ラフテー

2015年06月20日

間もなく開店3周年

 みなさまに支えられて、万鐘ももと庵は6/23(火)で開店満3周年を迎えます。開店とほぼ同時に店内で育て始めたヤシの木がすっかり大きくなって、高い天井に届きそうです。

IMG_7461

 
 15世紀にアジア貿易で繁栄した勝連城。勝連城のかつての正門だった南風原御門近くにあるももと庵は、その歴史ロマンにちなんで、アジアンアレンジの品をいろいろ出してきました。昨年12月からは「しっかりアジアン」と題して、正統派に近いアジアンメニューもいくつかデビューさせました。

 たとえばベトナム風揚げ春巻き素麺膳。ベトナムで使われる米麺のブンは沖縄では入手できないので、素麺に置き換えましたが、それ以外は、ほぼベトナム式で召し上がっていただいています。パリパリの春巻きと刺激のある生野菜に、麺と甘酢だれがよく合います。

Harumaki


 日本のレストランで食べられるアジア料理というのは、全体のほんの、ほんの、ほんの一部。アジア各地には、日本で全く紹介されていないおいしい料理がまだまだあふれかえっています。そんな多彩なアジアの食を、これからも手を変え品を変えして、味わっていただくつもりです。

 沖縄にはアジア各地との共通点があります。写真はベトナムの市場ですが、これを見たラジオパーソナリティの上原直彦さんは「名護の公設市場かと思った」とポツリ。並んでいる野菜の多くが沖縄にもあるからでしょう。

Viet_Vege_MarketL485


 一方、沖縄は間違いなく日本であることを示す食文化もたくさんあります。ダシ文化はまさにその真骨頂。ももと庵メニューでは、かつお、煮干しのダシと豚のうまみを重ねた豚しゃぶ素麺の味は、まさにそれです。

 ごはんによく合うラフテーの甘辛味も典型的な日本の味。ももと庵のラフテーは、沖縄県代表として47Clubの「究極のおせち」に参加した品で、現在も人気メニューです。

Lafute18


 3周年記念として、6/23(火)に来店のお客様には、ランチプラスドリンクを無料でサービスいたします。前回ブログ記事で書いたパッションプリンのミニデザートがつきますよ。ぜひお越し下さい。

bansyold at 18:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年07月11日

ももと庵のアジアンって?(上)

 ももと庵は沖縄料理なの?、それともアジアンエスニック料理なの? とよく聞かれます。うーん、どっちでもあるといえばそうなんだけど、どっちでもないとも言えるし…。??? いったい何なんでしょう(笑)

 ラフテーのようにほぼピュア沖縄料理と呼べるものももちろんありますが、では、ももと膳の冷しゃぶ+アジアだれ、というのは、何と表現したらいいのか。

Lemongrass4


 素材で言うと、沖縄素材を中心に、手に入るものは何でも、です。もちろん「とてもおいしいもの」しか使いません。

 例えば、東南アジア産の魚醤は、運んできても劣化しないですし、ていねいに選べば、しっかり作られていておいしいものがたくさんあるので、ももと庵ではいろいろな味つけに使います。

 沖縄にもスクの塩辛スクガラスがあるように、魚醤特有の塩辛風の味にはそれほど違和感はありません。

 一方、アジアエスニック料理でほとんど不可欠とも言えるレモングラス。例えば、レモングラスが入らないタイのトムヤンクンなんて、ちょっとイメージできないですよね。

 冒頭の写真は、ラオスの市場で見かけたレモングラスですが、根元の部分がしっかり太くなっていて、白ネギのように、その部分をみじん切りにするなどして使います。やはり香りが鮮烈です。

Lemongrass2


 このレモングラス、今のところ、ももと庵では使っていません。

 もちろん、沖縄でもレモングラスは育ちます。実際、何度か育ててみたんですが、どうも「ぎりぎり」という感じで、熱帯アジアのようにはなかなか育ってくれないんです。

 これはもっぱら気候の違いによります。沖縄は日本では常夏のイメージが強いですが、冬場は15度前後の日がかなりの期間、続くため、料理に使う根元の部分がしっかり太くなりません。香りもイマイチなので、うーん、どうしたものかな、というところです。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年12月26日

ラフテー作りに大忙し

 47CULB「究極のおせち」入りすることになった万鐘のラフテー。暮れの万鐘ももと庵は、その製造に追われています。

LafuteB1,jpg


 ラフテーを作るには、皮付きの豚三枚肉をドーンと使います。ラフテーは、脂分の抜けた脂身のとろとろ感と、コラーゲンの固まりである皮のふるふる感が命。

 下処理した三枚肉を、固まりのまま煮汁とともに加熱します。1枚の三枚肉を加熱する時間は2時間余り。なんとも時間のかかるスローフードです。

 よくあるラフテーは切ってから煮込みますが、万鐘ももと庵のラフテーは煮てから切ります。というのはー

 ひとつは、固まりのまま加熱した方が肉のうまみが逃げにくいこと。小さく切って長時間煮れば、うまみを含んだ肉汁がどうしても外に出てしまいます。

 もう一つは、煮てから切った方がきれいな形に仕上がることです。ハレのお正月を飾る究極のおせちですから、やはりきれいな姿の方がうれしいですよね。

 煮込んだ後に、煮汁ごと常温で冷まし、さらに冷蔵庫に入れて冷やします。三枚肉から出てきた脂分が煮汁の表面に白く固まりますので、そのほとんどを取り除きます。

 冷やして、よく身が締まった状態で切り分けると、切り口がきれいに仕上がります。究極のおせち用には、重箱にうまく収まるようにカマボコ型に切ります。ももと庵で1/11から召し上がっていただくものは、四角い形に。

 これを温めた煮汁にひたして味を含ませながら、さらに脂を抜きます。既にとろとろ、ふるふるの状態なので、よほどていねいに取り扱わないと崩れてしまいます。慎重に、慎重に。

 これで万鐘のラフテーが完成しました。

 ことしのブログは今回が最後の更新になります。みなさん、どうぞ、よいお年をお迎え下さい。

bansyold at 22:18|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年11月18日

究極のラフテーを期間限定で

 47CLUBの「究極のおせち」をご存知ですか。全国47都道府県の各地の一押しの名産を重箱に詰めたぜいたくなおせちとして人気です。

 この究極のおせち。ことしは、沖縄から、万鐘ももと庵のラフテーが重箱の一角を飾ることになりました。沖縄ならではの皮付き豚三枚肉をじっくり煮上げたラフテーです。

Lafute15


 究極のおせちの仲間入りしたこのラフテーを、ももと庵でも召し上がっていただくことにしました。少し先になりますが、新年1/11(金)から2月末までの期間限定です。

 ラフテーは、脂身のたっぷりついた三枚肉を使います。じっくりと煮込みながら脂分を落としていきますが、さらに蒸し工程を入れると、効果的に脂を抜くことができます。しっかり脂の抜けた三枚肉は、とろとろした舌触りが楽しめます。

 皮はコラーゲンの固まり。煮汁の色がゼリー状の皮にしみ込むと、ラフテーらしい色とツヤになります。おはしで切れるくらいの柔らかさです。

Lafute16


 ラフテーの味は、黒砂糖、白砂糖、醤油、泡盛でつけます。特に大切なのが泡盛。これをたっぷり入れないとおいしくなりません。

 究極のおせちでは、重箱に詰めることもあり、かまぼこ型に切っていますが、ももと庵でお出しするものは、写真のように四角い切り方を予定しています。

 とろっとろの食感をどうぞお楽しみ下さい。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote