フィリピン

2017年07月16日

【感動アジアCafe】鍋料理とビナ・モラレス [7/17放送予定]

 FMうるまで毎週月曜夜8時30分に放送している万鐘ももと庵プレゼンツ「感動アジアCafe」。明日7/17(月)は、アジアの鍋料理についておしゃべりします。

RojoNabe
  路上の鍋店で牛鍋を楽しむ女性グループ(ハノイ市)


 東南アジアは鍋大好き文化圏。タイも、ベトナムも、家族や仲間がそろったら「鍋いこか」。そんなアジア各地の鍋料理の実態についてお話しします。
 

 アジアンポップスを紹介する「わくわくアジアンポップミュージック」。明日は、フィリピンの女性歌手ビナ・モラレスVina Moralesです。あきれるほど歌がうまいベテランのボーカリスト。ラガイ・ナン・プソLagai ng pusoとTo live for each otherの2曲をお楽しみ下さい。

Vina3
  ビナ・モラレス


 FMうるまは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても聴けます。

 方法1 ラジオ日本、日本ラジオ、Tunein Radio、myTuner Radio、ListenRadioなど、各種のラジオアプリで「FMうるま」を検索する(Tunein Radioの場合は「fmuruma」と英文字で検索して下さい)

 方法2 専用アプリ「FM聴forFMうるま」をダウンロードする。アプリを開くだけで鳴り出すのでカンタン!

170126ajiacafeflyerOL


bansyold at 11:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年06月18日

【感動アジアCafe】ニンニクとモリセット[6/19放送予定]

 FMうるまで毎週月曜夜8時30分に放送している万鐘ももと庵プレゼンツ「感動アジアCafe」。明日6/19(月)は、アジアのニンニクについておしゃべりしてみます。

garlic
  魚の丸揚げにのった揚げニンニク(ベトナム)

 炒めものに、揚げものに、麺に。沖縄と同じく、アジアはニンニク大好き文化圏!

 ももと庵では、豚しゃぶ素麺に揚げニンニクはマストです ↓

ButasyabusomenGarlic
  ももと庵の豚しゃぶ素麺
 

 アジアンポップスを紹介する「わくわくアジアンポップミュージック」のコーナーは、フィリピンのモリセット・アモンMorissette Amonをご紹介。ジアマンテDiamanteとヒナハナップ・パリンHinahanap Pa Rinをおかけします。

 モリセットはまだ20歳。感動!アジアカフェで取り上げる歌手の中では最年少です。

Morissette
  モリセット・アモン


 FMうるまは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても聴けます。

 方法1 ラジオ日本、日本ラジオ、Tunein Radio、myTuner Radio、ListenRadioなど、各種のラジオアプリで「FMうるま」を検索する(Tunein Radioの場合は「fmuruma」と英文字で検索して下さい)

 方法2 専用アプリ「FM聴forFMうるま」をダウンロードする。アプリを開くだけで鳴り出すのでカンタン!

170126ajiacafeflyerOL


bansyold at 12:30|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年04月09日

【感動アジアCafe】牛乳がない理由とレアサロンガ[4/10放送予定]

 FMうるまで毎週月曜夜8時30分に放送している万鐘ももと庵プレゼンツ「感動アジアCafe」。明日4/10(月)は、アジアには牛乳がない? のお話です。なんで?

PaSom
 ラオスのパーソム(酸魚)

 ところで、熱帯アジアの暑さの中で、冷蔵庫も氷もなしに、生の魚が売られています。なにしろ暑いので、腐らないかな、と気になります。

 話は飛んで。ももと庵で作っている肉みそ。みそより肉が多いのが自慢なんですが、意外に日持ちします。なぜ?

 明日は、そんないくつかのナゾに迫ってみます。どうぞ、お楽しみに。

NM15_LabelK2_485
 ももと庵の肉みそ


 アジアンポップスを紹介する「わくわくアジアンポップミュージック」のコーナーでは、フィリピンが生んだ世界的ミュージカルスター、レア・サロンガLea Salongaを取り上げます。

Lea Salonga
 レア・サロンガ


 FMうるまは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても聴けます。

 方法1 ラジオ日本、日本ラジオ、Tunein Radio、myTuner Radio、ListenRadioなど、各種のラジオアプリで「FMうるま」を検索する(Tunein Radioの場合は「fmuruma」と英文字で検索して下さい)

 方法2 専用アプリ「FM聴forFMうるま」をダウンロードする。アプリを開くだけで鳴り出すのでカンタン!

 どうぞお楽しみに。

170126ajiacafeflyerOL


bansyold at 14:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月22日

ももと庵の壮大な夕焼け

 3時半ごろに閉店して、師走らしく第一回大掃除なぞをしてから、ふと外を見たら、、、すんごい夕焼けが。

Yuuyake1


 ももと庵は、昼間の営業時間は、青い海が見えるレストラン。エメラルトグリーンに輝く海をお楽しみいただいていますが、閉店後の夕焼けもなかなか。きょうは、しばし、見とれてしまいました。

Yuuyake2


 正面は中城湾、その先に沖縄本島南部の知念半島、さらにずっと先にはフィリピン(これは見えません)。左手のずっと先には大東島(これも見えません)、右手のやや後方には、勝連城跡がそびえ立っています。

 500年以上の昔。最後の勝連城主阿麻和利(あまわり)も、その妻の百十踏揚(ももとふみあがり)と並んで、この壮大な夕焼けを眺めていたのでしょうね。

 夕焼けの表情はみるみる変わっていきます。最高の場面はわずか10分ほど。短い短いドラマでした。

bansyold at 21:17|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年12月19日

か細くて力強いレア・サロンガの声

 久しぶりのフィリピーナの登場です。「フィリピン初の」という形容詞がしばしばつくフィリピンきっての実力派シンガー、レア・サロンガを紹介しましょう。

Lea Salonga2


 レア・サロンガといえば、なんと言ってもミュージカル。「ミス・サイゴン」の主役キムで鮮烈な国際デビューを飾り、その後も「レ・ミゼラブル」などに出演してきました。そのレ・ミゼラブルから「オン・マイ・オウン(私ひとり)」をどうぞ。



 1分35秒くらいから、軽やかなイントロとともに「オン・マイ・オウン」が始まります。

 か細さ、かれんさと、逆にものすごい力強さを同時に感じさせるレア・サロンガの声が、会場に響き渡ります。片想いのエポニーヌになりきるレア・サロンガ。2分45秒くらいからの迫力は、ちょっと信じられないほどですね。

 圧倒された聴衆が送る最後の割れんばかりの拍手ー

Lea Salonga1


 レア・サロンガは1971年、フィリピンはマニラの生まれ。ことし43歳になります。芸歴は長く、7歳の時にフィリピンでミュージカル「王様と私」に出たのを皮切りに、「アニー」「熱いトタン屋根の猫」「ペーパームーン」などに出演。テレビ番組でも子役やティーンのアイドルとして活躍しました。

 ロンドンはウエストエンドで上演された「ミス・サイゴン」のキム役に抜擢されたのが1989年、17歳の時でした。次いで、ニューヨークのブロードウェイ版にも出演。そのパフォーマンスは高く評価され、レア・サロンガがキムをやっているからチケットが売れる、とまで言われました。

 ミス・サイゴンでレア・サロンガは、1991年、アメリカ演劇界で最も権威のあるトニー賞のミュージカル主演女優賞を、フィリピン人として初めて受賞。1993年には、冒頭に紹介したレ・ミゼラブルのエポニーヌ役で再び絶賛されます。

 レア・サロンガは、ディズニーなどのアニメでも有名です。ディズニーの「アラジン」「ムーラン」に歌声で出演したほか、宮崎駿監督の「となりのトトロ」英語版にも声で出演しました。

 レア・サロンガは、海外ばかりでなく、フィリピンでももちろん活動しています。

 OPM(Original Philipino Music)と呼ばれるフィリピン産の曲を歌うレア・サロンガの映像を見てみましょう。2009年のライブ映像。1曲目から4曲目までは、タガログ語のラブソングです。



 1曲目はテレビドラマの主題歌「カヒート・イサン・サクリ」。2曲目「バキ・ラビス・キタン・マハル」は、リチャード・プーンがゲストとして登場しながら歌っていますが、実はレア・サロンガの持ち歌です。

 レア・サロンガが歌う3曲目は、オギ・アルカーシのヒット曲「マハル・キタ・ワランギバ」。リチャード・プーンとデュエットする4曲目は、やはり人気テレビドラマの主題歌です。

 OPMはどれも、朗々と歌い上げる部分が織り込まれていて、これぞフィリピンの歌、という感じですね。

 レア・サロンガの声は、相変わらず、か細さと力強さが同居していますが、年齢を重ねて、レ・ミゼラブルの頃よりも中音部の奥行きが増しているようです。


bansyold at 14:30|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年10月05日

アジアの食を知る100枚の写真

 ももと庵の企画「おいしいアジアへようこそ」の最終回が昨夜、開かれ、台風が接近する荒れ模様の中をたくさんの方々にご参加いただきました。

131004oishiiasia1


 ベトナム風鋳込み揚げ豆腐、フィリピン風魚の酢じめ、ラオス風豚肉の香りあえ、などのスペシャルアジア膳を食べていただいた後、インドシナ半島の国々の食に関するスライドを100枚ほどお見せしました。

 タイ、ベトナム、ラオス、カンボジアなどは世界有数の米どころ。ごはん文化はもちろん、米の麺なども盛んに食べられています。ごはんの炊き方、食べ方、おかず、太さや食べ方が多彩な麺などをスライドでお見せしました。

 野菜をたくさん食べるのもアジアの食の大きな特徴です。沖縄では、肉や野菜をいためて食べることが多いんですが、アジアに行くと、焼いた肉と生の野菜をあえた料理もよく出てきます。

 実際に食べていただいたラオス風の豚肉香りあえで言いますと、豚肉を焼いて冷ましてから、生のタマネギやニラ、にんにく、生姜などをたっぷり入れ、魚醤やレモンで味をつけながら、よくあえます。野菜類は火を通さないので、生の鮮烈な味と香りが楽しめるわけですね。

 市場で売られている豊富な野菜もスライドでお見せしました。肉や魚、豆腐などが市場でどんなふうに売られているか、どんなふうに取り扱われているかも紹介しました。

131004oishiiasia2


 冷蔵設備のないところで生鮮食料品の鮮度を保つ技術の一例として、発酵させた生魚の写真を見ていただきました。

 周年30度の常夏の地域で、生の魚が腐敗せずに何日も保てるというのは、冷蔵施設が当たり前の日本ではちょっと信じられないかもしれません。参加されたみなさんも一様に驚かれていました。

 おかげさまで「おいしいアジアへようこそ」は好評のうちに終了しました。また別の季節にスペシャルアジアメニューを企画したいと考えていますので、ご期待下さい。

bansyold at 08:54|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年09月24日

フィリピンの "明日のスター"

 アジア歌手シリーズでは、これまで各国のベテランばかり取り上げてきましたが、今回はぐぐーっと若返ります。

ShaneRhap



 まずこのビデオを見ていただけますか。



 歌っているのは、フィリピンのシェーン・アンジャ・タルン Shane Anja Tarun(女性)とラープ・サラザール Rhap Salazar(男性)。このビデオの時点でシェーン18歳、ラープ15歳です。よく声がのびていますね。

 ラープは、12歳の時に、ロサンジェルスで開かれたパフォーマンスアート世界大会で、ジュニアソロボーカルの世界チャンピオンになりました。カバー曲からなるミニアルバムを出したりしていますが、オリジナル曲をメジャーレーベルから発売するところまではまだいってないようです。

 一方のシェーン。フィリピンのスター誕生番組でかなりいい線まで勝ち残ったのですが、入賞には至りませんでした。こちらもメジャーデビューはまだ。

 というわけで、2人ともフィリピンの「明日のスター」です。2人はユニットではなく、ふだんはそれぞれソロで活動。折に触れてデュエットのMVを制作しているみたいです。

 ビデオの歌は、アメリカのハート Heart がヒットさせ、人気テレビドラマ「グリー Glee」の中でも歌われた「アローン Alone(孤独)」。カナダのセリーヌ・ディオン Celine Dion もカバーしているので、聞き覚えのある方も多いかもしれません。

 もう1つ、2人の最新ビデオを。こちらはことしの大ヒット曲です。

 アメリカの女性歌手ピンク p!nk がネイト・ルイス Nate Ruess とデュエットした「ジャスト・ギブ・ミー・ア・リーズン Just give me a reason(お願い、わけを言って)」。男女の心のすれ違いを歌った掛け合いの曲を、ラープとシェーンがカバーしています。



 1本目のビデオからわずか2年後ですが、2人ともだいぶ大人になったと思いませんか。

 この歌、男女とも声の上がり下がりが相当激しいですし、特に男声は、サビの部分を、女声と同じ高さの高音域で歌い続けなければなりません。

 そんな ”難度C” の曲ですが、ラープは、最初から最後まで、ブレのない歌唱を聞かせてくれます。サビの部分も余裕すら感じさせます。

 シェーンの、主人公の思いを切々と歌い上げる感じは、2年前のビデオにはなかったんじゃないでしょうか。声にも、どこか一本芯が通ったような。

 2人ともさらに伸びていきそうで、将来が楽しみです。

 フィリピンの若手シンガーといえば、4、5年前、チャリス・ペンペンコが大きな話題を呼びました。

 あどけない顔からは想像もつかない驚きの歌唱力で、天才少女歌手として世界各地のステージに引っぱり出されたチャリス。既にメジャーデビューしています。

Philippines

    (万鐘の南向きアジア地図から、フィリピン関連部分)

 フィリピンは、人口がやがて1億に達するASEAN第2の大国。こうして改めて地図を眺めてみると、沖縄から台湾も近いですけど、そこからフィリピンも本当にすぐ近くなんですね。

 この南向きアジア地図を那覇のジュンク堂書店に卸した時、担当の方が「フィリピン、こんなに近かったですか。これ、フィリピンを近づけていません?」。もちろん、そんなことはしていません。沖縄からフィリピンは本当に近いんです。

 話を戻して、そのフィリピンの若手シンガーたちが歌うのは、外国製の曲だけではありません。

 タガログ語のヒット曲「プソン・バトー Pusong Bato(無情)」をラープがカバーしたビデオを見つけましたので、最後にごらん下さい。数年前の録画のようですが、しみじみ、朗々と歌い上げていて、聞かせます。



bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年09月18日

おいしいアジアを楽しむ

 ももと庵の初イベント「おいしいアジアへようこそ」の第1回を、きょうのお昼時に開催しました。

 ふだんのももと庵メニューとは違うアジア料理を楽しみながら、その素材や背景をスライドで見ていただく企画です。地元の常連客を中心に、那覇方面から来られた方、さらには、飛び入りの観光客も。

Oishii_Asia


 お出ししたのは、ラオス風の豚肉香りあえ、ベトナム風鋳込み揚げ豆腐、フィリピン風の魚の酢じめなど。

 ベトナムやラオス、タイの市場で売られている野菜をひとつひとつ見ていくと、7、8割は沖縄で作られている野菜と重なることなどをスライドでお見せしました。

 逆に、沖縄では既に忘れ去られているがアジアでは広く食べられている野菜の例として、スベリヒユ、勝連かいわいでは方言でニンブトカーと呼ばれていた野菜のスライドを映したところ、参加者の女性から「そういえば、昔、食べました」との反応が。便秘にいいので、便秘気味の時には特に食べさせられた記憶がある、とのことでした。

 沖縄ではチャンプルー料理のように、肉や野菜をいためた料理が多いのですが、アジアでは、肉や魚は加熱し、野菜は生のままあえる料理も盛んです、と紹介しました。

 例えば、きょうお出ししたラオス風の豚肉香りあえには、玉ねぎ、にんにく、生姜はもちろん生で入れますし、ニラ、からし菜も生であえてあります。生ですと、やはり香りが鮮烈になります。

 幸い、きょうのアジア料理は参加者のみなさんの口に合ったようで、ほぼ完食していただきました。

 当初は定休日の毎週水曜日の昼時を利用して、と考えていたのですが、平日の昼間では行きようがないとのご意見があったので、日程を次のように少し変えました(チラシと違ってきますので、ご注意下さい)

 第2回 9/25(水)12:00-13:30
 第3回 10/4(金)18:30-20:00

 第2回、第3回は席がまだ空いていますので、ぜひどうぞ。おいしいアジア料理数品とアジア料理の背景を知る100枚のスライドをお楽しみ下さい。098-923-0725まで、ご予約を。


bansyold at 20:13|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote