干ししいたけ

2014年06月10日

中身汁、始めます

 新メニューの予告を。泣く子も黙る中身汁(なかみじる)。どうだ、まいったかぁ、てなもんです。

140607Nakami485A


140607Nakami485C


 沖縄県民で中身汁を知らない人はいないでしょう。お祝いの行事などで食される最高の汁もの。豚の腸など徹底的に洗って脂気や臭みを完全にとり、コクのある澄んだ汁に入れて食べるごちそうです。

 一部の沖縄料理店では出していますので、観光客の中にもファンは多いはず。

 豚のだし骨やかつおぶしでとったダシは、それはそれはおいしいです。そこにふわふわの中身がたっぷりと。干ししいたけとこんにゃくがわきを固めます。

 結納や法事などの行事の席に行くと、食事時でない時間帯などは、食事を勧められてもお膳全体にはなかなか手がつかないのですが、不思議と中身汁だけは食べてしまう、という人が多いのではないでしょうか。

 行事食が苦手な子供たちもいますが、中身汁だけは別、という子も多いようです。黙々と中身汁を食べる子供を、おばあが目を細めてながめているー。微笑ましい沖縄の行事の風景ですね。

 おばあがおいしい中身汁を作るについては、実はたいへんな苦労が。

 中身の脂気と臭みを完全にとるには、小麦粉や酢をかけてていねいに何度も洗わねばなりません。これは結構な重労働です。

 そうして手をかけた中身は、臭みも脂気も全くない、まるで精進料理のような上品さ。脂気を生かした関東のもつ煮込みや博多のもつ鍋とは完全に対極にあるもつ料理です。

 ももと庵の中身汁膳は、中身汁好きの方に中身汁をたっぷり楽しんでいただくというコンセプト。大きめの汁どんぶりにたっぷり入れました。

 今週末、6/14(土)からスタートです。どうぞお楽しみに。

 

bansyold at 21:35|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック