万鐘ももと庵、開店1周年粘り腰が自慢の豆乳ふるふる

2013年06月29日

Vポップのデュエットが面白い

 アジア実力派ボーカリストのシリーズ、今回の話題はV-popのデュエット。ベトナムではデュエットに意外な人気があるみたいです。

Vt Minh Tyuet Bang Kieu

Vt Cam Ly Dan Truong


 冒頭の上の写真は、Vポップデュエットの名コンビと言われるミン・トュエットMinh Tuyetとバン・キエウBang Kieu。共演映像をYou Tubeでご覧下さい。曲はシン・ロイ・アインXin Loi Anh(ごめんなさい)。

 恋人のもとを「ごめんなさい」と言いながら離れていこうとする女と、ひたすら愛を語る男を、2人がなりきって演じています。ステージでの2人は、まるで映画の1シーンを演じているかのよう。この濃いめのステージ演出がベトナム流です。



 最後のあたりでミン・トュエットのほほに涙がひとすじ流れているのに気づかれましたか。

 ミン・トュエットはホーチミン市出身の36歳。6人きょうだいの末っ子で、姉2人も有名な歌手です。一方、バン・キエウはハノイ生まれの39歳。2人ともつやと張りのある高めの声で、声質が似ているせいか、見事なハーモニーを聞かせてくれます。

 2人はデュエットアルバムも出しています。You Tubeに出ているデュエット曲でこのシン・ロイ・アインの再生回数は約200万回、それ以外に100万回を超す曲があり、コンビの人気ぶりがうかがえます。

 もちろん2人ともソロの歌手で、ふだんはそれそれで活動していますし、別の相手とデュエットすることもあります。

Map Vt2

 (万鐘の南向き地図からベトナム関連部分)

 ミン・トュエットの姉、カム・リーCam Lyと、ダン・チュオンDan Truongもデュエットで人気です(冒頭の下の写真)。

 カム・リーは43歳。主に南部ベトナムの民謡調の歌を歌ってきました。ダン・チュオンはホーチミン市出身の36歳。普通のポップスから民謡調まで何でもこなします。

 次の曲はベトナム南部の伝統音楽っぽい味わいを強く残したポップス、チム・チャン・モッ・コイChim trang mo coi。世界有数の米どころ、メコンデルタの稲穂がゆれる風景をイメージさせるゆったりとしたメロディです。メコンデルタではお米が1年に3回もとれるんですよ。

 この旋律。欧米の音楽を当たり前に聞いている耳には、音の上がり下がり、特にダン・チュオンのパートが、予想を裏切る音階の進行になっていて、スリリングです。

 聞き慣れないと「音をはずしているんじゃないか」と一瞬、思ってドキドキしてしまいますが、そんなことは全くありません。何度か聞いて慣れてくると、独特の旋律が耳に残り、ちょっとクセになります。



 この曲も複数のビデオがYou Tubeにアップされていますが、主なものの再生回数を足してみると230万回を超えます。


bansyold at 00:00│TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote アジアの文化 

トラックバックURL

万鐘ももと庵、開店1周年粘り腰が自慢の豆乳ふるふる