古琉球

2011年05月29日

外交を外注していた古琉球の王国

沖縄を創る人 第20回
 歴史家 上里隆史さん(上)


 7月から放映予定のNHK「BS時代劇 テンペスト」で時代考証を担当した歴史家、上里隆史さんに会った。琉球王国は意外な素顔を持っている。上里さんは、そんな王国の姿をさまざまな形で一般に伝えてきた。

UezatoT8


 上里さんは首里の出身。琉球大で琉球史を学んだ後、琉球を含む東アジアの国際関係史研究をさらに深めるため、東大史料編纂所で研究生として学び、さらに早大で修士号を取得した。現在は沖縄に戻り、琉球史コンサルタントとして活躍している。

 歴史家と言えば、大学や研究所に所属している人が多いが、上里さんは違う。在野の歴史家、だ。

 「大学に所属すると学内行政などに時間がとられて思うように研究できないことがありますし、どうしても機動力が落ちると思いまして。専門的研究と一般向けの普及活動を自由に行き来したかったので、あえて在野でやっています」

 琉球史の専門的知識には、実はさまざまなニーズがある。琉球史に関する講演会や一般向け書籍の執筆に加え、大手旅行代理店の依頼で「テンペスト」ツアーの監修やガイドの育成研修をするといった仕事も入ってくる。

 その上里さんが語る琉球王国像はエピソードに満ちていて、分かりやすく、興味深い。今回と次回で、その一端を紹介したい。

 琉球王国は、アジア貿易で経済を繁栄させた。しかし、そのありようは時代によって違っていた。1300年代から1500年代の古琉球の時代と、日本の江戸時代にあたる1600年代以降の近世琉球の2つに大きく分けられる。今回は古琉球の話を。

 「古琉球の時代の琉球王国は、琉球に来ている外国人に外交をアウトソーシング(外注)していました」

 上里さんがいきなりパンチを繰り出した。外交の外注!

 上里さんによると、テンペストの舞台になった江戸時代の琉球王国には官僚養成システムがあったが、古琉球の時代は、公的教育機関で自前の人材育成を行うのではなく、那覇にいた外国出身者の力をそのまま活用していた。

 例えば、朝鮮と交渉するのに、対馬や博多出身で日本と朝鮮を行き来する那覇在の貿易商人を使い、公式の琉球代表として朝鮮に派遣した。商人にとっても、琉球の代表使節という肩書きによって自らの貿易を拡大できるメリットがあった。

 中国との外交は、那覇の久米村にいた中国出身者を使った。東南アジアでは中国語が通じたから、そちらとのやりとりも久米村人材が担った。室町幕府とは、日本出身者が交渉した。例えば、日中琉をまたぐ禅宗の国際ネットワーク下で、首里の円覚寺の住職をしていた京都・南禅寺出身の僧侶が、琉球の公式の代表として室町幕府と交渉したりしていた。

UezatoT6


 なんという国際的なダイナミズム。そこには、琉球人より京都出身者の方が先方の事情や慣習に詳しいから、という合理主義があり、同時に、そういう人材ならば相手の弱点もよく知っている、という計算もあったはずと上里さんはみる。

 「こういうやり方は琉球王国だけではないんです。交易によって成り立っていた国は、みなその傾向がありました。例えば、マラッカ王国でも貿易長官は外国人だったりしたんです。当時の交易国家には、現在の国民国家のような意識はあまりなかったと思います」

 沖縄は珊瑚礁の島なので、船が入れるのは、当時は那覇港と北部の運天港に限られていた。特に那覇は、琉球で唯一都市の姿をしており、経済、政治、文化のすべてが集中していた。1300年代後半から日本と中国の往復は琉球を中継地にするルートが一般的になったこともあり、那覇は各国の商人、日本の僧侶や医師などが行き交う国際都市になっていた。

 商人はもちろん貿易のために来琉した。日本の医師は、当時の先端技術だった中国の医療を学びに来た。僧侶は基本的には布教のために沖縄に来るのだが、当時、数少ない知識人でもあった僧侶を琉球王府は最大限に活用した。例えば、漢文を自由に読み書きできた彼らに、数多くの石碑の碑文を書かせたりした。そんな石碑は今も首里界隈にたくさん残されている。

UezatoT1


 逆に那覇港から、そのルートに乗って、数多くの琉球人が日本に渡った。例えば、京都の大徳寺には、1500年代に琉球の禅宗の信者などがたくさんやってきた、との記録がある。日本とのつながりは強かった。

 「薩摩の侵攻を受けた後の江戸時代の近世琉球より、それ以前の古琉球の方がかえってヤマトっぽかったんじゃないかと思います」

 ヤマトっぽいではあっても、あくまで琉球流。例えば、日本では、日本産のひらがなを公的な文書に使うことはなかったが、琉球はこれを使った。同時に、日本式の花押ではなく、中国式で捺印。年号も中国式だった。

 あるいは、王府がとりおこなった正月の儀式では、中国風の衣服を着つつ、儀式の内容は陰陽道に由来する日本風のものだったりした。ヤマトのものをたくさん取り入れてはいたが、それらは琉球独自にアレンジされたものだった。

 江戸時代になると、事情は一変する。その話は次回に。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年04月24日

[第52話 沖縄] 歴史の荒波に翻弄された王女

 世界遺産に登録された勝連城跡を訪れる人は年々増えている。だが、この勝連城を舞台に何が起きたのか、知る人は少ない。古琉球の世界は、沖縄の学校でもさほど詳しく教えないし、ましてや本土では全く扱わないからだ。これでは、あまりに背景知識がなさすぎて、せっかくの世界遺産も歴史のロマンを感じるところまではなかなかいかない。

Katsurenjo3


 勝連城跡のふもとには資料室がある。そこにはパネルなどで解説が用意されているが、やや教科書的。もっと楽しく歴史のロマンを感じる方法はないものかー。と探してみたら、格好の本があった。

 与並岳生作「琉球王女 百十踏揚(ももと・ふみあがり)」。勝連城最後の城主阿摩和利(あまわり)の妻となった首里王朝の王女百十踏揚を主人公に、怒濤の時代を描いた長編歴史小説。上下2段組、761ページのズシリと重い大作だ。

Katsurenjo1


 阿摩和利と首里王朝との確執は、歴史ファンにはたまらないエピソードに満ちているが、何しろ15世紀のこと。残された史料が限られており、それも伝承が中心のため、論証は困難な部分が多い。が、逆に、史料の隙き間を想像力で補っていくという別の楽しみがあるともいえる。この作品も、史実と想像とのバランスの上に大河ドラマが展開され、読み手は古琉球の世界へグイグイと引き込まれていく。

 あらすじはこうだ。首里城の国王、尚泰久(しょう・たいきゅう)は、琉球を統一した尚巴志以来の不安定な王権を安定させることを目指していた。当時、勝連は首里の支配下に入っているとはまだいえなかった。

 流れ者から身を起こし、持ち前の才覚で、ついには勝連城の主となった阿摩和利は地元民から大いに慕われていた。その阿摩和利ににらみを効かせるため、尚泰久は、首里と勝連の中間にある中城に護佐丸(ごさまる)を配した。護佐丸は、尚巴志に仕え、統一の戦闘で天下にその名をとどろかせた武将で、尚泰久の岳父でもあった。

 首里に対峙して天下をうかがう勝連の阿摩和利を懐柔するため、尚泰久は臣下の金丸の進言を受け入れ、「国の花」と言われた愛娘の百十踏揚を阿摩和利に嫁がせる。尚泰久は明からの使節による冊封を控えており、何としてもいくさを回避したかった。冊封は、中国皇帝が周辺諸国の君主と形式上の君臣関係を結ぶこと。

Katsurenjo4


 百十踏揚が阿摩和利に嫁いでからは、首里と勝連との緊張は解け、しばしの平和が訪れた。やがて護佐丸の娘の王妃が病死し、護佐丸の首里王家との縁がやや薄らぐ中で、金丸は、自分を排除しようとする護佐丸に危険を感じる。護佐丸をなきものにしようと企んだ金丸は、「護佐丸謀反」を尚泰久王を含む周囲に信じさせることに成功する。

 金丸は、護佐丸征討軍の総大将に、王婿である阿摩和利を据える。百十踏揚は、自分の祖父である護佐丸を夫の阿摩和利が討とうとするのを必死で止めようとしたが、護佐丸謀反を信じ込んだ阿摩和利は聞き入れない。

 しかし、護佐丸討伐の闘いの最中に、護佐丸の軍使から届けられた手紙には、驚くべき事実が記されていた。なんと、阿摩和利は護佐丸の落とし胤だったというのだ。阿摩和利は戦闘を中止しようとしたが、護佐丸は南から攻める首里軍にやられてしまう。

 阿摩和利は金丸の陰謀にようやく気づき、「父」の滅亡に自ら手を貸した罪にさいなまれる。その苦悩する姿を見た百十踏揚は、阿摩和利を許す。しかし金丸は、謀略に気づいたであろう阿摩和利をすかさず次の標的にして「謀反人」に仕立て上げる。挙兵直前に首里軍の武将鬼大城が百十踏揚を勝連城から強引に脱出させ、夫阿摩和利に添い遂げる決意だった彼女の心は再び切り裂かれる。

 首里城に戻らされた百十踏揚は、父の尚泰久に金丸の陰謀と護佐丸、阿摩和利の無実を必死で訴えるが、聞き入れられず、首里軍はついに阿摩和利を討つ―。

 こうして、身も心もボロボロにされた百十踏揚は、今度は、こともあろうに、最愛の夫阿摩和利討伐の総大将を務めた鬼大城に嫁がされる。時が過ぎ、尚泰久亡き後、後継の王の専横ぶりに危機感を覚えた金丸は、ついに王を廃し、自ら玉座に上る。その結果、前王統の血をひく百十踏揚は再び追われる立場に―。

 歴史の荒波に翻弄され続けた王女百十踏揚の真情を横糸、金丸を軸とする権力の思惑・陰謀とそれをめぐる男たちの動きを縦糸に、この歴史物語は展開していく。

Katsurenjo2


 「護佐丸は忠臣、阿摩和利は逆臣」というのが従来の琉球史の単純な解釈だった。しかし、護佐丸の家系が後の琉球王朝の高官を数多く輩出するなど、青史を編む立場だったのに対し、阿摩和利には子供がいなかったため、後代に阿摩和利が正当化される機会がなかった、と作者の与並さんは言う。

 護佐丸、阿摩和利親子説などの新解釈も交えながら、与並さんの筆は、状況の変化とともに移ろいゆく登場人物の心の機微と、思惑、思い込み、さらには、それら登場人物同士の生死をかけたギリギリのやりとりをたんねんに描く。

 与並さんがしばしば口にする「つじつまが合う」とは、史実と史実が符合するというだけの意味ではない。利害、思惑、愛憎まで含めて、登場人物の考えと行動が「必然」と思えるだけの物語が構築されて初めて「つじつま」が合い、読み手の胸に落ちるのだ。「琉球王女 百十踏揚」には、そうした物語としての説得力がある。

 「琉球王女 百十踏揚」はかつて地元紙「琉球新報」に連載されて大きな反響を呼んだ。それに加筆した単行本は、新星出版刊、3200円。沖縄県内は置いている書店が多い。本土でも書店で取り寄せできる。新星出版ではインターネット直販を近く始める予定。新星出版は、那覇市港町2-16-1、電話098-866-0741。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック