タガログ語

2013年09月24日

フィリピンの "明日のスター"

 アジア歌手シリーズでは、これまで各国のベテランばかり取り上げてきましたが、今回はぐぐーっと若返ります。

ShaneRhap



 まずこのビデオを見ていただけますか。



 歌っているのは、フィリピンのシェーン・アンジャ・タルン Shane Anja Tarun(女性)とラープ・サラザール Rhap Salazar(男性)。このビデオの時点でシェーン18歳、ラープ15歳です。よく声がのびていますね。

 ラープは、12歳の時に、ロサンジェルスで開かれたパフォーマンスアート世界大会で、ジュニアソロボーカルの世界チャンピオンになりました。カバー曲からなるミニアルバムを出したりしていますが、オリジナル曲をメジャーレーベルから発売するところまではまだいってないようです。

 一方のシェーン。フィリピンのスター誕生番組でかなりいい線まで勝ち残ったのですが、入賞には至りませんでした。こちらもメジャーデビューはまだ。

 というわけで、2人ともフィリピンの「明日のスター」です。2人はユニットではなく、ふだんはそれぞれソロで活動。折に触れてデュエットのMVを制作しているみたいです。

 ビデオの歌は、アメリカのハート Heart がヒットさせ、人気テレビドラマ「グリー Glee」の中でも歌われた「アローン Alone(孤独)」。カナダのセリーヌ・ディオン Celine Dion もカバーしているので、聞き覚えのある方も多いかもしれません。

 もう1つ、2人の最新ビデオを。こちらはことしの大ヒット曲です。

 アメリカの女性歌手ピンク p!nk がネイト・ルイス Nate Ruess とデュエットした「ジャスト・ギブ・ミー・ア・リーズン Just give me a reason(お願い、わけを言って)」。男女の心のすれ違いを歌った掛け合いの曲を、ラープとシェーンがカバーしています。



 1本目のビデオからわずか2年後ですが、2人ともだいぶ大人になったと思いませんか。

 この歌、男女とも声の上がり下がりが相当激しいですし、特に男声は、サビの部分を、女声と同じ高さの高音域で歌い続けなければなりません。

 そんな ”難度C” の曲ですが、ラープは、最初から最後まで、ブレのない歌唱を聞かせてくれます。サビの部分も余裕すら感じさせます。

 シェーンの、主人公の思いを切々と歌い上げる感じは、2年前のビデオにはなかったんじゃないでしょうか。声にも、どこか一本芯が通ったような。

 2人ともさらに伸びていきそうで、将来が楽しみです。

 フィリピンの若手シンガーといえば、4、5年前、チャリス・ペンペンコが大きな話題を呼びました。

 あどけない顔からは想像もつかない驚きの歌唱力で、天才少女歌手として世界各地のステージに引っぱり出されたチャリス。既にメジャーデビューしています。

Philippines

    (万鐘の南向きアジア地図から、フィリピン関連部分)

 フィリピンは、人口がやがて1億に達するASEAN第2の大国。こうして改めて地図を眺めてみると、沖縄から台湾も近いですけど、そこからフィリピンも本当にすぐ近くなんですね。

 この南向きアジア地図を那覇のジュンク堂書店に卸した時、担当の方が「フィリピン、こんなに近かったですか。これ、フィリピンを近づけていません?」。もちろん、そんなことはしていません。沖縄からフィリピンは本当に近いんです。

 話を戻して、そのフィリピンの若手シンガーたちが歌うのは、外国製の曲だけではありません。

 タガログ語のヒット曲「プソン・バトー Pusong Bato(無情)」をラープがカバーしたビデオを見つけましたので、最後にごらん下さい。数年前の録画のようですが、しみじみ、朗々と歌い上げていて、聞かせます。



bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年04月15日

包み込むようなジャジャの歌声

 アジアの実力派ボーカリスト、第2回は、フィリピンのベテラン女性歌手、ジャジャ・パディーラ Zsa Zsa Padilla。フィリピンには歌唱力のあるボーカリストがたくさんいますが、この人もまさにその1人でしょう。

zsazsa5


 ジャジャ・パディーラの映像をYou Tubeでいくつか集めてみました。静止画が多いですが、まず、タガログ語のガンヤン・キタ・カマハール(Ganyan Kita Kamahal)から。英語ではHow Much I Love Youです。



 ジャジャ・パディーラは1964年、マニラ生まれ。歌手として若い頃から活躍し、女優としても、映画やテレビ番組にたくさん出演しています。

 フィリピンの喜劇王の異名をとった国民的コメディアンのドルフィーと約20年間、家庭を営み、3女をもうけました。36歳年上だった最愛のドルフィーと昨年、死別。You Tubeには、悲しみに沈む彼女のインタビュー映像などが残っています。

 ジャジャ・パディーラはタガログ語の曲ばかりでなく、英語の曲も数多くレコーディングしています。次の曲はイギリスのエルトン・ジョンが作ったスカイライン・ピジョンをジャジャ・パディーラがカバーしたもの。



zsazsarecording


 豊かな声量を惜しみなく発揮するサビの部分だけでなく、ささやくような最初の部分の歌い方も実に巧み。ヘッドホンで聞くと、それがよく分かりますね。

 低めで張りのあるジャジャ・パディーラの声にはどこか温かみがあり、包み込まれるような安心感を覚えます。

 最後に、録音はあまりよくないですが、ちょっと珍しい映像を。

 フィリピンのコリー・アキノ元大統領が2009年に亡くなった時、マニラ大聖堂で営まれた葬儀でジャジャ・パディーラが歌ったビデオです。曲はヒンディ・キタ・マリリムタン(Hindi Kita Malilimutan、あなたを忘れない)。



 ジャジャ・パディーラの歌はこちらで買えます。いい曲がいっぱいありますよ。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック