沖縄クリップに掲載されましたベトナム風揚げ春巻きのせ素麺、始めまーす

2015年02月22日

ファッショナブルなエンターテイナー、クリスダヤンティ

 アジア歌手シリーズ、今回は、インドネシアのクリスダヤンティです。

KD photo7


 インドネシアを代表するファッショナブルなエンターテイナー。まずは最新の2013年発表の最新アルバムから、ベルトゥビ・トゥビ bertubi-tubi(とわの幸せ)を。



 モノクロ混じりの画面には子供を抱きしめるクリスダヤンティの映像がふんだんに盛り込まれていて、シンプルながら荘厳な曲調の中から、彼女の今の等身大の叫びが聞こえてくるようです。

 日はまた昇り
 雲を散らす
 神は涙をぬぐい
 とわの幸せが訪れる

 もう1曲、2011年のアルバム、チンタク・カン・スラル・マナマニム Cintaku Kan Selalu Menemanimu(愛はいつもあなたとともに)に収められている同名のタイトル曲をどうぞ。



 16ビートの軽快なスピード感と転調による心地よい立体感の中で何やらどんどん盛り上がっていくという、Jポップのヒット曲お約束のような曲構成ですね。

 この曲をクリスダヤンティに提供したのは、女性歌手で音楽プロデューサーのマイア・エスティアンティ。クリスダヤンティと同年代です。

 クリスダヤンティは1975年生まれのことし39歳。幼少の時から歌の才能を見せ、12歳でファーストアルバムをリリース。このアルバムは売れなかったようですが、その後もいろいろなコンテストに出てはいい成績を収めていたようです。

 1992年に東京で開かれたアジアの若手歌手のコンテスト「第1回アジアバグース」でグランドチャンピオンに。これを機にプロとしての活動を全開させます。

 歌手アナン・ヘルマンシャーと21歳で結婚。愛をテーマにした何枚かのデュエットアルバムが人気を博します。2000年代からはソロアルバムも次々にヒットし、数々の音楽賞に輝きました。

 声に厚みや力のあるタイプではないですが、キレのよい歌声と巧みな歌い回しで、ベスト盤なども含めるとこれまでに28枚ものアルバムを発表してきました。

 テレビドラマに女優として出演。ビューティーアイコンとしても支持を集め、クリスダヤンティブランドの化粧品まで売られるようになります。

 インドネシアで最もギャラの高い歌手、と言われるようになったクリスダヤンティでしたが、しばらく前から、やや不調気味の印象がぬぐえませんでした。

 2児をもうけたアナンとの13年にわたる結婚生活が2009年に破たん。新たなパートナーになる実業家と再婚。やがて女児、そして男児を出産ー

 そんな紆余曲折を経て、既に紹介した映像もそうですが、最近は、表情に落ち着いた柔らかさが出て来たように見えます。

 マイア・エスティアンティが作った曲をもう一つ聞いてみましょう。アク・パスティ・カンバリ Aku Pasti Kembali(必ず帰ってくるわ)。ファッショナブルで複雑なつくりの曲ですが、何度か聞いているうちに耳になじんできて、楽しめます。




bansyold at 00:58│TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック アジアの文化 

トラックバックURL

沖縄クリップに掲載されましたベトナム風揚げ春巻きのせ素麺、始めまーす