カンプー

2013年11月01日

カンプーのそっくりさん

 前回は、江戸時代の女性の髪をほうふつとさせるラオス女性の髪のまとめ方について書きました。今回は沖縄女性のヘアスタイルです。

 伝統的とされる沖縄女性の髪型は、民謡歌手が今でもやっています。人気のネーネーズに登場してもらいましょう。

Kampu Nenes


 長い髪をまとめてくるくると巻いて、ほぼ頂上の部分にポンと乗せたヘアスタイル。こういう髪型にすることを沖縄では「カンプーを結う」と言います。最近はやりの琉装による結婚式でも、花嫁さんはカンプーを結って登場します。

 もっとも、これをやるには、かなり長い髪が必要です。実際、ほどいた時に腰のあたりまで長さがないと、うまくカンプーが結えない、と聞きました。

 現代の沖縄女性は、腰までの長い髪の持ち主はむしろ少ないので、カンプーを結う人の多くは、人工の髪を自髪の先につけてから結い上げるのだそうです。

 さて、次にこの写真。カンプーと似ていますが、沖縄ではありません。


Kanpu4


 これ、ラオス北部の中国国境に近いところに住む少数民族の女性です。長い髪をまとめてくるくると巻き、頂上付近にポン、というあたり、沖縄のカンプーそっくり。

 沖縄ではジーファーと呼ばれるかんざしを差して髪を止めるのですが、こちらも、銀の丸い飾りのついた何かで髪を止めているのが分かります。

 ラオス北部の少数民族と沖縄に直接の接点があるとは思えません。腰まであるような長い髪をまとめようとすると似たようなやり方になる、ということなのかもしれませんね。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック