クルクミン

2015年02月10日

認知症予防に 南インド風さばのカレー

 特に意図したわけじゃなかったんですけど「カード」がバッチリそろってしまいました。南インド風さばカレー。認知症予防に効果あり! といわれるエース級の材料が、なんと3つも入っているんです。

SabaCurry1


 まずはココナッツ。南インド風さばのカレーは、ココナッツがたっぷり入っています。

 ココヤシの実のココナッツパウダーには豊富な油脂が含まれます。そう、いまはやりのココナッツオイル、ですね。ココナッツオイルは、ダイエット、便秘解消、免疫力アップといった効能に加えて、認知症予防・改善に効果アリ、なんだそうです。

 アメリカの女医さんが、ココナッツオイルで夫の認知症が治った、という劇的な体験記を出版して、すっかり話題になりました。

 次にさば。さばは、魚の中でもDHAなどの不飽和脂肪酸がたっぷり。不飽和脂肪酸は、脳の情報伝達機能を高める効果があるとか。

 最後に、カレーのウッチン(ウコン)。英語でターメリックと呼ばれる黄色い粉は、カレーにはほとんど必須のスパイスですね。

 ウッチンにはクルクミンが含まれていますが、このクルクミンが、アルツハイマー病を引き起こす物質の蓄積を減らしてくれるのだそうです。

 「ココナッツ+さば+カレー」の認知症予防カードがそろった南インド風さばのカレー。中高年のみなさま、ぜひお試し下さい。

 ももと庵、明日は水曜日で定休です。明後日12日は営業しています。ご来店をお待ちしています。


bansyold at 22:41|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote