2014年06月05日

新しいメニューブック!

 メニューブックを更新! 鮮やかなブルーの布を表紙にしてみました。

Menubook2


 この布、ベトナム中部の少数民族の織ったもの。「おきなわの味、アジアの香り」がキャッチフレーズのももと庵にぴったりです。ももと庵から見える青い海のイメージも重なります。

 実はこの布、よく見ると、沖縄各地で織られているミンサー織りのデザインにそっくりなんです。拡大してみましょう。

Menubook1


 ミンサー織りでよく使われているます目模様。あれと、ほとんど全く同じデザインです。

 ミンサー織りの場合は5つのます目模様と4つのます目模様と交互に組み合わせることが多いようですが、こちらはどちらにも見えるます目模様。赤い色に注目すれば4つますですし、青い方を見れば5つますに見えます。

 それにしても、沖縄からはるか南のアジアの一角で、そっくりのデザインが織られているというのは、なんだか想像力をかきたてられますね。

bansyold at 12:05│TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ももと庵メニュー 

トラックバックURL