生姜スープに浮かぶ餅の中に・・・「感動アジアCafe」がFMうるまでスタート

2017年01月16日

モチのホットチェー、内部はこう

 「珍しいわね」。きょう、二人連れで来られたお客様が、新作のモチのホットチェーを注文されました。

IMG_0829


 ホットのチェーと一口に言っても、実は、素材も外観もいろいろなタイプがあります。もち米のおかゆ風だったり、スイートコーンだったり。この「生姜汁+あん入りモチ+ココナツミルク」も定番の一つです。

 モチの中の黄色い緑豆あんはなんとも優しい味わい。一方、黒ごまあんは豊かな香りが立ち上ります。切ってみると・・・

HotChe3


 緑豆あんは、東南アジア各地でスイーツやモチ米とともに食べられています。日本だったら、まさに小豆あん。黒ごまは、日本でもおはぎにまぶしたりしますよね。

 ココナツミルクのコクがそれらすべてを包み込みます。
HotChe600


 お食後にぜひどうぞ。

bansyold at 14:20│TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote ももと庵メニュー | 沖縄とアジアの食

トラックバックURL

生姜スープに浮かぶ餅の中に・・・「感動アジアCafe」がFMうるまでスタート