勝連城

2016年03月16日

読売新聞にアジアンが掲載されました

 ちょっとごぶさたしてしまいましたが、お元気でしょうか。最近、読売新聞の全国版にアジアン肉みそが掲載され、静かな反響の波が来ています。

160308Yomiuri485


 勝連城の阿麻和利の時代に盛んだったアジア貿易。それにちなんで作ったアジアン肉みそについて、詳しく紹介して下さいました。

 掲載当日以来、北海道から九州までの各地から電話やインターネットで注文をいただいています。ありがとうございます。当初はかなり混み合ったため、電話が受けられないこともあり、ご迷惑をおかけしました。

 アジアン肉みそはごはんはもちろん、卵焼きや中華麺、豆腐などにもとってもよく合います。エビとごま油の香りを立て、コチュジャン、にんにく、魚醤などをブレンドしています。うまみたっぷりで、ちょっと甘く、ちょっと酸っぱく、ちょっと辛い。そんな味です。

 そうそう、万鐘の肉みそはどれもそうなんですが「みそより肉が多い」んですよ。原材料は、多い順に書くのがルールなんですが、万鐘の肉みそは「豚肉」がトップ。

 「それじゃあ、肉みそじゃなくて、みそ肉じゃないの?」と言われたことがあります。確かに、そうかも。

 ご注文はこちらの万鐘ネットショップで。トップページ左側の「肉みそ」カテゴリからお入り下さい。
 

bansyold at 03:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年01月07日

正月の勝連城

 毎年、正月には勝連城に登っています。ことしは1/2の午後に登りました。一番上の「一の曲輪(くるわ)」から見た太平洋です。正面の島かげは、沖縄本島南部の知念半島。

Shogatsu2


 勝連城の正門だった南風原御門跡の入口は、ももと庵からわずか数十メートルの距離。目と鼻の先なので、そこから登ろうと思えば毎日でも登れるのですが、ちょっときつい勾配だったりすることもあって、実際にはなかなか、、、。

 正月は、三が日から人が絶えません。この日もガイドさんが観光客を案内していました。

Shogatsu4


 こちら↓が三の曲輪から二の曲輪に上がるところの石垣。急勾配なので、息が切れます。

 それにしてもこの石垣、空間の形にピッタリ合うように一つひとつ形の違う石をコツコツ成形して組み合わせていったわけで、電動工具も測量器具もない時代の土木技術の高さを感じます。

 重たいですから運ぶのも大変だったはず。完成までにいったい何年かかったんでしょうか。

Shogatsu3


 頑張って一気にてっぺんの一の曲輪まで上がると、小さな広場のようになっていて、四方が見渡せます。まさに絶景。ここに阿麻和利(あまわり)と妻の百十踏揚(ももと・ふみあがり)のいる館があったはずです。

Shogatsu6


 下って、大勢の人々が帰るのと反対の、南風原御門があった海側に出る道へ向かいます。木が自然のアーチを作っています。ここを下って城跡を出ると、すぐ左手がももと庵です。

Shogatsu5


bansyold at 16:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年01月24日

ラーメン大図鑑に載りました

 ももと庵はラーメン店ではないのですが・・・なんと「ラーメン大図鑑」に、それも巻頭の特集記事で掲載されました。

150523Ramendaizukan1B


 前回の記事でお話ししたレストランガイド「おきなわ倶楽部」の別冊「ラーメン大図鑑」がこのほど発行されました。その巻頭の特集記事に、ももと庵の「アジアン汁なし牛肉麺」が載ったんです。

 もちろん、アジアン汁なし牛肉麺はラーメンではありません。甘酸っぱいアジアン味の混ぜ麺です。

 トレンドが「混ぜ麺」と「牛肉」ということなので、その両方を満たすアジアン汁なし牛肉麺を見つけた編集部の方が「これだ!」と白羽の矢を立てられたようです。

 発行ホヤホヤの内容を全部ここで書いてしまうのはさすがに申し訳ないので、さわりをちょっとだけご紹介しましょうね。

 「世界遺産・勝連城跡のふもとの店にも牛肉の流行がビンビン来ている」

 「干しエビやコチュジャン、ゴマ油などで作ったオリジナルの海老味噌ダレで味付けしているが、意外にもあっさりした口当たりがとてもヘルシー」

 という調子で進み、最後はこんな締めくくりが。

 「勝連城最後の城主・阿麻和利にも食べてもらいたかったなぁ」

 ホント、阿麻和利、百十踏揚(ももとふみあがり)夫妻に食べてもらいたかったです。

 県内のコンビニに置かれていますので、ぜひご覧下さいね。県外の方はこちらのおきなわ倶楽部のFacebookページでラーメン大図鑑の雰囲気をどうぞ。

bansyold at 10:02|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年06月24日

おかげさまで2周年

 万鐘ももと庵は6月23日で2周年を迎えました。

140623Tennai2


 ももと庵は「一体、どこにあるの?」とだれもが思うような奥まった場所にあるのですが、そんなところを熱心に訪れて下さるみなさまに支えられて、おかげさまで2周年を迎えることができました。

 開店時は「ももと膳」「炭火焼豚重膳」「ハンバーグ膳」「ひき肉とナスのカレー膳」のたった4つしかなかったメニューも、その後じわじわ増えて、今では12種類になりました。詳しくはこちらのHPをごらん下さい。

 店の目の前にドンとそびえる世界遺産・勝連城跡。15世紀ごろ、アジア貿易で財をなし、首里王府を震撼させた歴史ロマンの舞台です。店からは、勝連城跡がとても大きく見えます。

140623Katsurenjo2


 満2周年にあたって、製造部門の一番人気商品「万鐘肉みそ」を6年ぶりにリニューアルします。「黒糖」「にんにく」の2味に加え、新商品「アジアン」も登場します。どうぞお楽しみに。

bansyold at 11:10|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年06月20日

のっぽのパンフ、できました

 ももと庵の新しいパンフレットができました。左が従来のもの、右がちょっとのっぽの新しいパンフレットです。

1406Pamph1


 なぜのっぽにしたかと言えば、観光案内所などのパンフレット立てに入れるためなんです。ちっちゃいと埋没してしまって、どうにもなりません。A3を縦4つに折った状態なので、実際、かなりののっぽです。

 広げると、勝連城跡の頂上から見た青い海の写真が広がるしかけ。同じ写真でも、こうして大きくして見ると、なかなか迫力がありますよ。

 1406Pamph2


 内側に収まっている部分はこんな感じです。小さい字がびっしり。メニューの説明、ももと庵のアジアンとは、百十踏揚(ももと・ふみあがり)の物語、ももと庵周辺の歴史スポットなどなど、もりだくさんの情報です。

1406Pamph3


 観光客の方は、ホテルでのんびりと寝転がった時にでも読んで下さいね。百十踏揚の物語なんぞを読んで、勝連城の歴史ロマンを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。


bansyold at 18:58|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年02月04日

与並本の引用、終わりにします

 今回は、ごめんなさい、をお伝えする記事です。

 与並岳生さんの歴史小説『琉球王女・百十踏揚(ももとふみあがり)』をテキストにした勝連城歴史ロマンが、すっかり止まってしまっています。続きが書けないものかと考えていたのですがー。残念ながら「これ以上は無理」という結論になりました。

bookmomoto9


 前回、「渦巻く思惑」と題して、尚泰久(しょう・たいきゅう)王妃、つまり百十踏揚の母ですが、この王妃没後の護佐丸(ごさまる)、阿摩和利(あまわり)、金丸(かなまる)、尚泰久王らの変化を綴りました。

 与並さんの著書では、この後、いよいよ、阿摩和利を大将とする首里軍の護佐丸討伐が描かれます。

 この本の真骨頂は、いくさの活写というよりも、最終的にそうした行動をとらざるをえなくなるまでの各登場人物の心理を、驚くほど精緻に描いているところにあります。それは息詰まるような思惑や、思い込み、思い違いの交錯です。

 第4回までで紹介した後について、もし書くとなると、この息詰る心理の交錯にどうしてももろに触れざるをえなくなってしまいます。

 しかもー

 実は、与並さんは、この小説で、登場人物の人間関係に、重大なある「設定」を埋め込んでいます。

 第4回以降の部分では、この設定が物語の各所に現れ、登場人物の心理や行動を大きく左右するようになってきます。つまり、これ以上、内容を紹介すると、手品の種明かしをするようなことに、どうしてもなってしまうんです。

 というわけで、このブログ読者のみなさんには大変申し訳ないのですが、この本をテキストにした勝連城歴史ロマンの紹介は、前回までで終わりにすることにしました。

 ゾクゾクするようなこの後の物語を楽しんでいただくには、与並さんの本をぜひお読み下さい。文字通り、手に汗握る展開が待っていますよ。

 本は、沖縄県内各書店やももと庵のほか、e-honなどでも買えます。

 あまりに面白くて、読み出したら止められなくなり、他のことが手につきません。仕事が忙しい時期や試験前に読み始めるのはやめておいた方がいいかも、です。

 勝連城の歴史ロマンについては、改めて別の形で紹介していきますので、どうぞお楽しみに。 

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年12月20日

勝連城跡の周辺整備がスタート

 ももと庵のある勝連城跡周辺がいよいよ本格的に整備されることになりました。うるま市がその基本計画を策定。昨夜、市民説明会が開かれ、100人ほどの市民が集まりました。

KatsurenjoSeibi1


 計画のうたい文句は「世界遺産である勝連城跡および周辺地域を、うるま市の歴史文化の拠点として、また市民や来訪者などの人々が交流し、文化・観光の振興に資する空間として整備を図る」。ちょっとカタくて長い文ですけど、まさにそういうことでしょう。

 今の勝連城跡周辺は、世界遺産のある場所とは思えないほどの未整備ぶり。これでは、せっかくの歴史ロマンも伝わりませんし、「にぎわい」もあまり感じられません。

 勝連城跡本体以外にあるものといえば、駐車場と休憩所、その中にある名産品店の「うるまーる」。周辺のお店と言えば、パーラー2軒と万鐘ももと庵のみ、という、かなり寂しい状態です。

KatsurenjoSeibi2


 計画は、勝連城跡ゾーン、拠点ゾーン,観光誘導ゾーンなどからなります。

 勝連城跡ゾーンは、城跡内の城壁や門などの復元整備を行います。世界遺産として、勝手にいじることはできないため、史実に照らした復元を進める、との説明でした。

 一方、拠点ゾーンは、現在の駐車場のある一帯で、1枚目の絵では、中央を走るシンボルロードの左側になります。ここに勝連城資料館や地域特産品の販売施設が新たに建設され、オフィシャルな情報発信や駐車場などの拠点機能を担います。

 観光誘導ゾーンは、ももと庵のある場所から太平洋側の一帯。飲食店や店舗の誘導、駐車場や休憩所の整備、南原漁港の活用などが想定されています。にぎわいをもたらす民活ゾーン、ですね。

 歴史公園としての落ち着きのある空間と、それにふさわしいにぎわいをどう実現するか。官民ともにアイデアと力量が問われます。もちろん、ももと庵も、その一部として、取り組みに積極的に参加します。

 昨夜の市民説明会では、1時間以上にわたって、熱心な質問や意見が次々に出され、参加した人たちの関心の高さをうかがわせていました。

 7年後の完成が目標とのこと。まだだいぶ時間がかかりますが、どうぞお楽しみに。勝連城周辺の整備事業に関する動きは、これからもこのブログでお伝えしていきます。

 

bansyold at 08:56|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年11月19日

百十踏揚、勝連の阿摩和利に嫁ぐ

 勝連城の歴史ロマン、その3回目。いよいよ百十踏揚(ももと・ふみあがり)が勝連城の阿摩和利のもとに嫁ぎます。テキストは、与並岳生「琉球王女・百十踏揚」。引用を許可して下さった与並さんに御礼申し上げます。

Katsurenjo2

(嫁ぐ百十踏揚が上陸した南風原の港を勝連城の頂上から見る)


 「お国の花」と讃えられるほどに美しく成長した百十踏揚(ももと・ふみあがり)。踏揚は、父の琉球国王・尚泰久(しょう・たいきゅう)にとって、目の中に入れても痛くない愛娘でした。

 その一方、首里王府は、第1回で書いた志魯・布里の乱で焼失した首里城をようやく再建して、面目を保ちながらどうにか明の冊封使を迎え入れるなど、乱れた国を必死で安定させようとしていました。

 首里にとっての不安要因は、なんといっても勝連でした。独自の海外貿易で大きな財をなし、天下をうかがう阿摩和利の力を首里は本気で恐れていたのです。

 尚泰久の懐刀だった重臣の金丸は、いくさを避け、平和裏に勝連を抑えるには、王女の百十踏揚を阿摩和利に嫁がせるしかないと尚泰久に進言します。政略結婚です。

 尚泰久は悩みますが、国の安定のために私情を捨て、意を決して、百十踏揚に勝連に嫁ぐよう言います。

 天下をも狙っている梟雄(きょうゆう=悪党の首領)などと言われている阿摩和利。百十踏揚は、しかし、健気にもこれを受け入れました(阿摩和利の妻だった前按司の娘は、転落死した父の後を追って身投げしていました)。

 1456年の春ーー。吉日を選んで、朝日の中を輿入れ行列が首里城を出発します。総勢200人あまりの、絵巻のような行列は、首里から東進して与那原へ。与那原の港で、迎えに来ていた勝連の輿入れ船に乗り、海路、勝連に向かいます。

 船が着いたのは、勝連南風原(かつれん・はえばる)の港。そこで南風原親方の出迎えを受けた後、百十踏揚一行は、目の前にそびえ立つ勝連城に向かいます。勝連城には正門の南風原御門(はえばる・うじょう)から入りました(南風原港から南風原御門までの道は、ちょうどももと庵の目の前。下の地図をごらん下さい)。

131117 mmt map


 南風原御門をくぐった先の広い城庭の中央に、豪華な金襴衣装をまとった阿摩和利が待っていました。

 輿が下ろされ、踏揚が降り立つと、ほう……、というどよめきが。「お国の花」と讃えられる百十踏揚のあでやかさに、居並ぶ人々は目を奪われたようでした。

 いよいよ2人が初めて顔を合わせる場面。与並さんの著書から引用させていただきましょう。


(とうとう、来た……)
 もはや、引き返せない気持ちで、踏揚は輿の前に立った。ここまで来たら、覚悟を決めるほかないのだが……、それでもまだ、目を上げる勇気はなかった。
 眼前には、その人――阿摩和利按司がいるはずだ。
 どんなお姿の方であろうか……。恐れと期待に身が震えてくるのを抑えきれなかった。
(中略)
 ひたひた……という、迫ってくる気配を感じた。
 それが止まった。
 踏揚は身を固くした。
「阿摩和利でござる。遠路、ご苦労でござった」
 いきなり、声が落ちた。邪気の声……を聞くのではないかと、恐ろしい思いに息を詰めていたのだが、意外にも、涼やかな声であった。


 天下を狙う梟雄とうわさされていた阿摩和利です。さぞや荒々しい怖い顔だろう、黒々としたひげをたくわえた厳めしい顔立ちに違いない、と想像していた百十踏揚。ところがーー


 目の前に立っていたその人は、意外にも若々しく、口髭は立ててはいるものの、顎髭もなく、火に焼けた精悍な顔立ちながら、照れたような微笑を湛えて、何となく優しさを漂わせていたのである。
(まさか、このお方が……)
と、疑う気持ちさえ湧いた。


Haebaruujo4

(踏揚が入った勝連城正門「南風原御門」跡付近から太平洋を臨む)


 勝連は田舎だが、みな踏揚の輿入れを喜んでいるので、どうぞ気を楽にしてお過ごし下さい、と阿摩和利は踏揚に語りかけます。


 王女に対する敬いを込めた言葉遣いながら、言葉は何だかブツ切りに、調子っぱずれだった。
「はい……」
 と、踏揚は答えたが、心はすっかり和んでいた。
(こんなお方だったのだわ……)
 安堵感が湧いた。


 こうして勝連城での阿摩和利と百十踏揚の新しい生活が始まったのでした。

 与並岳生「琉球王女・百十踏揚」はアマゾン楽天セブンネットショッピングなどでお求め下さい。ももと庵でも取り扱っています。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote