日本髪

2013年10月26日

江戸っぽいラオス女性の髪型

 今回は、食べものがらみでも、歌がらみでもない、ちょっと寄り道のアジアねたです。アジア女性のヘアスタイルの話を少々。まず、この写真からどうぞ。

Kanpu1


 ラオスの首都ビエンチャンの宝飾店で見かけた女性。髪のまとめ方に、独特の雰囲気があると思いませんか。

 ラオスの町を歩いていると、女性のヘアスタイルに不思議な既視感を覚えます。なぜか、江戸時代の時代劇に出てくる日本髪の女性を想像してしまうんです。

 今ひとつピンと来ない方でも、下の2枚の写真を見れば、ああ、と思ってもらえるのではないでしょうか。


Kanpu2


kanpu3


 後ろの下の方で束ねるにしても、ポニーテールのように少し上の部分でまとめるにしても、ただ縛ってまとめただけでは、たぶん、こういう感じにはなりません。

 江戸時代っぽい印象を与えるラオス女性の髪は、いずれも、生え際からまとめた部分までの髪が、ゆったりと下の方に垂れています。最後の写真を見れば、それが一目で分かります。

 一番最初の写真の女性の場合は、髪がそれほど長くないのですが、それでも生え際からまとめた部分までの間が少し垂れ下がっています。額から頭頂部にかけての上部や横の部分にも少しボリュームを持たせている感じがします。

 髪をまとめるのは、アジア各地共通の習慣みたいです。

 日本のテレビで見たのですが、戦前の人気芸者で「洗い髪の○○」という女性がいたそうです(○○というのは女性の名前なんですが、忘れてしまいました)。

 当時、髪をおろして、今で言えば「サラサラロングヘア」で人前に出ることは「はしたない」とされ、何らかの形にまとめる、結うのが常識だったとのこと。

 この人気の芸者が、たまたまグラビア写真撮影に遅れそうになり、洗い髪をまとめないまま撮影の場所に駆けつけたら、それがいいとされて、サラサラロングヘアのまま撮影。「洗い髪の○○」でかえって人気が出て、ブロマイド写真が飛ぶように売れた、というエピソードでした。

 ベトナムに行った時、現地の女性から、ベトナム女性でショートヘアの人はほとんどいない、と聞かされてびっくり。それまでは意識していなかったのですが、周囲の女性のヘアスタイルを改めて見てみると、確かに、みな判で押したように、長い髪をまとめているんです。

 ラオスもほぼ同じ。ショートヘアの女性はまずいません。

 髪のまとめ方は、ベトナムは普通にまとめているという感じですが、ラオスは前半でいろいろ書いたように、下の方が垂れていて、上部や横にもボリュームがあって、なんともクラシックな印象を与えます。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote