アブラナ科

2015年02月01日

いちめんのなのはな

 いちめんのなのはな、というフレーズがずっーと続く有名な詩がありますが、ももと庵の畑がいま、そんな感じになっています。

Shimananohana1


 これ何の花でしょうか。すぐに分かった人は沖縄検定の甲種合格。

 ちょっとヒントを出しましょうね。葉っぱを見てみて下さい。

Shimananohana3


 分かりました?

 これ、シマナーなんです。和名はカラシナ。「いちめんのなのはな」はアブラナですが、シマナーも同じアブラナ科。というわけで、菜の花畑とよく似た風情となっています。

 シマナーは、その名の通り、沖縄を代表する葉野菜。ピリっとした辛みがあり、軽くゆででから炒め物にしたりして食べます。

 このシマナー畑、観賞用のつもりもあったんですが、ももと庵は食事どころですから、食用が本来の目的。

 次の新メニューは、このシマナーを使った料理です。あと少しでデビューしますので、どうぞお楽しみに。


bansyold at 15:07|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote