カラシ菜

2014年04月27日

野菜のそっくりさん

 沖縄、ベトナムそっくりさんシリーズ、今回は野菜です。まずは、こちらから。

Yasai1Nabera


 ベトナムの市場の常連。そう、ナーベラ(ヘチマ)です。

 沖縄ではみそ味の煮込みが定番。水を入れずにみそを入れて弱火でいためているとナーベラから水がたっぷり出てきます。その中でしばらく煮込んだナーベラの甘さときたら。それはもう最高の味。

 ベトナムで見かけるそれは、沖縄のよりもずっと大型。長いです。沖縄のナーベラの軽く2倍はあるでしょう。

 ベトナムでは、スープに入って出てくることが多いようですね。

Yasai2Hyasai


 これはいくつかの葉野菜が並んでいるところ。一番右はツルムラサキ。沖縄では、そこいらじゅうに生えてます。いためものが多いでしょうか。

 その左がカラシ菜。沖縄では島菜と呼ぶくらい、ポピュラーな葉野菜ですね。シマナーと、ちょっと伸ばして発音します。

 沖縄ではゆがいてから軽くいためて食べますが、ベトナムでは、生のままでも結構出てきます。揚げ春巻きをくるんで食べたり、めんの添え生野菜として置かれていたり。

 その左は春菊。さらにその左がほうれん草。こちらは本土でもおなじみ。

 こうして葉野菜が並んでいるところを見ると、なんだ、みんな沖縄と同じじゃないか、となるのですが、もちろん、沖縄にはない野菜もベトナムにはいろいろあります。その話はまた別の機会に。


bansyold at 00:18|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック