にぎり寿司

2008年07月29日

[第68話 沖縄、食] 寿司職人が3人いる小さなスーパー

 うるま市字昆布に、小さいながらも有名なスーパー、仲西商店がある。地元の住民に愛されて40年。肉、魚、野菜、惣菜、いろいろそろえている。だが仲西商店が有名なのは、それだけではない。人気のにぎり寿司を買い求めに来る客が多いのだ。

Nakanishi7


 今でこそ、大手スーパーには当たり前のようににぎり寿司が置かれているが、仲西商店がにぎり寿司を始めた20年前、にぎり寿司といえばこの界隈ではまだ高級な食べもの。およそスーパーで買えるようなものではなかった。仲西商店があるうるま市昆布は、商店街や商業施設などがあるような地域とは違う農村部。そんな場所でにぎり寿司が手に入るというのは、ちょっと画期的なことだった。言うまでもないが、沖縄でもにぎり寿司は老若男女に大人気のごちそうだ。

 仲西商店はもともと鮮魚を長く扱ってきたので、それを生かしてにぎり寿司を作ってみよう、と先代が企画。にぎりを販売するにあたっては、ちゃんとした寿司職人を雇い上げた。確かに、にぎり寿司となれば、素人のパートさんに作ってもらうというわけにはいかない。

 その寿司職人は現在3人。9かん入りの1人前が毎日100パック以上売れるのに加え、パーティー用の大皿がしばしば出るから、1人や2人ではとても追いつかないのだ。田舎の小さなスーパーに寿司職人がいるというだけでも珍しいが、それが3人もいるというのは驚きの布陣と言える。

Nakanishi4

Nakanishi2


 寿司職人がいるといっても、寿司屋ではないから客席はない。すべて持ち帰り用。そのにぎり寿司、9かん入りの1人前が500円と安い。大手のスーパーなら700から800円はする。それほど高級なネタを使っているわけではないが、500円で本格的なにぎり寿司の味が十分に楽しめるとあって、地元だけでなく、沖縄市や浦添市、那覇市あたりからもファンが買いに来るという。

 質実な店。見てくれにはあまり金をかけない。にぎり寿司のパッケージもごく簡単なプラスチックの弁当箱。鮮魚も普通のビニル袋に無造作に入れて売る。目玉やアラも安く売る。

Nakanishi5


 一方で、クーブイリチャーの材料を全部まとめたパックだとか、パパイヤイリチャーにする青パパイヤの細切りだとかが、ビニル袋に入れられて陳列ケースに並ぶ。「最近のお客さんは、手間のかかる料理をしない人が増えてますから」と仲西秀樹店長。

 ただ安いだけではなく、顧客のニーズをよくつかんで、必要と思われることには手間を惜しまないのだ。一口サイズにカットされた冬瓜もあった。確かに冬瓜はちょっとカットしづらい。青パパイヤも固くて切りにくいし、アクも出る。こうして準備してくれたら、忙しい人は大いに助かる。

 しかも、大規模な加工場で作られるカット野菜などのように、薬品や添加物を使ったりしないから安心だ。「うちは添加物は使いません。回転をよくして、とにかく新鮮なものを出します。どうしても余ったらすぐ下げて、ということでやってます」と仲西店長は話す。写真は右からクーブイリチャーの材料パック、青パパイヤ細切り、カット冬瓜。

Nakanishi3


 惣菜類も充実。軟骨ソーキは柔らかくなるまで長時間煮込まなければならないが、仲西商店は、食べられるくらいまで薄味で煮込んだものを売っている。手間のかかる煮込みはしてあるから、濃く味付けしたい人は好きな調味料を入れて少し煮ればOK、というわけだ。

Nakanishi1


 仲西商店は、那覇市、沖縄市方面からなら、コザ十字路から県道75号線を北上し、安慶名十字路を超えてさらに5分ほど進むと、上の写真の看板が左手に見える。看板を左折し、あとは道なりに1、2分行けばよい。昆布公民館の隣り。沖縄県うるま市字昆布916-1、098-972-6778。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック