ももと庵メニュー

2016年08月17日

リニューアル記念特価 !!!

 ももと庵のリニューアルオープンはあと4日後に迫りました。8月20日(土)午前11時。8月中はリニューアルオープン記念特価 !!! どうぞお見逃しなく。

Entrance


 たとえば、牛肉フォーとナシゴレントラシ。それぞれ780円の定価を、8月いっぱい、なんと690円でご提供しちゃいます。

 牛肉フォーは、ハノイの名物。クリアな牛だしスープに、米麺がひらひらと泳ぎます。ナシゴレントラシはインドネシアの焼き飯。トラシ(えび味噌)のうまみがばっちり効いてますよ。

 この機会に、ぜひぜひお試し下さい。ご来店をお待ちしています。

 

bansyold at 00:03|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年08月10日

8/20(土)にリニューアルオープン!

 たいへんお待たせしていましたが、ももと庵は8/20(土)にリニューアルオープンすることになりました。

160606mmtmotif


 リニューアルは、内装に手を入れるとともに、本格的なアジアンメニューを充実させます。まずは牛肉のフォーが登場! 8月中はオープン記念特価ですので、お見逃しなく。

 ももと庵の新しいモチーフも作りました。ももと庵の庭のあちこちに生えているクワズイモを図柄にして、アラベスクっぽいアジアンな構成に。このモチーフを生かしたオリジナルTシャツもご用意していますよ。どうぞお楽しみに。

 旧盆開けの土曜日、8/20午前11時オープン。新しいももと庵に、ぜひお越し下さいね。

bansyold at 00:48|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年07月12日

改装工事が進行中です

 すっかりごぶさたしていますが、ももと庵、8月下旬の新装開店に向けて、店内の改装作業が急ピッチで進んでいます。

Kaichiku


 内装は、全体に「木」のイメージを強め、暑いアジア各地でよく使われる「よろい戸」をあしらいます。

 メニューは、さらにアジア色を前面に。おなじみのフォーも定番で登場しますよ。スイーツもアジアンなものが登場・・・

 というわけで、どうぞお楽しみに。

bansyold at 21:42|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年04月14日

店舗改装のため、お休み致します

 ももと庵は、店舗改装のため、4/18(月)より休業いたします。

 全面リニューアルになるため、再開は10月を予定しております。日頃ご利用いただいている皆様には大変ご不便をおかけしますが、どうぞご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 店舗休業中も万鐘ネットショップは営業を続け、このブログも更新します。詳細な再開日程につきましては、ブログやももと庵ホームページでご案内してまいります。

Momoto-an


bansyold at 11:09|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年01月01日

新春は花カステラ膳で

 あけましておめでとうございます。ももと庵、2016年の新春は花カステラ膳でスタートです。

Hanakasutera4_485


 卵をたっぷり使ったカステラかまぼこは、沖縄の重箱料理の定番。ソフトな口当たりと上品な味わいが人気の、高級食材です。

 ももと庵は、糸満かまぼこの名店けーじんぐゎーとのコラボで、スペシャルの花カステラを作りました。カステラ生地に野菜を散りばめた花カステラ。人参の赤が黄色いカステラ生地によく映えます。

Hanakasutera3_485


 北中城産のアーサを散らしたおダシにつけて召し上がっていただきます。海の香り豊かな、初春の味です。

 ももと庵、新年の営業は1/4(月)午前11時から。花カステラ膳をととのえて、みなさまのご来店をお待ちしております。

bansyold at 08:30|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年11月21日

ビタローのつぶらな瞳にまいった

 沖縄近海魚のマース煮、たいへん好評です。きょうも魚たちが入荷しました!

Maasuni1511A


 タマン、エーグワーなどが多い中で、本日の主役はビタロー。黄色い尻尾がかわいらしい白身の魚です。

 標準語ではヨスジフエダイという、面白くもなんともない名前なのですが、沖縄では、堂々、ビタロー、です。

 ここで語源の解説があったりすると、いいブログということになるんでしょうが、これが全く分からない、ときています。

 だれかがデタラメに言い始めたものの、あまりにインパクトが強いので、あっという間に広まった、ということかも。

Maasuni1511B


 きょう入ってきたビタローの中でも、この目には、まいりました。そう、この上の方にいるやつです。なんともきれいな目をしていやがる。ちょっとアップで。

Maasuni1511C


 ね、きれいでしょう。いや、これにはまいった。キラキラしています。

 こんなつぶらな瞳で見つめられると、包丁を持つ手が完全に止まってしまいますね。

 マース煮は、塩味の煮魚。口に含むと、魚のあじ〜、という感じで、ただひたすらに魚の味を楽しめる沖縄料理でございます。


bansyold at 16:48|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年10月23日

「ああ、うまい」の牛すじスープ

 とろっとろ、ふにゅっふにゅ。長い時間煮込んだ牛すじは、お肉にはない独特のおいしさがあります。

Gyusuji4


Gyusuji5


 牛すじは、牛の肉の間にある筋や腱のこと。地域によっては、おでんのタネにも使われます。

 アジアの人たちも大好き。ベトナムでは、トマトや玉ねぎで味付けしたシチューにして、米麺を入れたり、パンにつけたり。ラオスでは、ココナツミルクを効かせ、こぶみかんの葉の香り、唐辛子の辛さとともに牛すじを楽しみます。

 牛すじはとても硬く、よほどしっかり煮込まないと歯が立ちません。すじの中でも特にアキレス腱は、カチっカチ。生の状態ではとても切れません。まるで樹脂の固まりみたいで、強い粘りもあります。

 そこで、ももと庵では、丸ごとしばらく下煮し、多少柔らかくしてから、一口サイズに切り分けて、さらにじっくりと煮込んでいます。

 煮込んでいる間に、コラーゲンの一部は煮汁に溶け出します。この煮汁、温度が下がるとたちまちゼリーに。煮こごり、ですね。

 このコラーゲン煮汁を、かつお節と煮干しでとった和ダシに合わせ、ベトナム・フーコック島特産の高級魚醤を加えて、透明感のあるスープを作っています。

Gyusuji6


 コラーゲンのボリュームのあるうまみと、かつお節と煮干しの深いうまみ、アジアン魚醤の鋭さのあるうまみの3つが折り重なって、「ああ、うまい」のスープに。

 スルスルと沖縄そばを口に運び、とろとろ牛すじのソフトな口当たりを楽しみ、スープのコクを味わうー

 ぜひぜひ、お試し下さい。



bansyold at 20:30|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年10月16日

とろとろ牛すじそば、始めます

 なんだか、急に涼しくなってきましたね。というわけで、はい、あったか新メニュー「とろとろ牛すじそば」の登場です。

Gyusuji2_485


 沖縄も、22度くらいまで気温が下がったりして、このところめっきり涼しくなっています。

 ところで、アジアでは、牛すじが麺にのって出てくることがあります。レモングラスやニンニクが効いた複雑な味のスープがおいしいのですが、ももと庵バージョンは、ぐっとシンプルに決めることにしました。

 ベースは、ジャパンのかつお、にぼしのすっきりダシ。濃厚な牛すじスープがそこに加わります。ベトナムはフーコック島産の高級魚醤の深いうまみで、全体をまとめました。

 迎え討つ麺は、沖縄そば。コクのある牛すじを受け止めるのに十分な噛みごたえアリ、です。トッピングも、牛すじのうまみに集中してもらおう、と、青み野菜とねぎ、生姜にとどめました。

Gyusuji1_485


 とろっとろになるまで煮込んだ牛すじは、コラーゲンたっぷりで、お肌にもよさそう。アキレス腱の部分と、お肉のついたすじをブレンドしました。

 明日、土曜日からスタートです。ぜひお試し下さい。



bansyold at 08:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote