東京

2014年11月28日

実のある国際商談会でした

 初めての国際食品商談会「沖縄大交易会」が先ほど終了しました。やる前に想像していたよりも実のあるイベントとなりました。

Daikoekikai6


 沖縄大交易会には、香港、シンガポール、韓国、中国、米国など海外102社を含む138社のバイヤーが参加。沖縄県の84社をはじめとする全国198社の食品サプライヤーが彼らを迎えました。

 宜野湾市のコンベンションセンター展示棟に各サプライヤーがブースを構え、訪れるバイヤーと自由に商談を進めるフリー商談と、隣接する宜野湾市立体育館にバイヤーがずらりと机を並べ、あらかじめアポをとってあるサプライヤーがそこを訪れる個別商談の2本立て。

Daikoekikai5


 海外に売るといっても、食品のような単価の安いもので、海外輸送費がかかり、特に万鐘肉みそのように、価格商品ではなく少量生産のクオリティ商品となると、そりゃ簡単には売れんだろうな、これは「お祭り」だけで終わってしまうかも、という恐れを抱きながらの参加でしたが・・・

 商談では、バイヤー側からもいろいろなアイデアが出され、思ったより話の進んだケースがいくつかありました。

 まず出たのが、肉みその味はとてもいいが、びんの外側からそれをお客さんに伝えるのは大変ですよ、という話。肉みそという食品がない国で、なんだか分からないものを並べても売れませんねえ、と。

 確かに、確かに。

 それを乗り超えるアイデアもいただきました。

Daikoekikai7


 例えば、タイの輸入業者との商談で出たのは、バンコクで急速に増えている日本式コンビニのおにぎりの中にこれを入れたら最高ですね、という話。

 業務筋ということになれば、重たくてコストのかかる小売用のガラス瓶に入れる必要もなく、製造工程や価格体系が大幅に変わります。ある韓国企業も、これとよく似たニーズを語ってくれました。

 あるいは、日本の関東地方に800店くらいあるという沖縄料理店に沖縄食材を卸している企業との商談では、こんな話も。

 「アジアン肉みそをどうやって店で活用するかをうまく提案できれば、味は非常においしいので、新味のあるものを常に模索している飲食店は飛びついてくるかもしれませんよ」。これも、包装にこだわらない業務筋の展開です。

 おお、なかなか、なかなかー。だんだんこちらもエンジンがかかってきました。

 アジアの市場の成熟ぶりは確かのようです。東京のみならず、ソウルでもバンコクでも、クオリティ商品へのニーズは確実に高まっています。日本発商品の品質に対するアジアの信頼は絶大だ、ということがよく分かりました。

Daikoekikai4


 気になっていた運賃は、混載便なら、数量によっては吸収可能な範囲でした。

 一方、日本の首都圏の百貨店バイヤーからはこんな話が。

 「アジアに進出するなら、まず東京のうちの店に置いたらいいです。いま、アジア各地からの観光客が押すな押すなで訪れていて、免税扱いになるものですから、たくさんのおみやげを買っていかれますよ」

 この5年くらいにアジアの観光客が急増し、店内の客構成が様変わりしたそうです。

 今回はまだ「出会い」の段階。ここから成約にまでこぎつけるにはまだかなりのステップが必要でしょうが、そうあきらめたものでもなさそうです。

 いやあ、なかなか。ぜひ次の展開につなげたいと、ちょっと本気で考えています。


bansyold at 17:41|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年04月16日

そっくりさん番外編

 今回は、そっくりさんじゃなくて、ベトナムでちょっとおかしなものを見つけましたので、番外編ということでご報告。かなりヘンです。

OkinawaTaiwan1


 これ、農薬などを散布するのに使うエンジン付きの噴霧器なんです。ベトナム南部の田舎の農機具屋で見かけました。真ん中に「Okinawa」と大きく書かれているでしょう。なんだ?こりゃ、ですよね。

 おかしいのは、その下に「Made in Taiwan」とあること。つまり、これは台湾製で、沖縄製というわけじゃないんです。

 さらによく見ると、一番下に「Powered by Honda」。いよいよわけが分かりません。

OkinawaTaiwan2


 地元の人の解説はこうでした。まず「Okinawa」とでっかく書かれているのは、日本をイメージさせるための言葉。日本製ではないんですが、まあ、日本っぽい性能のよさですよー、ということらしいです。

 面白いのは「Tokyo」や「Osaka」じゃなくて「Okinawa」が日本を象徴する地名だととらえられていること。

 よく「Osaka」とか「Tokyo」とか箱に書かれたちょっと怪しげな家電品を海外で見かけますけど、それはまさに日本をイメージさせるための言葉です。

 日本をイメージさせるために「Okinawa」と書かれたものを見たのは、これが初めて。解説してくれたベトナム人に言わせると、Okinawaを知らないベトナム人はいないでしょう、ということでした。

 どんなイメージなの?と聞いたら「リゾート」との答が返ってきました。沖縄の知名度はアジアでは意外に高いのかもしれません。

 高度成長を続けるアジアー。富裕層・中間層が増えていますので、そういう人に沖縄にどんどん来てもらいたいわけですが、どうやら、その可能性はありそうですね。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年04月03日

「珠算に強い沖縄」が生まれるまで

沖縄を創る人第14回
 宮城珠算学校校長 宮城忍人さん(上)


 沖縄はそろばんが盛ん。その中でもトップクラスの成績を誇る浦添市の宮城珠算学校に校長の宮城忍人さんを訪ねた。

MiyagiS8

 「○○君、暗算の部で日本一」。そんな記事が地元紙に載ることが時々ある。ただ新聞の扱いは小さく、甲子園優勝のような強い印象は、残念ながらあまりない。実際のところ、沖縄でそろばんはどれくらい盛んなのだろうか。

 宮城さんの話では、全国の珠算関連団体は、日本珠算連盟(日珠連)と全国珠算教育連盟(全珠連)が2大勢力で、沖縄のそろばん教師の多くは全珠連の認定を受けている。その全珠連の都道府県別検定受験者数のトップスリーは、1位沖縄6万0490人、2位愛知4万6473人、3位東京3万7253人(2009年度)。

 人口1000人当たりの検定受験者数を計算してみると、沖縄43人、愛知6人、東京3人になる。沖縄はそろばんが「ものすごく盛ん」であることは、どうやら間違いなさそうだ。

 有段者も多い。京都にある全珠連本部事務局によると、最高位である十段のこれまでの取得者は、全国で珠算の部が1012人、暗算の部が1133人。うち沖縄は、珠算118人、暗算194人で「ダントツの1位です」(同事務局)。珠算の2位が広島で94人、暗算の2位は東京で83人にそれぞれとどまっている。暗算では、2位東京の2倍以上の十段がいるわけだ。

 競技成績もいい。最近の一例を挙げれば、所属団体に関係なくだれでも参加する1000人規模の「全国珠算競技大会そろばんクリスマスカップ2010」で、昨年、沖縄県は中学の部で団体優勝。子供から大人までが同じ土俵で競い合う年齢無制限の読み上げ算競技では、宮城珠算学校所属の中学生玉那覇有亮君が日本一に輝いた。

MiyagiS3

 宮城さんが言う。「いま、沖縄の高校が甲子園に行ってユニホームに『沖尚』『興南』と書かれていたら、他府県の選手たちがびびってしまうという話がありますが、珠算も同じです。大会で座る座席に『沖縄』とあったら、他府県の選手はそれだけでかなり緊張するようです」

 どんな経緯で珠算がこれほど強くなったのか。空手のように、ひょっとしたら琉球王国時代からの歴史があるのかも―。そんなことがチラッと頭をかすめたが、見事にはずれた。

 宮城さんによると、昭和の時代には、沖縄勢の成績は決して芳しいものではなかった。沖縄のそろばん教師たちは、強豪とされる他府県から教師を招くなどして、地道な勉強を重ねた。成果が現われるようになったのは平成になってから。個人で日本一を獲得する例が出始めたという。

 野球の話に戻れば、昔の沖縄勢は、甲子園の大舞台に立つと、自信がないために緊張のあまりトンネルし、さらに自信を喪失するというイメージだった。それが地道な努力で少しずつ強くなり、平成に入ると、沖縄水産高校の活躍くらいから全国上位の結果を出し始めた。やがて沖縄尚学高校が活躍し、昨年は興南高校が春夏連覇を果たして最高峰を極めるに至った。

 珠算隆盛までの経緯も、同じ時期に重なっているようだ。

 「私たちの世代は、まだ『内地の人は優れている』という感覚でした。今の子たちは違います。全国大会に行って、本番直前に『大丈夫か』と声をかけると『自分たちは日本一をとりに来ましたから』と自信に満ちた表情で言って、しっかり実力を発揮できるんです」

MiyagiS9

MiyagiS11

 宮城珠算学校は、忍人さんの父清次郎さんが創設し、ことしでで55年になる。現在、約750人の生徒を抱える県内でも最大規模のそろばん塾。これまでに、珠算で16人、暗算では29人の十段を輩出してきた。

 そうした優秀な生徒と教師陣を率いる宮城さん自身もよほどのそろばん使いなのではないかと思って尋ねたら、意外な答えが返ってきた。

 「私自身は、珠算はそれほどできないんです」

 続きは4月10日に。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote