルから「オン・マイ・オウン(私ひとり)」をどうぞ。



 1分35秒くらいから、軽やかなイントロとともに「オン・マイ・オウン」が始まります。

 か細さ、かれんさと、逆にものすごい力強さを同時に感じさせるレア・サロンガの声が、会場に響き渡ります。片想いのエポニーヌになりきるレア・サロンガ。2分45秒くらいからの迫力は、ちょっと信じられないほどですね。

 圧倒された聴衆が送る最後の割れんばかりの拍手ー

Lea Salonga1


 レア・サロンガは1971年、フィリピンはマニラの生まれ。ことし43歳になります。芸歴は長く、7歳の時にフィリピンでミュージカル「王様と私」に出たのを皮切りに、「アニー」「熱いトタン屋根の猫」「ペーパームーン」などに出演。テレビ番組でも子役やティーンのアイドルとして活躍しました。

 ロンドンはウエストエンドで上演された「ミス・サイゴン」のキム役に抜擢されたのが1989年、17歳の時でした。次いで、ニューヨークのブロードウェイ版にも出演。そのパフォーマンスは高く評価され、レア・サロンガがキムをやっているからチケットが売れる、とまで言われました。

 ミス・サイゴンでレア・サロンガは、1991年、アメリカ演劇界で最も権威のあるトニー賞のミュージカル主演女優賞を、フィリピン人として初めて受賞。1993年には、冒頭に紹介したレ・ミゼラブルのエポニーヌ役で再び絶賛されます。

 レア・サロンガは、ディズニーなどのアニメでも有名です。ディズニーの「アラジン」「ムーラン」に歌声で出演したほか、宮崎駿監督の「となりのトトロ」英語版にも声で出演しました。

 レア・サロンガは、海外ばかりでなく、フィリピンでももちろん活動しています。

 OPM(Original Philipino Music)と呼ばれるフィリピン産の曲を歌うレア・サロンガの映像を見てみましょう。2009年のライブ映像。1曲目から4曲目までは、タガログ語のラブソングです。



 1曲目はテレビドラマの主題歌「カヒート・イサン・サクリ」。2曲目「バキ・ラビス・キタン・マハル」は、リチャード・プーンがゲストとして登場しながら歌っていますが、実はレア・サロンガの持ち歌です。

 レア・サロンガが歌う3曲目は、オギ・アルカーシのヒット曲「マハル・キタ・ワランギバ」。リチャード・プーンとデュエットする4曲目は、やはり人気テレビドラマの主題歌です。

 OPMはどれも、朗々と歌い上げる部分が織り込まれていて、これぞフィリピンの歌、という感じですね。

 レア・サロンガの声は、相変わらず、か細さと力強さが同居していますが、年齢を重ねて、レ・ミゼラブルの頃よりも中音部の奥行きが増しているようです。


bansyold at 14:30|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote アジアの文化 

2014年12月14日

インドネシア風鶏の唐揚げのヒミツ

 12月からスタートした「しっかりアジアン」シリーズのトップバッター、インドネシア風鶏の唐揚げが好評です。今回はそのヒミツをお教えしちゃいましょう。

IDNFriedChicken1L


 きつね色に揚がった鶏の唐揚げ。とってもおいしそうですが、写真を見ただけでは、どこがインドネシア風なのか、分かりませんよね。

 インドネシア風は、下味をしっかりつけます。まずコリアンダー。種を粉にしたスパイスで、かんきつっぽい爽やかさが特徴です。

 ニンニク、生姜、玉ネギもたっぷり入れます。そしてそして、ピーナッツ。ミキサーで粉にしてペーストに加えます。ピーナッツのコクと香りは、いかにもインドネシアの風味ですね。焼肉サテの甘いピーナッツソースを思い出して下さい。

IDNFriedChicken5


 さて、インドネシア風。こうして下味を含ませる際には、いったん鍋で加熱します。生のままよりも、肉の中まで味がよく染みていきます。

 そこまでが仕込み。オーダーが入ったら、これを中温の油でじっくり揚げ、サクサクに仕上げます。

 これまでとちょっと違った風味の鶏の唐揚げ。ぜひお試し下さいね。

bansyold at 15:45|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年12月01日

しっかりアジアン、始めました

 いよいよ師走ー。ももと庵では、アジアンな仕掛けをグンと進めた「しっかりアジアン」シリーズをきょうから始めました。

IDNFriedChicken4L


 例えば、豚しゃぶ素麺は、スープに魚醤を使い、揚げニンニクをトッピングするなど、これまでのももと庵メニューも「ほんのりアジアン」な仕掛けがしてありました。

 今回の「しっかりアジアン」シリーズは、アジアンな仕掛けをもっと強くしたメニュー。アジアン、アジアンした新メニューが続々登場しますよ。

 12月は、しっかりアジアンの開始記念で、いきなり2品の新作が登場!

 まず、インドネシア風鶏の唐揚げ。玉ねぎやコリアンダー、ピーナツ入りのタレをふくませた鶏肉を、カラリと揚げました。冒頭の写真がそれ。目からウロコのおいしさ、です。

 もう一つは、南インド風さばのカレー。酸味のきいたココナツたっぷりのカレーの中で、さばのうまみが広がります。辛さはマイルド、中辛、大辛からお選び下さい。

SabaCurry1L


 これまでも豆乳グリーンカレーなど、しっかりアジアンなメニューはいくつかありましたが、それをエンジン全開で加速します。もっと本格的なアジアンを食べたい、というご要望がお客様からあったのが、きっかけです。

 もちろん、これまでの「ほんのりアジアン」や、とろっとろラフテーなど「とってもおきなわ」なメニューも引き続きお楽しみいただけます。

 「しっかりアジアン」シリーズの鮮烈な味と香り。どうぞお試し下さい。新作メニューについては、また改めて詳しくご紹介しましょうね。

bansyold at 11:03|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ももと庵メニュー | 沖縄とアジアの食