カム・リー

2014年10月26日

歌巧者の人気者ダン・チュオン

 アジア歌手シリーズ、今回はベトナムの人気者ダン・チュオン。Vポップはもちろん、ダンスナンバーからヒップポップ、民謡風ポップまで何でも歌いこなす万能選手です。

dt3


 1年ほど前にVポップについて書いたとき、ダン・チュオンとカム・リーのデュエット曲「チム・チャン・モ・コイ」を紹介しましたが、ダン・チュオンを語る時に、この曲はどうしてもはずせませんので、今回、再び、いってしまいます。低音が聞こえるヘッドホンでぜひ聞いてみて下さい。

 この歌は、親のいない白い小鳥の姿に切ない恋心を重ねたもので、ダン・チュオンとカム・リーのコンビにとって、まさに十八番。ベトナムで、特に南部ベトナムでこの歌を知らない人はいないんじゃない?と、ホーチミン市に住む知人が言っていました。



 西洋音楽に慣れた耳にとっては、なんとも不思議なメロディラインですが、これぞ、ダン・チュオンが得意とする民謡テイストVポップの真骨頂でしょう。

 1分30秒から始まるダン・チュオンのパート。「えっ?」と思ってしまう意外な音の運びです。サビの2分14秒くらいからの音階の上がり下がりも、ちょっとドキドキする展開ですよね。さすが歌巧者のダン・チュオンは、全く乱れることなく、ピタりと着地を決めています。

 イントロと間奏では、民族楽器の一弦琴「ダンバオ」がフィーチャーされています。まるでビロードのような滑らかな音にビブラートが加わり、独特の物悲しさを感じさせる印象的なサウンド。

 3分18秒くらいのところにダンバオ奏者の画像がアップで映されています。斜めに張られたたった1本の弦で、いったいどう演奏したらこんな豊かな音が出るのでしょうか。

 民謡風ポップをもう1曲、紹介してみましょう。

 世界の米どころの一つ、メコンデルタの豊かな風景とともにお楽しみ下さい。故郷への思いを歌った「ニュォイ・ハイ・クエ」。この曲でもダンバオの、もの悲しいサウンドが効果的に使われています。



 ダン・チュオンは1976年、ベトナムはホーチミン市6区に4人きょうだいの長男として生まれました。小さい頃から歌好きで、いろいろなコンテストに出てはいい成績を収めていたようです。

 1999年にファーストアルバムを出してから37歳の現在までに、実に30枚以上のアルバムを発表しています。アルバムを出さない年がない、というのは驚きで、安定した人気の高さを誇っています。プライベートでは昨年、在米ベトナム人女性実業家と結婚して話題になりました。

 最後に、ちょっと変わった歌を、ライブの画像でどうぞ。遠くに働きに出ていた家族が旧正月で帰宅し、その再会と春の訪れを家族みなで喜ぶ歌「ウォク・モ・ニョッ・ニャオ」です。

 家族のきずなをとても大切にするベトナム。

 デュエットのパートナーは、パンチに効いた歌唱力でスター誕生番組からデビューした若手のディン・フオンが務めています。



 やはりダン・チュオン、歌、抜群にうまいですね。

bansyold at 20:01|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote