いちめんのなのはな

2015年03月15日

「いちめんのなのはな」料理、正解はこれ!

 少し前に「いちめんのなのはな」でももと庵のシマナーを紹介しました。もう今はないのですが、とてもきれいな黄色でした。

ShimanaYuiL


 その時に「これは観賞用だけじゃなくて食べるため」「近くデビューする新作メニューに使います」と宣言していましたよね。きょうはその正解をお教えしちゃいます。

 正解はこれ!

Shimananome3Set


 ベトナム風揚げ春巻き素麺膳の左上、野菜の小鉢がありますね。その中に短冊に切られた、少し緑の濃い野菜が混ざっています。これこそが「いちめんのなのはな」のシマナーなんです。

 ヒントは、ベトナムでした。

 シマナー(島菜)という名前で呼ぶくらいですから、まさに県民野菜として沖縄では特に親しみのあるカラシナですが、実はアジア一帯で広く食べられています。

 ベトナムでもそう。いろいろな食べ方をします。中でも鮮烈だったのは、揚げ春巻きをそのまま生のカラシナで巻いて食べる食べ方。ピリっとした味わいが揚げ物のしつこさをうまく消してくれて、とてもおいしいんです。

 ももと庵では、揚げ春巻きを素麺と混ぜ麺にして食べていただくメニューなので、シマナーは短冊に切り、ほかの野菜と混ぜました。

 花を咲かせ、種をつけたシマナーは葉も固いので、ももと庵の畑では次の世代も準備していますよ。こんなにかわいい芽を出しています。

Shimananome


 

bansyold at 19:21|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年02月01日

いちめんのなのはな

 いちめんのなのはな、というフレーズがずっーと続く有名な詩がありますが、ももと庵の畑がいま、そんな感じになっています。

Shimananohana1


 これ何の花でしょうか。すぐに分かった人は沖縄検定の甲種合格。

 ちょっとヒントを出しましょうね。葉っぱを見てみて下さい。

Shimananohana3


 分かりました?

 これ、シマナーなんです。和名はカラシナ。「いちめんのなのはな」はアブラナですが、シマナーも同じアブラナ科。というわけで、菜の花畑とよく似た風情となっています。

 シマナーは、その名の通り、沖縄を代表する葉野菜。ピリっとした辛みがあり、軽くゆででから炒め物にしたりして食べます。

 このシマナー畑、観賞用のつもりもあったんですが、ももと庵は食事どころですから、食用が本来の目的。

 次の新メニューは、このシマナーを使った料理です。あと少しでデビューしますので、どうぞお楽しみに。


bansyold at 15:07|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック