沖縄

2014年11月12日

那覇空港国際線ターミナルをご案内

 沖縄の玄関、那覇空港ー。おなじみの国内線ターミナルの隣に、国際線ターミナルがリニューアルオープンしましたので、ご紹介。

NahaIntlAirport5


 那覇空港からは1日3便の台北、1日2、3便の香港、ソウルを中心に、上海、台中などへも直行便が運航しています。台湾、香港などから観光客がたくさん訪れるほか、沖縄から各地へのビジネス客も利用しているようです。

 全体に柔らかい印象の国内線ターミナルより、いくぶん直線的な印象のデザイン。航空会社カウンターの上部には沖縄の赤瓦があしらわれるなど、ご当地風があちこちに見られます。

NahaIntlAirport1


 この日は、台湾のチャイナエアラインが「love & hug(愛と抱擁)」と呼ぶスペシャルデザインのジャンボ機がちょうど来ていました。

 台北へは1時間半、香港までは2時間半の近さ。アジアは本当に目の前です。

NahaIntlAirport2


 バンコクやシンガポールなど、さらに南の国への直行便はまだありませんが、台北や香港からは世界中に向けたフライトがたくさんあるので、そこで乗り継いで行けます。

 例えば、タイのバンコク行きだと、台北経由で行くのが便利です。乗り継ぎの1時間25分を入れても所要時間は6時間50分。羽田や成田を経由すれば、乗り継ぎ時間を含めると11時間以上かかります。

 あるいは、インドのムンバイに行くなら香港経由になります。香港の乗り継ぎ2時間を含めても所要時間は11時間25分。これがもし成田回りだと15時間以上かかってしまいます。

NahaIntlAirport4


 北タイの古都チェンマイ、インドネシア第2の都市スラバヤ、ベトナム中部の港湾都市ダナンといった各都市には日本からの直行便はほとんどありませんが、台北と香港からならあります。

 バングラデシュのダッカ、カンボジアのプノンペン、ネパールのカトマンズ、ラオスのビエンチャンなどの各首都も、日本からは直接行けませんが、台北・香港からだと直行便が飛んでいるので、意外に便利なんですね。


bansyold at 05:21|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年12月28日

おおらかで透明な琉球ガラス

 いよいよ年の瀬。寒波到来で沖縄でもふるえています。ことし最後の記事は、おおらかで透明な琉球ガラスで。

Ryukyugrass1


 琉球ガラスは、沖縄戦ですべてが失われ、何もなかった時代に、コーラの空きびんなどを利用して作られ始めた生活雑器です。その独特の風合いが人気を呼び、沖縄の特産品になりました。

 県内にはたくさんの工房があって、一部は技術をアジアの国に移転して現地生産もされているようですが、きょう、ご紹介するのは、いわば元祖。昭和27年創業の奥原硝子製造所の作品です。

 写真でおわかりのように、琉球ガラスはぼったりと厚みがあるおおらかさが特徴です。切り子のようなシャープな感じとは対極をいく風合い。

 ガラスはどこまでも透明。光の加減によって、この透明な感じが本当にきれいに見えるんです。ぼったりとした厚みがかえって透明さを強調しているのかもしれません。

 県内のガラス工房の中でも、奥原硝子の作品は、この琉球ガラスオリジナルの風合いが生き続けているのが特徴です。

 先日、作品を仕入れに奥原硝子をお訪ねして、自分が欲しいものを選ぶと、代表の宮城和六さんが「きょうは持って帰れないんですよ。一つひとつ検品してから、値段をつけますので」とすまなそうに言われました。

 ソース瓶の取手のつけ根に手を当てて「ここが」と一言。よく見ると、ややエッジが立ったようになっていて、そこに力を入れて触ると案外鋭いエッジになっていることが分かりました。

 普通の人はまず気づかないでしょうし、よほど運が悪くなければ手が切れるようなことはなさそうですが、宮城さんは妥協しません。

Ryukyugrass2


 周囲を見回してみると、選んだバイヤーの名刺が貼られた段ボール箱がいくつもあります。入念な検品を待っている箱と、検品を終えて出荷OKが出た箱たちでした。

 奥原硝子の作品、ももと庵に置かせてもらうことにしました。来店されて「出会い」があれば、どうぞお買い求め下さい。


 ことしも万鐘ももと庵にご愛顧たまわり、ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎え下さい。

 年内は明日12/29(日)まで、年明けは1/4(土)から営業します。従業員一同、心からご来店をお待ちしています。

bansyold at 10:09|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年03月11日

厳選の品揃えはまだまだ

沖縄を創る人 第35回
 ジュンク堂書店那覇店店長 森本浩平さん(下)


 全国的にみても好成績を上げているジュンク堂書店那覇店。向かうところ敵なし、と思いきや、森本浩平店長の口からは「品そろえはまだまだ」という意外な言葉が飛び出した。

MorimotoK4


 1500坪の巨大なスペースに、平台ほとんどなしで、縦型書架に足下までびっしりの本。それ以上の品揃えと言われても、ちょっと想像がつかないがー。

 「厳選、という意味で、まだまだなんです」

 どんなにジュンク堂の売場が大きく、置かれている書籍点数が多いといっても、出版されている本全体からみれば一部にすぎない。店には、毎月、6000冊から8000冊もの本が入ってくる。そこには「置くべき本を厳選する作業」が必然的に伴う。

MorimotoK5


 「ある分野の専門書の書架に、ある先生の本が置かれているとします。その分野の品揃えのプロなら、この先生の弟子筋に当たる別の先生の本が近くに置かれていなければならない、と考えます」

 その専門分野と関係ない人には全く理解できないだろうが、特定のニーズを持った顧客ならば、確かにそのくらいの知識はあるかもしれない。

 「ジュンク堂の場合、本土ですと、全13分野にそれぞれ品揃えのリーダーがいて、各店を巡回しながら品揃えをチェックし、店の担当者にアドバイスしています」

 各分野のリーダーになる人というのは、その分野について圧倒的な知識を備えている経験20ー30年のベテラン。ある分野のリーダーは、個人でもその分野の本の収集に余念がなく、自宅では置き場所が足りなくなったため、新たにマンションの一室を借りて本を置く専用の部屋を確保しているという。

 残念ながら沖縄は本土から離れているため、そのようなリーダーたちがひんぱんには巡回できないから、那覇店のスタッフが自分で品揃えをしていかねばならない。森本さんが「まだまだ」と言ったのは、そういう最高水準の品揃えから見ればまだ十分とはいえない、という意味だったのだ。大型書店の世界は奥が深い。

MorimotoK8


 森本さんは「本はすべてを解決してくれる手段」だという。神戸に勤務していた時のこと。電車に乗っていた若い男性2人がこんな会話をしていた。

 「きょうは何しよう」
 「どうしようか」
 「とりあえず、ジュンク堂に行こか」

 森本さんが言う。「この『とりあえず』というところですよね。本を読めば問題や迷いが解決するかもしれない、と多くの人が期待しているわけです」

 森本さん自身は、1999年大阪本店の立ち上げ時にジュンク堂に入社、翌2000年、23歳の時に神戸住吉店の店長、2005年に梅田ヒルトンプラザ店オープン時の店長を経験した。

 沖縄にはジュンク堂クラスの大型書店がなかったため、大型書店にとって意味のあるような書籍の売上データがほとんどなかった。つまり、沖縄に出店して果たしてうまくいくかどうか、データの裏付けはなかった。

 しかし、当時の社長は、神戸の孤児を沖縄に連れて行くボランティアなどで沖縄をしばしば訪れており、その間に、沖縄の書籍文化の深さを実感していたのではないか、と森本さんは言う。那覇店出店は社長プロジェクトだった。

 普通の大手の書店がデータのない場所に出店することは、まず考えられないという。

MorimotoK6


 「社長は、地域の人が困っているかどうかで出店を決めていました」

 困っている地域にはニーズがある。つまり、本に親しむ沖縄の文化の深さを肌で感じていた社長は、それまでの沖縄の書籍の品ぞろえでは県民が困っているはずと考えた、というわけだ。

 その読みは見事にあたったというほかない。

 [森本浩平さんとつながる] ジュンク堂書店那覇店のHPはこちら。イベントのお知らせもある。沖縄の出版事情については沖縄県産本ネットワークのHPにいろいろ情報がある。例えば、「新刊案内」をクリックすると、あまり情報は新しくないものの、沖縄で出版されている本の多彩なラインナップがよく分かる。秋田で出版社を主宰する安倍甲さんの沖縄出版事情レポートも面白い。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年03月04日

多様な書籍ニーズに応え、業績好調

沖縄を創る人 第34回
 ジュンク堂書店那覇店店長 森本浩平さん(上)


 ジュンク堂書店の那覇店が開店してから、今春で3年になる。鳴りもの入りでスタートした沖縄初の超大型書店。丸3年近くが経った今、業績はどうだろうか。店長の森本浩平さんを訪ねた。

MorimotoK1


 万鐘本店で開店前のジュンク堂那覇店をレポートしたのは2009年4月19日だった。あの時は、まだ書架の間に段ボール箱が山積みになっていて、開店直前の緊迫感が伝わってきた。今はすっかり落ち着き、だれもが知る那覇の立ち寄りスポットの一つになっている。さて、成績は?

 「おかげさまで、たいへん順調です」

 森本さんの説明によると、損益ギリギリの売上のなんと2倍近い売上額を、どの月もコンスタントに続けている。学習参考書や医学書などが特によく売れている。部門によっては、40店以上ある全国のジュンク堂各店の中で2位を記録した月もあるという。

MorimotoK2


 逆に、売上がそれほどでもないのは文芸書や文庫部門。文庫で言えば、他のジュンク堂では10%前後のシェアを持っていることが多いが、那覇店は7%ほど。沖縄県民は、価格が手頃でだれもが読むような売れ筋に飛びつくというより、それぞれが多様で個性的な選択をしている、という解釈が成り立つかもしれない。

 そうした多様なニーズに応えているのがジュンク堂の品揃えの豊富さといえそうだ。売場面積が1500坪というのはもちろん圧倒的なスペースだが、ジュンク堂の場合は、そのスペースが普通の書店の何倍にもなるという。

 というのも、普通の書店は平台が多いが、ジュンク堂はほとんどが縦型の書架。足下までびっしり本が並べられている。

 「ジュンク堂は図書館と同じなんです」

 言われてみれば、店内の風景は図書館によく似ている。

MorimotoK7


 出店の場所も、あえて一等地ではなく、少し奥まった場所を選ぶのがジュンク堂の流儀という。存在を知ってくれさえすれば、顧客は目的意識をもって来るから、必ずしも一等地でなくても構わない。それよりも、地代が安い方が売場面積を確保でき、生命線である品揃えを充実させることができる。

 那覇店は、かつてダイナハ(後にダイエー)が入居していたビルに出店した。国際通りから少し入った場所だ。

 「ダイナハがあった場所です、と言えば、那覇の人はたいてい知っています。このビルに出店したのは、その意味で大正解でした」

 沖縄の他の書店との競合はどうだろう。

 「他店さんのほとんどは売上を大きく減らしたとは聞いていませんので、うちの売上は沖縄の潜在需要を掘り起こしたとみています」

 簡単に言えば、他の書店になかった本がジュンク堂には置かれており、それらがよく売れている、ということだろう。

MorimotoK3,jpg


 沖縄県民が、必ずしも売れ筋でない本を含めた多様なニーズを示すのはなぜだろうか。

 森本さんは、本に対する沖縄県民の親しみの深さは、沖縄の出版文化の広がりに現れているとみる。沖縄には出版社が50社ほどある。個人で出版する人も多い。

 「本を読む文化が沖縄にはもともとしっかりあった、ということだと思います」

 こうした順調な業績に森本さんはさぞ大満足かと思いきや、違った。

 「品揃えはまだまだなんですよ」

 その意味は次回3/11(日)に。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年02月12日

家族のために日本で生きる

沖縄を創る人 第33回
 ペルー出身沖縄3世 平敷兼長さん(下)


 鶴見から20年ぶりに故郷ペルーに戻った平敷兼長さんは、ペルーでも電気工事で生計を立てようと考えた。しかし日本で高度な電気工事技術を身につけた平敷さんの目に映ったペルーの電気工事のレベルは低く、やる気が失せた。電気工事だけでは実入りが少ないことも分かった。

HeshikiK_B1


 そこで平敷さんは、電気工事を含めて、住宅のリフォームを丸ごと請け負う仕事を始めた。日本で電気工事の仕事をしながら見ようみまねで身につけた建築工事のノウハウがここで生かされた。とはいえ、リフォームの仕事だけでは、将来に大きな期待ができそうにないという思いが募っていった。

 「ラーメンはどうかな、と思ったんです」

 ペルーでは日本食の寿司店が成功を収めていた。日本のラーメンも人気が高い、という情報が入ってきた。

 「どうせやるなら、豚を養うところから始めて、ラーメンまでやったらどうだろう」

 平敷さんは夢を膨らませていった。

 昨年12月、妻の親族に不幸があったため、家族で日本に来た。南半球は12月から夏休みなので、子供たちもその期間は学校に行かなくていい。向こうで生まれた長女も含めて、一家5人で2年ぶりに日本に来た。

 年が明けたら、また一家でペルーに戻る予定だった。ところが、1月になって家族の中で「小さな激震」が起きた。日本生まれの長男が旧友と会った後に「ぼくは日本で大学まで行きたい」と言い出したのだ。

HeshikiK_B3


 「ショックでした。ペルーに戻るつもりでしたから」

 南米は景気がいいのは確かだが、治安はよくない。

 「ペルーだと、やはり子供が外で自由に遊べないですし、バスも危ないので乗れません。日本生まれの長男にペルーでの生活はきつかったのでしょう」

 子供の安全は何にも代えられないと思った、という。

 「大学という子供の将来を考えても、日本の方がいいかもしれないなと考えるようになりました」

 平敷さんは再び日本で暮らす道を選ぶことにした。平敷さん自身の両親はペルー在住だが、ブラジル出身の妻の家族は日本に戻ってきていることもあり、妻は賛成してくれた。

 「子供と妻が日本で、となったら、もう抵抗できませんよね」

 とはいえ、日本で電気工事の仕事環境が厳しいことに変わりはない。東日本大震災で日本の景気はさらに悪くなっているように見える。

 平敷さんは、まずは電気工事士の免許取得に挑戦するつもりだ。電気工事会社は、電気工事士の資格を持つ仲間の協力で経営している。だが、厳しい時代には、人を頼りにせず、自らが資格を持っていなければならないと考えている。

 平敷さんにとってハードルが高いのは日本語の書き言葉。20年の日本生活のおかげで会話は自由にできるようになったが、漢字での読み書きは簡単ではない。だが、家族のために日本での生活を選んだ平敷さんは、厳しいことも含めて、これまでやってこなかったこともやるハラを固めている。

HeshikiK_B4


 スペイン語で育った日系仲間は周囲にたくさんいる。そんな仲間とスペイン語で時々おしゃべりしてストレスを解消する。「これが、妻がブラジル出身仲間とおしゃべりする席だと言葉はポルトガル語になるんです」と平敷さんは笑う。

 沖縄には一度だけ行った。浦添出身の親族が今は石垣島にいるので、あいさつに行った。

 「タクシーに乗って行き先の家の名前を言ったら、住所も言わないのにすぐ連れていってくれたのが、ちょっとびっくりでした」

 [平敷兼長さんとつながる] ペルーの日系人社会については、例えば、沖縄系のフェルナンド仲宗根さんが編集している日系人新聞を読むと、その一端がかいま見える。一方、川崎・鶴見かいわいは、日系移民2、3世や沖縄出身者が多いことで知られる。例えば東京外大の受田宏之准教授の報告を読むと、そんな様子がよく分かる。このレストランガイドによると、鶴見や川崎にはペルーやブラジルなどの南米料理店もいろいろある。世界各地の沖縄移民数については、沖縄県のまとめが便利。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年02月05日

電気工事を現場で一から学ぶ

沖縄を創る人 第32回
 ペルー出身沖縄3世 平敷兼長さん(上)


 沖縄出身の移民やその2世、3世はハワイや南米を中心に世界各地にたくさんいる。オキナワの遺伝子を宿した人々がどんな生き方をしているのか。万鐘本店では機会があれば、そんな人々にも登場してもらうことにする。今回は南米ペルー出身の平敷兼長さん。

HeshikiK_A1


 ペルーは、ブラジルの西側の太平洋岸に位置する。日本の3.4倍の国土に約3000万人が暮らす。かつてはインカ帝国の中心地だったことで知られ、南米各国の中でも、アルゼンチンなどは欧州系住民が多いが、ペルーは先住民や、先住民とスペイン人との混血の人々の人口比が高い。

 外務省や沖縄県によると、ペルーの日系人は約10万人で、日系人人口ではブラジル、米国に次いで3位。ペルー日系人10万人のうち約7万人が沖縄系と推計されている。

 平敷さんもそんな1人。首都リマで生まれ育った。祖父が浦添市の出身、父は2世、母はペルー出身。

 高校を卒業した1989年に日本に来た。当時、ペルーはフジモリ大統領時代の直前。景気は悪く、治安もよくなかった。

 「あの頃、若い日系はみな日本に出稼ぎに行くという雰囲気がありましたね」

HeshikiK_A2


 ペルーではほとんどスペイン語だった。日本語といえば「おばあちゃんの沖縄方言くらい」。リマでも日本語学校で毎日1時間くらいずつ日本語を習ってはいたのだが、当時は日本語にあまり興味が湧かず、本気で身につけようとは考えていなかった。だから、来日当初は、言葉で苦労した。

 だが、日本のテレビを見ていたら、どこかで聞いたことのある音だと感じた。平敷さんの中に、知らず知らずのうちに日本語の音が入っていたのかもしれない。こうしてテレビを見ながら、平敷さんは日本語を徐々に磨いていった。

 まず東京の車の部品メーカーで3年間、働いた。その後、横浜市鶴見区のガラス工場に。ここで5年ほど勤務した。この間に、ブラジル生まれで、やはり日本で働いていた日系女性と結婚した。

 2002年から5年間は、同じ鶴見区で沖縄出身者が経営する電気工事会社で働いた。ここでの仕事が、平敷さんのその後を方向づける職業経験になった。

HeshikiK_A3


 電気工事会社での仕事は楽しかった。電気の勉強をしたことはなかったので、現場で仕事をしながら、一から先輩に教えてもらった。電気は目に見えないが、先輩は電気のすべてを、イロハから教えてくれた。

 建物を建設する際に電気を配線するという仕事が多かったため、電気配線の技術に加えて、建築工事の技術も現場で見ながら自然に学んでいった。

 「横でずっと見ているんで、どうやったらいいのか、だんだん分かってくるんです」。もし大学に行っていたら工学系を勉強していたはず、と平敷さんは振り返る。

HeshikiK_A4


 やがて平敷さんは独立し、仲間と電気工事会社を作った。だが、不景気の時代。電気の仕事は建設需要に大きく影響される。仕事の見通しに自信が持てる状況では全くなかった。

 一方、南米は、平敷さんが出て来た頃とは様変わり。ブラジルを先頭に、経済がどんどん成長している。平敷さんの同級生の中には、高卒後もペルーにとどまって大学に進み、20年後の今、4000ドルもの高額の月収を得る人が現れた。神奈川にいた南米出身の日系人仲間の中には、ブラジルで会社を立ち上げる人も出てきた。

 そんな中で平敷さんもペルーに戻ることを決意。一緒に電気工事会社をやっていた兄に経営を委ね、妻と日本生まれの長男、次男を連れてペルーに戻った。2009年。日本に来てから20年が過ぎていた。

 続きは2/12(日)に。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年01月22日

腰を据えてこそ見えてくる熟練の世界

沖縄を創る人 第31回
 大垣精工(株)沖縄工場長 大森正末さん(下)


 リスク分散と、金属加工に最適の摂氏22度を実現しやすい気候。金型製造の大手、大垣精工が沖縄に進出した理由を、工場長の大森正末さんが話してくれた。実際に1年やってみてどうだっただろうか。

OomoriM1_1


 「人材は非常にいいです。沖縄職業能力開発大学校、通称ポリテクカレッジの卒業生を1人採用しましたが、ものづくりが好きな青年で、一生懸命やっています」

 「間違えずに、正確に作るためには、ひとつの線を通していく論理性の高さが求められるのですが、彼はそれができる」

 「今の沖縄はあまりものづくりのイメージがありませんが、昔はそういう伝統があったと聞きました。米軍支配下では自由なものづくりが許されなかったということなのか、あるいは設備投資の余力がなかったということなのか、そのあたりはまだよく分かりません」

OomoriM2_2


 ともあれ、一年間、様子を見たところでは、沖縄は金型製造人材の供給については大丈夫、というのが大森さんの結論だ。

 困ったのは材料の確保だった。金型に使われる材料は超硬合金。高価な素材なので、長期の在庫は避けたい。だが、台風が来たりすると交通が乱れて材料が入ってこなくなる。

 この1年は触媒用ハニカム金型の製造だけだったため、使う材料が少量だった。沖縄が製造拠点として「いける」となれば、将来は他の様々な金型を沖縄で製造していくことになる。そうなると、一定のまとまった量の材料を入れることができるようになる。多様な製品を作る段階になった時には、アジアと至近距離にある沖縄の位置が有利に働くかもしれないという。

OomoriM2_3


 沖縄のコストの安さも強みだろう。大森さんは言う。

 「2000年くらいまでは、世界の金型の半分くらいは日本が作っていたんです。自動車メーカーなどが、海外に製造拠点を移してコストを下げていったので、金型もコストダウンを強いられました。とにかく安くないとダメ、ということなんですね」

 「しかし金型の場合は、人が長い時間をかけて継承していく技術が中核です。職場をどんどん移るのが当たり前のような海外では、人を育てるのがなかなか大変です」

 「国内で、しかも安く」となった時、物価の安い沖縄は有利な位置に立てる可能性があるということだろう。

OomoriM2_4


 大森さん自身、熊本の中学を卒業後、夜間の学校に通いながら、この道ひとすじでやってきた。じっくりと腰を据え、深く根を下ろしてこそ見えてくる熟練の世界。沖縄の人材が、そのような熟練を要するものづくりに向いているとすれば、沖縄の産業振興の新たな手がかりがそこに見出せるかもしれない。

 [大森正末さんとつながる] まず大森さんが所属する大垣精工のHP。会社の姿に加え、さまざまな製造技術も解説されていて興味深い。上田勝弘社長のインタビュー動画もある。その上田社長が会長を務める日本金型工業会のHPには、金型とは、といった一般的な説明から、輸出統計データまでいろいろな情報が満載だ。例えば、海外に進出した金型企業が世界のどこに立地しているかがグーグルマップで見られたり、10年後の金型産業のあるべき姿を模索した「金型産業ビジョン」なども読める。大垣精工沖縄工場に隣接する沖縄県金型技術研究センターについてはこちらを。 

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年01月15日

1ミクロンの精度で金型づくり

沖縄を創る人 第30回
 大垣精工(株)沖縄工場長 大森正末さん(上)


 「これを作っているんです」。大垣精工沖縄工場の大森正末工場長が指さした製品は、びっしりと微細な穴が空いた、見るからに硬質な金属の固まりだった。穴のエッジの鋭さは、この金属の固まりがどれほど精巧に作られたものかをよく物語っている。精度1ミクロン、つまり1000分の1ミリほどの誤差しか許されない。

OomoriM2_1


 金型(かながた)。自動車やパソコンなどの金属部品、プラスチック部品などを作るための型のこと。大森さんが見せてくれたのは、自動車のマフラーに入っている触媒を作るためのハニカム金型と呼ばれるものだ。この金型から生産される触媒は、自動車や二輪車などが排出する有害な一酸化炭素や窒化酸化物などを浄化し、きれいな空気にする。

 大森さんの工場が作っているのは、触媒それ自体ではなく、触媒を作るための金型だ。金型を発注したユーザーが、精巧な金型からセラミックの素材を押し出して触媒を作っていく。ハニカムというのは、蜂の巣のような六角形の小さな形状が空いている構造で、四角よりも触媒が作用する面が増えて効率が高まる。

OomoriM1_2


 金型はミクロンの精度が要求されるから、削るにしても、穴を開けるにしても、旋盤やボール盤を手で動かすような方法では作れない。金型の多くはNC(数値制御)で加工する。つまり、機械の動きを座標軸に落とし込んで数値化して機械を動かすのだ。ものづくりと言うと、文字通り、手で何かを作り出すイメージがあるが、高い精度が求められる金型の製造現場はNC加工にならざるをえない。

 加工の際にはいろいろな要素が入り込んでくるから、どういう時に何が起きるか、まさに現場を熟知した技術者がそうした経験をすべてプログラムに織り込んで加減していかねばならない。そこには経験に裏打ちされた熟練と、繊細で緻密な感覚が要求される。

 データだけあればプログラムはできそうに思えるが、さにあらず。日本人ならではの精巧なものづくりを象徴する産業として金型産業がしばしばマスコミに登場する背景には、金型製造特有のこうした特性がある。

 「金型産業は人を育てる必要があります。アジア諸国から研修生をたくさん受け入れてきましたが、彼らはどんどん会社を移る。金型を作る会社の立場からすると、せっかく人を育ててもすぐにどこかに行ってしまうのでは困るわけです」と大森さん。

OomoriM1_5


 大垣精工は金型製造の大手で、上田勝弘社長は日本金型工業会会長として全国591社をリードする存在だ。その大垣精工がなぜ沖縄に進出したのだろうか。大森さんが言う。

 「まずリスク分散です」

 岐阜の本社で長らく操業してきた同社は、リスク分散のため、まず長崎に工場を作り、次いで昨年1月、沖縄に工場を作った。地震などの天災や原発災害が決して言葉だけのものではないことは、昨年3月以降、ほとんどすべての日本人が自覚したところだ。

 「例えば、うちのハードディスクのサスペンション部品は、日本で2社、世界で4社しか製造技術を持たない超精密部品です」

 もし製造拠点が1カ所に集中していて、そこが災害でやられたら、その影響ははかり知れない。東北のものづくり拠点の被災が、世界の自動車産業を停滞させたことは記憶に新しい。沖縄は地震が比較的少ないのがリスク分散上の魅力になっている。

 加えて、沖縄の温暖な自然環境が金型づくりに向いている面も見逃せない。

OomoriM1_4


 「材料金属の安定的な加工には摂氏22度が最適です。本土では寒い時期には2度、3度になるので、22度にするにはかなりの暖房費がかかります。沖縄は寒くても13度とか14度でしょう」

 「夏も、本土だったら38度になったりしますが、沖縄は33度くらいにしかなりません」

 加工をする部屋は「恒温室」と呼ばれ、室温が22度プラスマイナス1度に保たれている。沖縄なら、それほどコストをかけずに「22度」を周年実現できるというわけだ。

 続きは1/22(日)に。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック