ソーキ骨

2015年01月02日

シンガポール風ソーキ骨汁でスタート

 新年おめでとうございます。全国的な寒波の影響で、沖縄も寒いお正月になりました。さてさて、1/4(日)スタートの新メニューを早速ご案内しましょう。

Sohki8L485


 沖縄でおなじみのソーキ骨のおつゆは、シンガポールでも大人気です。ソーキ骨はスペアリブ。ももと庵では、しっかりアジアンシリーズの第3弾として、シンガポール風のソーキ骨汁を1/4(日)からお出しします。

 寒い日にアツアツのソーキ骨の汁・・・たまりませんね。

 逆にシンガポールは周年30度を超す熱帯の街ですが、やはりアツアツの骨汁が人気なんです。

 さて、沖縄のソーキ骨のおつゆとシンガポール風はどこが違うかー

 一番違うのはニンニクの量でしょう。ニンニク大好きの沖縄ですが、ソーキ骨のおつゆにニンニクはあまり入れません。

 シンガポール式ではたっぷり入れます。まさしく、ガツンとニンニク。ニンニクと豚肉骨スープの織りなす濃厚なうまみをどうぞご堪能下さい。

Sohki7L485


 ニンニクの滋養強壮効果に加えて、シンガポールでは白コショウや数種類の漢方薬草を入れます。ももと庵は白コショウのほかに、当帰(トウキ)を入れました。当帰は血液循環を高める作用があり、婦人科系疾患の治療薬などによく使われているようです。

 ニンニク、白コショウ、当帰、それにタンパク質とビタミンB群たっぷりの豚肉。まさにスタミナスープです。酷暑のシンガポールで人気の理由は、このあたりにありそうですね。

SohkiSetL485


 シンガポール式で、つけダレを別に添えます。肉は箸で切れるほど柔らかいので、その肉をこのつけダレにつけながらお召し上がり下さい。ごはんによく合いますよ。

 骨汁のほかに、副菜が数皿、食後のミニデザート、それにコーヒーまたは紅茶がついて1190円と、かなりおトクなお値段になっています。

 新年の営業は1/4(日)午前11時から。スタッフ一同、たくさんのみなさまのご来店をお待ちしています。


bansyold at 15:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote