インドネシア

2016年10月11日

解剖!ナシゴレントラシ(下)

 今回は、ナシゴレンのわきに置かれている鶏の唐揚げ、です。

Nasigoreng3



 ナシゴレン(焼き飯)が本体だとすれば、唐揚げはオマケというか、オカズというか、そんな立ち位置になるわけですが、なかなかどうして、人気です。

 この唐揚げ、味付けはナシゴレン同様にインドネシア風。

 先日もあるお客様が「この唐揚げ、不思議な味ですねえ。カレーみたいだけど、そうじゃないし・・・」とポツリ。

 カレーご三家のコリアンダー、クミン、ターメリックのうち、クミン以外は入っています。入ってはいますけど、少しです。

 インドネシア風なのは、むしろ玉ねぎ、生姜、ピーナツのしわざ。それぞれ独特の風味があります。

 これらをブレンドしたペーストに漬け込んでから、粉をまぶしてカラリと揚げると、なんとも言えないサクサクの食感に。ナシゴレンとの相性がよくなるように、唐揚げは小さめです。

Nasigoreng4


 鶏の唐揚げ単品というのは今はやってないんですが、これだけでもビールのつまみやごはんのおかずにばっちりですね。

bansyold at 19:22|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月07日

解剖!ナシゴレントラシ(上)

 当店の人気ナンバーワンメニュー、ナシゴレントラシ。そのヒミツを解剖してみます。

NasigorengSpoon


 まずは本体のナシゴレントラシ。インドネシア語で、ナシゴレンはナシ(ご飯)をゴレンした(炒めた)もの。でもでも、この最後の「トラシ」っていったい何?

 トラシは、エビをつぶして塩と混ぜて発酵させた「塩辛」。ものすごく、ものすごーく深いうまみがあります。こいつがあるからナシゴレントラシの味になる、というくらいです。

 発酵の臭いがきつめなので、あらかじめ加熱して余分な臭いをよく飛ばしてから使います。トラシは茶色っぽい色をしているので、ナシゴレンの色も茶色っぽくなるんですね。

 アジア産の長粒米にわずかに日本米をブレンドして炊き上げたご飯に、トラシを中心に、玉ねぎ、にんにくなどを加えてよくいためます。鍋をあおって、しっかり炒めるとおいしくなるんです。

NasigorengPan


 上に乗せた目玉焼きをつぶして混ぜながら食べるとまたうまい。添えられているレモンを絞っても、爽やかな風味になって最高ですよ。


bansyold at 15:11|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月15日

レキオに掲載されました

 琉球新報のレキオにももと庵が掲載されました!

160915レキオ485B


 お店紹介でおなじみの「ぐるぐるグルメーこの店・この一品」。今回の一品は、インドネシア名物、ナシゴレントラシでございます。

 トラシというのは発酵えびみそ。まさに、うまみのカタマリです。これで作った特製焼き飯はもうそれはそれは・・・。どんどん食べ進んでしまいますよ。

bansyold at 20:23|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年10月31日

少年っぽいアルマンのファズ声

 アジアのボーカリスト、今回はアルマン・モーラナArmand Maulanaを紹介します。

Almand1


 1994年結成のインドネシアの老舗バンドGIGI(ギギ)のボーカルとして人気を誇るアルマン。まずそのGIGIの室内ライブ映像をどうぞ。曲はアップテンポのタルバンTerbang(飛べ)。



 ライティングが巧みで、きれいな映像に仕上がってますね。

 この曲ではそうでもないですが、GIGIのギター職人デワ・ブジャナのサウンドはロックギターらしいファズをしばしば効かせています。アルマンの声も、細かく毛羽立ったような、そう、ちょっとだけファズをかけたような声に聞こえませんか。

 例えばブルーノ・マーズのような、もろにファズ声という感じではないですが、印象に残る声です。

Armand3


 GIGIではない映像も見てみましょうか。

 ことし公開された映画ラブ・アンド・フェイスLove and Faithの主題歌サパティ・レゲンダ Seperti Legenda(伝説のように)です。アルマンの妻で歌手のデウィ・ギタとのデュエット。GIGIサウンドとは違ったゴージャスな編曲ですが、アルマンのユニークな声質がよくわかります。



 アルマンは1971年、西ジャワ州バンドン生まれの44歳。ステージのパフォーマンスは完全にベテランの域に達していますが、とてもそんな年齢には見えませんよね。

 前回、ロッサを取り上げた時にアルマンとロッサのデュエット映像を紹介しました。

 ウルトラマンの「シュワッチ」をやっていた男の子がそのまま大きくなったような、と書いたんですが、スニーカーをはいてステージに立つアルマンは、どこかにそんな少年っぽさを残しています。

 アップテンポの曲で叩きつけるように歌うと絵になるアルマンですが、スローな曲もなかなか聴かせます。そういえば、GIGIの代表作「1月11日」も優しい曲調でした。

 そんなスローナンバーを最後に。ビートルズゆかりの、ロンドンはアビーロードスタジオでの録音盤から、なんとも優しいタッチのメジャ・イニ Meja Iniです。



bansyold at 19:30|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年07月08日

どこまでもフェミニンなロッサ

 久しぶりのアジアのボーカリストシリーズは、再びインドネシア。国民的歌姫の1人、ロッサの魅力に迫ってみます。

Rossa3


 ロッサのフェミニンな魅力が端的に表れるのが、男性歌手とのデュエット曲。男性を相手にすると、よけいに女性っぽさが際立つのかもしれません。今回は3曲、ご紹介しましょう。

 まずはウングのボーカルを務めるパーシャとデュエットしてヒットしたこの曲からどうぞ。

Rossa & Pasha3





 曲名はテルランジュル・チンタ(こんなに愛しているのに)。最初のロッサ、パーシャそれぞれのソロパートに続くサビで2人の声がハモります。ロッサの声は押し出しが強くありませんが、しっかり主役をはっていますね。

 物憂げで気だるい感じのパーシャの声が、出しゃばらずにロッサを立てています。エンジニアのサジ加減の勝利かもしれません。3分17秒くらいからの大サビはなかなか迫力です。

 2曲目は、ベテラン男性歌手、故ブローリー・マーランティーカとのデュエット。これが実現したのは、ブローリーが2000年に亡くなってから11年後でした。

 どういうことかというと、ロッサは尊敬する先輩歌手のブローリーの録音にスタジオで自身の歌声を重ねるという形でデュエットを実現したんです。アレンジは作曲家アンディ・リアントが行いました。

 天国で目を白黒させたはずのブローリーとロッサの、ソフトでメロウな、ジャガン・アダ・ドゥスタ・ディアンタラ・キタをどうぞ。過去を告白する男と、それを受け入れながら「本当のことを言って」と語る女の掛け合いです。




 ロッサは1978年生まれのことし36歳。1996年に出したファーストアルバム「ナダナダ・チンタ」のヒットでその名を知られるようになりました。

 以来、14枚のアルバムを発表。この中で、いくつかのプラチナディスクを含むヒットを重ねます。アーティスト活動の途中で、名門、国立インドネシア大学を卒業。2010年以降は、隣国マレーシアに本格進出しました。

 2011年には、世界最高水準の文化芸術施設で、各国のアーティストが目指すシンガポールのエスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイでコンサートを開き、全チケットを完売しました。

 あどけなさの残る顔だち、小柄な体つき、ソフトで、はかなげな声。フェミニンでガーリーな雰囲気を漂わせるロッサは、男性にも女性にもファンが多いようです。

 さて、3曲目。インドネシアの老舗バンドの一つ、ギギのボーカル、アルマン・モーラナとのデュエットです。

 曲は、2008年に亡くなったギト・ロリスがアルマン・モーラナと歌ったチンタ・ヤン・トゥルス(真実の愛)。




 伝統音楽ガムランをフィーチャーした珍しいアレンジ。シンプルな運びの曲に、不思議な奥行きとかわいげが加わりますね。

 3曲のデュエットを紹介しましたが、勝手な読み込みをするならば、ロッサの女っぽさには「多彩な役回り」が感じられて面白いです。

 最初のパーシャとの掛け合いはよくある「男と女」。続くブローリーとのデュエットは、歌詞の内容はもちろん男と女ですが、2人のイメージは、30歳の年齢差もあって「父と娘」「師弟」っぽく映ります。

 最後のアルマンとのデュエット。シュワッチ!の構えでウルトラマンになりきっていたのがそのまま大きくなったような弟を、髪をアップに結ったしっかり者の姉がやさしく見守っている、の図。

 実はアルマンの方が7歳も年上なんですが、万年少年風のアルマンのキャラも手伝って、どうもそんな風に見えてしまうんです。

bansyold at 19:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年02月22日

ファッショナブルなエンターテイナー、クリスダヤンティ

 アジア歌手シリーズ、今回は、インドネシアのクリスダヤンティです。

KD photo7


 インドネシアを代表するファッショナブルなエンターテイナー。まずは最新の2013年発表の最新アルバムから、ベルトゥビ・トゥビ bertubi-tubi(とわの幸せ)を。



 モノクロ混じりの画面には子供を抱きしめるクリスダヤンティの映像がふんだんに盛り込まれていて、シンプルながら荘厳な曲調の中から、彼女の今の等身大の叫びが聞こえてくるようです。

 日はまた昇り
 雲を散らす
 神は涙をぬぐい
 とわの幸せが訪れる

 もう1曲、2011年のアルバム、チンタク・カン・スラル・マナマニム Cintaku Kan Selalu Menemanimu(愛はいつもあなたとともに)に収められている同名のタイトル曲をどうぞ。



 16ビートの軽快なスピード感と転調による心地よい立体感の中で何やらどんどん盛り上がっていくという、Jポップのヒット曲お約束のような曲構成ですね。

 この曲をクリスダヤンティに提供したのは、女性歌手で音楽プロデューサーのマイア・エスティアンティ。クリスダヤンティと同年代です。

 クリスダヤンティは1975年生まれのことし39歳。幼少の時から歌の才能を見せ、12歳でファーストアルバムをリリース。このアルバムは売れなかったようですが、その後もいろいろなコンテストに出てはいい成績を収めていたようです。

 1992年に東京で開かれたアジアの若手歌手のコンテスト「第1回アジアバグース」でグランドチャンピオンに。これを機にプロとしての活動を全開させます。

 歌手アナン・ヘルマンシャーと21歳で結婚。愛をテーマにした何枚かのデュエットアルバムが人気を博します。2000年代からはソロアルバムも次々にヒットし、数々の音楽賞に輝きました。

 声に厚みや力のあるタイプではないですが、キレのよい歌声と巧みな歌い回しで、ベスト盤なども含めるとこれまでに28枚ものアルバムを発表してきました。

 テレビドラマに女優として出演。ビューティーアイコンとしても支持を集め、クリスダヤンティブランドの化粧品まで売られるようになります。

 インドネシアで最もギャラの高い歌手、と言われるようになったクリスダヤンティでしたが、しばらく前から、やや不調気味の印象がぬぐえませんでした。

 2児をもうけたアナンとの13年にわたる結婚生活が2009年に破たん。新たなパートナーになる実業家と再婚。やがて女児、そして男児を出産ー

 そんな紆余曲折を経て、既に紹介した映像もそうですが、最近は、表情に落ち着いた柔らかさが出て来たように見えます。

 マイア・エスティアンティが作った曲をもう一つ聞いてみましょう。アク・パスティ・カンバリ Aku Pasti Kembali(必ず帰ってくるわ)。ファッショナブルで複雑なつくりの曲ですが、何度か聞いているうちに耳になじんできて、楽しめます。




bansyold at 00:58|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年12月14日

インドネシア風鶏の唐揚げのヒミツ

 12月からスタートした「しっかりアジアン」シリーズのトップバッター、インドネシア風鶏の唐揚げが好評です。今回はそのヒミツをお教えしちゃいましょう。

IDNFriedChicken1L


 きつね色に揚がった鶏の唐揚げ。とってもおいしそうですが、写真を見ただけでは、どこがインドネシア風なのか、分かりませんよね。

 インドネシア風は、下味をしっかりつけます。まずコリアンダー。種を粉にしたスパイスで、かんきつっぽい爽やかさが特徴です。

 ニンニク、生姜、玉ネギもたっぷり入れます。そしてそして、ピーナッツ。ミキサーで粉にしてペーストに加えます。ピーナッツのコクと香りは、いかにもインドネシアの風味ですね。焼肉サテの甘いピーナッツソースを思い出して下さい。

IDNFriedChicken5


 さて、インドネシア風。こうして下味を含ませる際には、いったん鍋で加熱します。生のままよりも、肉の中まで味がよく染みていきます。

 そこまでが仕込み。オーダーが入ったら、これを中温の油でじっくり揚げ、サクサクに仕上げます。

 これまでとちょっと違った風味の鶏の唐揚げ。ぜひお試し下さいね。

bansyold at 15:45|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年12月01日

しっかりアジアン、始めました

 いよいよ師走ー。ももと庵では、アジアンな仕掛けをグンと進めた「しっかりアジアン」シリーズをきょうから始めました。

IDNFriedChicken4L


 例えば、豚しゃぶ素麺は、スープに魚醤を使い、揚げニンニクをトッピングするなど、これまでのももと庵メニューも「ほんのりアジアン」な仕掛けがしてありました。

 今回の「しっかりアジアン」シリーズは、アジアンな仕掛けをもっと強くしたメニュー。アジアン、アジアンした新メニューが続々登場しますよ。

 12月は、しっかりアジアンの開始記念で、いきなり2品の新作が登場!

 まず、インドネシア風鶏の唐揚げ。玉ねぎやコリアンダー、ピーナツ入りのタレをふくませた鶏肉を、カラリと揚げました。冒頭の写真がそれ。目からウロコのおいしさ、です。

 もう一つは、南インド風さばのカレー。酸味のきいたココナツたっぷりのカレーの中で、さばのうまみが広がります。辛さはマイルド、中辛、大辛からお選び下さい。

SabaCurry1L


 これまでも豆乳グリーンカレーなど、しっかりアジアンなメニューはいくつかありましたが、それをエンジン全開で加速します。もっと本格的なアジアンを食べたい、というご要望がお客様からあったのが、きっかけです。

 もちろん、これまでの「ほんのりアジアン」や、とろっとろラフテーなど「とってもおきなわ」なメニューも引き続きお楽しみいただけます。

 「しっかりアジアン」シリーズの鮮烈な味と香り。どうぞお試し下さい。新作メニューについては、また改めて詳しくご紹介しましょうね。

bansyold at 11:03|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote