クッキー

2009年04月25日

[第113話 食] ジミー「ハンス・ミラー」の極上洋菓子

 ジミーといえば、沖縄で最もポピュラーな洋菓子屋さん。パン類や輸入食品も充実しているが、「安くておいしいケーキ」はジミーの看板といっていい。そのジミーに、とっておきの洋焼き菓子とクッキーがある。「ハンス・ミラー」ブランドの製品群だ。

Jimmy5


 ジミーは、現相談役の稲嶺盛保さんが1956年に創業。輸入雑貨店からスタートしたが、やがて自店でパンを焼き始めた。米軍占領下の貧しい時代。パンを焼く芳香は、豊かさを求めていた人々をとりこにし、ジミーベーカリーはたちまち評判の店になった。

 稲嶺さんは、創業以前に米軍基地で働いていた頃から培ったハワイとのつながりを生かし、アメリカンのケーキやクッキーの製造技術を導入。日本人の口に合うように独自にアレンジしながら、パウンドケーキ、バナナケーキなどのヒット商品を生み出した。その結果、沖縄でケーキといえばジミー、と言われる存在に。

 ジミーは、ハワイだけではなく、ヨーロッパからも専門家をたびたび招へいして、ケーキやクッキー、パン類の商品開発、品質向上を図ってきた。その中で1995年から4年間、沖縄に滞在して焼き菓子やクッキーの指導をしたのが、スイス出身のハンス・ミラーさんだった。

 ミラーさんは家族とともに沖縄に赴任し、毎日、自転車でジミーに通勤した。ミラーさんの薫陶を受けた1人、ベーカリー製造部の前原信一郎課長は「やさしい人でしたね」と述懐する。

 前原さんによると、それ以前にジミーで確立していたアメリカンの製造技術に比べて、ミラーさんの技術はヨーロッパ流の細かい職人的な手仕事の色彩が強かったという。ジミーの製品に独自の繊細さをもたらしたのがミラーさんだったと言えるかもしれない。

 そのミラーさんが伝えたレシピのいくつかが、ハンス・ミラーという本人の名前をそのままとったブランドになった。


Jimmy1

 まずは、焼き菓子のエンガディーナ。ミラーさんの故郷スイスの伝統菓子で、クッキー生地の間にクルミとキャラメルがたっぷりはさまれている。複雑でリッチな味わい。クッキー生地がしっとりしていて、クルミあんによくなじむ。6cm四方ほどの大きさ。


Jimmy2

 ブラウニーもおいしい。ブラウニーはアメリカの国民的スイーツだが、スイス出身の職人の手にかかると、ちゃんとヨーロピアンのお菓子になるから不思議。つまりチョコレートの味はどこまでも深く、シナモンやくるみの豊潤な香りが鼻にぬける。ガトーショコラの深さとブラウニーの軽さとが融合したような味わい。このほか、焼き菓子は、ウインザーケーキやチーズガレットなどもあり、1つ120円から160円ほど。


Jimmy3

 クッキーは、マーガリンではなくバターを使っているので、味、香りとも実に軽やか、爽やか。いくらでも食べてしまう。写真右がパルメザンチーズ、左はピスタチオノア。ほかに、ショコラアマンドとチョコチップの2種類がある。シンプルな缶に入っていて、1缶200g入り、840円。

 ジミーの洋菓子は全般に安い。定番で一番人気のチーズケーキやチョコバターケーキなどは、丸いホールケーキで1500円前後。パウンドケーキやクッキー類も手頃な価格だ。「相談役(創業者の稲嶺盛保さん)は、多くの人にデザートを気軽に食べてほしいと考えて求めやすい価格にしたのだと思います」と菓子部門を統括する稲嶺文子専務が話す。

 その中では「ハンス・ミラー」ブランド製品は若干高い。しかし、それだけの価値はあるし、他社も含めた洋菓子全体の中では決して高い部類に入らないだろう。包装もシンプル。むやみに包装に金をかけた洋菓子が目立つ中で、質実な印象だ。

 沖縄が誇る菓子と言えば、ちんすこうこんぺん、ナントゥー(第111話)などの伝統菓子や紅イモのお菓子を思い浮かべる人が多いだろうが、そればかりではない。ハンス・ミラーもその一つ。「5度目の沖縄」のおみやげには最適だ。

Jimmy4


 ジミーは、大山店や那覇店など、県内各地に店舗がある。赤れんがの建物とオレンジ色のJimmyロゴが目印。大山店は国道58号線沿い、宜野湾市大山2-22-5、098-897-3118。那覇店は新都心の近く、那覇市銘苅3-8-5、098-861-1110。そのほかの店舗など詳しいことは同社HPで。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2007年11月30日

[第27話 食] 口どけのよい丸いちんすこう

 ちんすこう、と言えば、最も有名な沖縄の伝統菓子。沖縄みやげの定番でもある。中国菓子の影響を受けて、明治時代に現在のちんすこうを初めて作り上げた老舗、新垣菓子店をはじめ、沖縄にはちんすこうメーカーがいくつかある。今回はその中からニューウェーブを紹介しよう。その名も、まんまるちんすこう。写真右はよくあるタイプ、左がまんまるちんすこうだ。

Chinsuko6

 ちんすこうはクッキーと似ているが、食べれば違いが分かる。まず、クッキーは口に含むとバターの味と香りがするが、ちんすこうはバター味ではない。それもそのはず、ちんすこうはラードで作るのだ。ラードについては前回、第26話であれこれ書いた。

 もう一つ、大きな違いが。クッキーの中には、サクサクする口当たりのものが多いが、ちんすこうは、最初のひと口、ふた口こそサクっとした歯ごたえがあるものの、全体にしっとりと柔らかい。そして、噛むうちに口の中でサーッと溶けていく。「後半の口溶けのよさ」こそが、ちんすこう最大の持ち味といえる。まんまるちんすこうは、この口溶けのよさ、ホロホロ感がすばらしい。

Chinsuko2

Chinsuko3

 初めの写真の右側のように、ちんすこうの主流は長い形をしている。まんまるちんすこうはその名の通り、まんまるなので、外観はニューウェーブといえる。だが中身はむしろ伝統製法に忠実だ。まんまるちんすこうを作っているプラスの共同経営者中西夕美絵さんの話では、まんまるちんすこうは、プレーン味の場合、小麦粉、砂糖、ラードのみを使い、低温でじっくり焼き上げるという。

 原材料について6、7種類のちんすこうを比べてみたが、原材料が小麦、ラード、砂糖だけ、というのはほとんどなかった。膨張剤(ふくらし粉)はまず入っている。卵を入れているものも多い。さらには、ラードではなく、ショートニングや植物油脂で作られているものまであった。ここまでくると、もはやちんすこうとは呼べないような気もする。パイン味や紅イモ味などの場合は、香料や色素が入っているタイプが少なくない。

 中西さんは、初めは沖縄で中国茶を販売していた。やがて、中国茶に合ういいお茶うけがないか、ということになり、伝統菓子のちんすこうを作り始めたという。

 まんまるちんすこうは、写真で見ると一口で食べられそうだが、思ったより大きい。重さを比べてみたら、普通の長いタイプのちんすこうが1個12gほどなのに対し、まんまるちんすこうは1個16g強だった。かわいい形の割には食べごたえがあるので、2、3個食べればお茶うけとしては十分満足できる。

 Chinsuko4

 まんまるちんすこうは、プレーンのほか、塩、みそ、コーヒー、コーヒーキャラメル、黒糖きなこ、黒糖チョコの味がある。透明なプラスチックのカップに8個入って263円。カジュアルなデザインの箱づめもある。

 首里店は、那覇市松川414、098-886-2144。那覇の国際通りの中心部、むつみ橋にもショップがある。インターネットでも販売している。「まんまるちんすこう」で検索を。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote