循環器

2011年05月22日

沖縄を先端医療特区に

沖縄を創る人 第19回
 浦添総合病院循環器内科医長 宮城直人さん(下)


 循環器専門医の宮城直人さんは、1年ほど前、強烈な体験をした。欧米で既に安全性や有効性が立証されたある心疾患治療器具をヨーロッパ心臓病学会の発表などで知った。早速、開発元の米国企業のCEOにメールを書いて問い合わせたら、こんな問いが返ってきた。

 「あなたの病院はフェンスの内か外か」

MiyagiN1


 沖縄には「フェンスの内側」、つまり米軍基地内に、在沖米海軍病院がある。CEOいわく、そこでならば米食品衛生局に認可されたこの器具を使うことは問題ないが、フェンスの外側、つまり日本の厚生労働省の管轄区域では無理、と。

 米海軍病院の医療設備や治療能力は決して高いものとはいえず、実際、海軍病院から宮城さんの病院に搬送されてくる患者も少なくない。そんな海軍病院でしか最新器具を使えないという理不尽さ。

 そこに、日頃向き合っている循環器疾患の遠因を作った米軍支配の時代が、どうしてもオーバ―ラップする。あの時代さえなければ、県民の食生活が今のように油脂類を大量に摂取することにはなっていなかったのではないか。

MiyagiN6


 そんな理不尽さに打ちのめされながら、宮城さんの頭に「先端医療特区」というアイデアが浮かんできた。フェンスの向こうとこちら、とはまさに一国二制度。ならば、それを逆手にとって、沖縄を先端医療特区とし、時間がかかる厚生労働省の認可を待たずに新薬や最新医療器具を使える一国二制度を実現したらどうか。

 これが実現すれば、ドラッグラグ、デバイスラグから解放されるだけではない。同じラグに悩む本土の医療機関からも「学び」のために専門医が集まってくる。そして、そのような治療の1日も早い認可を心から待ち望んでいる患者たちも、全国からやってくるはずだ。沖縄の病院なら使ってくれるとなれば、世界の製薬会社や医療器具メーカーも最新情報を携えて沖縄を訪れることだろう。

 「今でも医学部卒業後の研修医の研修場所として、沖縄は全国で5本の指に入るほど高い人気があります。その理由の一つは症例が豊富だから。ところが、せっかく沖縄で研修しても、その後に定着しない。やはりラグの大きさが最大の理由でしょう」

 医療特区は、先端医療そのものを沖縄にもたらすだけでなく、さまざまな人と情報の動きを作り出し、沖縄の経済振興に確実に結びつく。

MiyagiN8


 政府は「一国二制度」になることを理由として、さまざまな特区構想について、限定的なものしか認めようとしない傾向がある。しかし「フェンスの向こうとこちら」という明らかな一国二制度が沖縄には既に存在している。基地負担では一国二制度が現にあるのだから、メリットをもたらす一国二制度も政府は認めるべきではないかー。宮城さんはそう考える。

 ものごとにはステップがあるから、一気に沖縄全域を医療特区にするのは難しいかもしれない。米海軍病院との提携から始めてもよい。海軍病院でなら最新器具や治療薬が既に使えるのだから、そこと全面的に提携して「フェンスの外の医師」が海軍病院に勤務して「フェンスの外の患者」を治療できるようにする。よい成果が出てきたら、その範囲やステージを「フェンスの外側」に拡大していく。

 保険制度が適用されなければ特区を設ける意味は半減するから、この点は最初から必須だ。ただし、日本の厚生労働省未認可である以上、治療の結果については原則として患者の自己責任とする。マイナスの結果が生じても、日本政府が責任を問われることはない。

 「それでも最新治療を受けたいと考える患者さんは、県内外を問わず、たくさんいるはずです」

MiyagiN4


 沖縄県民は、日常的にフェンスと向き合って半世紀以上生活してきた。そんなフェンスを逆利用して、開かれた世界への扉に変えることができたらー。宮城さんは先端医療特区構想を県知事にぜひ伝えたいと思っている。

 [宮城直人さんとつながる] 宮城さんが勤務する浦添総合病院のホームページに、循環器センターのページがある。狭心症、心筋梗塞などの症状や、検査方法、治療方法の解説が詳しい。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年05月15日

予防で負け、ラグも大きい

沖縄を創る人第18回
 浦添総合病院循環器内科医長 宮城直人さん(上)


 健康長寿の沖縄といわれるが、その実態は厳しいものになりつつある。心筋梗塞や狭心症と毎日向き合っている浦添総合病院循環器内科医長の宮城直人さんに話を聞いた。

MiyagiN2


 宮城さんは沖縄出身、琉球大医学部卒ながら、本土各地での勤務が長かった。熊本、福岡、横浜で10年余り、循環器専門医として治療経験を積み、新設の循環器センター立ち上げに伴う人材育成などもこなしてきた。

 沖縄に戻ってからはまだ2年ほど。しかし、だからこそ、沖縄の置かれている状態がはっきりと認識されるのかもしれない。

 「全国平均は0.5くらいのはずですが、それが沖縄は0.2ー0.3くらいしかないんですよ」

 この数字、「EPA/AA比」と呼ばれる値。EPAはエイコサペンタエン酸で、魚類、海藻類などに多く含まれるn-3系不飽和脂肪酸。血栓ができるのを防ぐ作用がある。これに対して、AAはアラキドン酸で、過剰摂取は動脈硬化を促進すると考えられている。簡単に言えば、EPA/AA比の数字が低ければ動脈硬化になりやすい、ということだ。宮城さんによると、沖縄のこの値はだいぶ低い。

 九州や神奈川の病院で数多くの心筋梗塞や狭心症の症例を診てきた宮城さんは、10年ぶりに沖縄に戻って、コトの深刻さを突きつけられた。

MiyagiN5


MiyagiN7


 EPA/AA比だけではない。OCTという高い画像分解能を持つ機械で血管の断面をじっくり分析してみると、病変が既に起きていて血管が狭くなっている部分でなくても、一見健康な血管の中に、数年後に問題を起こすことが明らかな細胞がみられる患者がかなりいるという。

 「動脈硬化の予備軍がたくさんいるということです」

 なぜ、そんなことになっているのだろうか。宮城さんが言う。

 「米軍支配時代の影響で、欧米化した油の多い食生活を本土よりも早く始めたことが大きな要因ではないでしょうか」

 確かに、沖縄の伝統料理は、例えば豚肉を使うにしても、脂分をゆでこぼすといった下処理がきちんとなされる。中身汁のように、本来脂の多い臓物を脂分ゼロに近いところまで洗うような技法もあるほど。それに、伝統的な日常食は野菜中心で、今のように毎日肉をたくさん食べていたわけではない。

 アメリカンのファーストフードは、揚げ物類が多く、サラダなども油類をたっぷり含んだドレッシングでこってり味付けされている。そうした影響で、県民の日常食にも油脂類の多いメニューが多くなったのではないか、というわけだ。

 発症した患者が救急車で運び込まれてくれば、医師は全力で救命のために治療する。宮城さんも20代の頃は、本土の各病院で、そのような治療で何人もの命を救い、やりがいを感じていた。だが、沖縄に戻った今は、考え方が少し変わった。

 「もちろん、患者さんを治療することが医師の仕事なんですが、沖縄の実情は非常に厳しい。予防の段階で完全に負けてるんです」

 モグラたたきのように、ひとつをつぶしても、別のモグラが次々に飛び出してくるような状態。予防の重要性は痛感するが、医師としてできることには限界もあるという。

 今ひとつ、宮城さんがいらだちを覚えるのは、ドラッグラグ、デバイスラグの大きさだ。最新治療薬や最新機器の活用がなかなかできない。これは二重構造になっている。まず、厚生労働省の認可が下りるのに長い時間がかかること。

 「これが世界で130国目に認可された医療器具です、というような話はよくあります。この薬が最後に許可されたのは日本と北朝鮮、という笑えないような話も」

MiyagiN3


 ラグの2つ目は、沖縄の置かれた位置が、最新の薬や器具が広まっていく経路から遠いこと。首都圏や本土の地方大都市では比較的早く新しい薬や器具が使えるようになるが、その波が沖縄に届くまでにまた時間がかかる。横浜や福岡のような大都市で長く勤務してきた宮城さんには、こうした「ラグ」の大きさがひしひしと感じられる。

 こういう事態をなんとかできないものかー。中核病院の循環器センターで激務をこなしながら、宮城さんは、ある体験をきっかけに一つの構想を温め始めた。「先端医療特区構想」がそれ。詳しくは次回5/22(日)に。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック