台湾

2017年06月25日

【感動アジアCafe】ドリアンとMayday [6/26放送予定]

 FMうるまで毎週月曜夜8時30分に放送している万鐘ももと庵プレゼンツ「感動アジアCafe」。明日6/26(月)は、アジアのフルーツ話の第一弾。泣く子も黙るドリアンと、沖縄でもおなじみのグアバについておしゃべりしてみます。

dorian
  バンコクのスーパーのドリアン売り場

 ねっとりと甘い味と香りでファンを魅了し続けるドリアン。その強烈な個性をめぐっては、あれこれ喜悲劇も。番組では、ドリアンのそんな横顔に迫ります。

 グアバは、沖縄ではおなじみ、バンシルー。バンシルーが部屋に1つ2つあるだけで、部屋全体がその香りでいっぱいになりますよね。

 ももと庵では、生のグアバをピューレーにして、緑豆あんの上に置き、さらにココナツミルクをかけたグアバのチェーが大人気!

GuavaChe
  ももと庵のグアバのチェー
 

 アジアンポップスを紹介する「わくわくアジアンポップミュージック」のコーナーは、台湾のスーパーバンド、Mayday五月天。堂々2回目の登場です。名曲「君は幸せじゃないのに 你不是真正的快樂」と「バカなやつ 憨人」の2曲をおかけします。

Mayday
  Mayday


 FMうるまは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても聴けます。

 方法1 ラジオ日本、日本ラジオ、Tunein Radio、myTuner Radio、ListenRadioなど、各種のラジオアプリで「FMうるま」を検索する(Tunein Radioの場合は「fmuruma」と英文字で検索して下さい)

 方法2 専用アプリ「FM聴forFMうるま」をダウンロードする。アプリを開くだけで鳴り出すのでカンタン!

170126ajiacafeflyerOL


bansyold at 12:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年04月16日

そっくりさん番外編

 今回は、そっくりさんじゃなくて、ベトナムでちょっとおかしなものを見つけましたので、番外編ということでご報告。かなりヘンです。

OkinawaTaiwan1


 これ、農薬などを散布するのに使うエンジン付きの噴霧器なんです。ベトナム南部の田舎の農機具屋で見かけました。真ん中に「Okinawa」と大きく書かれているでしょう。なんだ?こりゃ、ですよね。

 おかしいのは、その下に「Made in Taiwan」とあること。つまり、これは台湾製で、沖縄製というわけじゃないんです。

 さらによく見ると、一番下に「Powered by Honda」。いよいよわけが分かりません。

OkinawaTaiwan2


 地元の人の解説はこうでした。まず「Okinawa」とでっかく書かれているのは、日本をイメージさせるための言葉。日本製ではないんですが、まあ、日本っぽい性能のよさですよー、ということらしいです。

 面白いのは「Tokyo」や「Osaka」じゃなくて「Okinawa」が日本を象徴する地名だととらえられていること。

 よく「Osaka」とか「Tokyo」とか箱に書かれたちょっと怪しげな家電品を海外で見かけますけど、それはまさに日本をイメージさせるための言葉です。

 日本をイメージさせるために「Okinawa」と書かれたものを見たのは、これが初めて。解説してくれたベトナム人に言わせると、Okinawaを知らないベトナム人はいないでしょう、ということでした。

 どんなイメージなの?と聞いたら「リゾート」との答が返ってきました。沖縄の知名度はアジアでは意外に高いのかもしれません。

 高度成長を続けるアジアー。富裕層・中間層が増えていますので、そういう人に沖縄にどんどん来てもらいたいわけですが、どうやら、その可能性はありそうですね。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年10月20日

聞き比べ、月亮代表我的心

 アジア歌手シリーズで少し前に取り上げた蔡琴(ツァイ・チン)の映像を探している時に、心に残るビデオがありました。台湾の国民的英雄として知られる故テレサ・テンの代表曲「月亮代表我的心」を蔡琴が歌っているライブでした。

teresa teng5


 口ずさめる親しみやすいメロディラインのこの歌、テレサ・テンがまいた種が芽吹いたのか、台湾のみならずアジア各地で愛唱されているようです。

 今回は、歌手ではなく、この曲「月亮代表我的心」(ユェリャン・ダイビャオ・ウォディシン、月が私の心を表している)を取り上げ、何人かの歌を聞き比べてみたいと思います。

 まず、本家テレサ・テンの月亮代表我的心から見ていただきましょう。声量があるわけではないのですが、この独特の繊細さとなんとも言えない「しっとり感」は、他のだれにも出せないのではないでしょうか。



 テレサ・テンは、1970年代、80年代、台湾の国民的歌手であると同時にアジア各国でも絶大な人気を誇った「アジアの歌姫」でした。日本語のヒット曲がありましたし、日本のテレビの歌番組にもよく出ていたので、おなじみですね。

 1995年にぜんそく発作のため42歳の若さで滞在先のタイで急逝。台湾政府の決定で、国葬に準ずる公葬が営まれ、国民的英雄の急死を悼む数万の人々が会場を埋め尽くし、その棺は国旗で包まれたそうです。

 月亮代表我的心は、たくさんの歌手がカバーしています。日本の歌手も、SMAPが北京公演で歌ったり、夏川りみがアルバム「歌さがしーアジアの風ー」に日本語バージョンを入れたり。

 歌詞の日本語訳は、前回もお世話になったBitEx中国語のサイトに全訳が載っていますのでごらん下さい。いつもありがとうございます。


 さて、聞き比べ。テレサ・テンのあきれるほど繊細で甘美な歌唱を少しデフォルメして引き継いでいる感じを受けるのが、同じ台湾のベテラン男性歌手、費玉清(フェイ・ユーチン)です。

 費玉清は、この曲に限らず、ビロードのような滑らかな声で、ていねいにていねいにメロディを紡いでいきます。30年以上の歌手歴の中で数多くのヒットを生んでいますが、それはまた別の機会に。

 費玉清の月亮代表我的心をどうぞ。どこまでも誠実な歌唱です。



 アレンジも、どこか懐かしい昭和のタッチですね。

 費玉清の歌い方は、何度か出てくる「我愛 wo ai」のところが印象的です。wですぼめた口が滑らかに大きく開いて音が明るさを増すのが、ちょうど音階が上がって盛り上がっていくのときれいに重なるからでしょうか。


 次に、アジア実力派歌手のシリーズ第1回で取り上げたマレーシアのシティ・ヌルハリーザ Siti Nurhaliza。彼女も、アルバム「チェリタ・チンタ」(ラブストーリー)の中で中国語の月亮代表我的心をカバーしています。

 シティは、台湾の歌手たちとは趣きが違って、東南アジアの正統「声量たっぷり」派。もちろん、歌い回しのうまさもピカイチですが、豊かな声量の彼女が歌うとどうなるか。静止画しか見つかりませんでしたが、お許し下さい。

 テレサ・テンを意識したのか、歌い出しからしばらくは、あまり声を出さずに歌い回しの巧みさで進んでいきますが、2分25秒くらいのラストの部分ではシティらしい豊かな声量を聞かせてくれます。



 シティの月亮代表我的心は、編曲も歌い方もシャープな印象。なかなか心地よいですね。


 最後に、韓国のチュ・ヒョンミのライブ映像をどうぞ。ギター1本の伴奏です。

 チュ・ヒョンミは、韓国演歌を歌うベテラン。

 テレサ・テンや費玉清とも、シティ・ヌルハリーザとも違う、語りかけるような歌唱。完全に独自の世界を作り上げています。表情もとても豊かですね。




bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年08月25日

蔡琴‬は、声がバラード

 アジア実力派ボーカリストの6回目は、台湾の初登場。ベテラン女性歌手、蔡琴(ツァイ・チン)にスポットをあてます。

tsai chin6


 1970年代末から活躍し、数々のヒットを飛ばしてきた蔡琴。代表曲の一つ「最後一夜」のライブ映像をYouTubeで見ていただきましょう。

 歌詞は、着飾った男女が踊る夜の情景と人生の哀歓が入り混じりながら進んでいき、サビのところで、主人公の愛と別れの思いがほとばしるという構成です。

 ヘッドフォンで聞いて下さい。声域が特に広いわけではないですし、声量も普通くらいですが、なんとも言えない歌ヂカラを感じます。これって、いったい何なのでしょう。



 これまでこのブログで取り上げてきたのは、豊かな声量で朗々と歌い上げる東南アジアの歌手でした。

 「朗々と」が魅力なのは、声の押し出しが強いほど、聞く者の生理的な感覚に訴えるから。生き物はみな他の生き物の声に反応するセンサーを内蔵している、というわけです。

 外国語の歌を聞いて、歌詞は十分に分からないけどなぜか感動して泣けてきたー。そんな経験、ないでしょうか。

 東南アジアの歌手に比べると、北東アジアの歌手は、声量より、歌い回しの巧みさで勝負する歌手が多いようです。日本の本土もそう、沖縄もそう。

 蔡琴も、「朗々と」とは明らかに違うタイプですが、聞いていると、なにやらセンサーが反応します。声の押し出しでないとすると、何に反応しているのか。


tsai chin1


 冒頭の、最後一夜のビデオ。温かみがありながらも一本芯の通った蔡琴の声は、歌い出しのところからもうバラード、バラードしています。

 そう、曲がバラードというよりも、声がバラード。

 情感の込め方が並じゃない、と言ったらいいでしょうか。それも、「込めて」いるんじゃなくて、声が情感そのものになってしまっているような。

 歌い終わった後、少しして、蔡琴が思わず嗚咽(おえつ)してしまう様子がビデオの最後に短く収められているのに気づかれましたか。

 生き物にとっては、相手の生き物が発する強い情感も、言葉を超えたインパクトをもたらすのかもしれませんね。


Taiwan

 (万鐘の南向き地図から台湾関連部分)

 蔡琴は台湾南部、高雄生まれの55歳。これまでに実に40枚以上のアルバムを出してきました。

 最後一夜は1980年代のヒット曲ですが、当時と今とでは、彼女の歌ヂカラがだいぶ違うように思います。冒頭の映像は2010年のステージのものですが、約20年前の発売時の彼女の声は、さすがにここまでバラードしてはいませんでした。

 数えきれないほどたくさんの歌を歌って芸を磨きながら、いくつかの出会いと別れの人生航路を経てこの境地に達したということなのかもしれません。

 1985年に映画監督の故楊昌と結婚しましたが、1995年に離婚しています。

 もう1曲、「吻別(口づけ)」を。別れの口づけ、です。

 カバー曲なのですが、蔡琴はパーフェクトなまでに自分のものにしています。こちらも、のっけから声がバラードしていて、迫力です。



 日本語の翻訳歌詞が、こちらのBitEx中国語にありましたので、ごらん下さい。たいへん助かります。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote