民謡

2014年10月26日

歌巧者の人気者ダン・チュオン

 アジア歌手シリーズ、今回はベトナムの人気者ダン・チュオン。Vポップはもちろん、ダンスナンバーからヒップポップ、民謡風ポップまで何でも歌いこなす万能選手です。

dt3


 1年ほど前にVポップについて書いたとき、ダン・チュオンとカム・リーのデュエット曲「チム・チャン・モ・コイ」を紹介しましたが、ダン・チュオンを語る時に、この曲はどうしてもはずせませんので、今回、再び、いってしまいます。低音が聞こえるヘッドホンでぜひ聞いてみて下さい。

 この歌は、親のいない白い小鳥の姿に切ない恋心を重ねたもので、ダン・チュオンとカム・リーのコンビにとって、まさに十八番。ベトナムで、特に南部ベトナムでこの歌を知らない人はいないんじゃない?と、ホーチミン市に住む知人が言っていました。



 西洋音楽に慣れた耳にとっては、なんとも不思議なメロディラインですが、これぞ、ダン・チュオンが得意とする民謡テイストVポップの真骨頂でしょう。

 1分30秒から始まるダン・チュオンのパート。「えっ?」と思ってしまう意外な音の運びです。サビの2分14秒くらいからの音階の上がり下がりも、ちょっとドキドキする展開ですよね。さすが歌巧者のダン・チュオンは、全く乱れることなく、ピタりと着地を決めています。

 イントロと間奏では、民族楽器の一弦琴「ダンバオ」がフィーチャーされています。まるでビロードのような滑らかな音にビブラートが加わり、独特の物悲しさを感じさせる印象的なサウンド。

 3分18秒くらいのところにダンバオ奏者の画像がアップで映されています。斜めに張られたたった1本の弦で、いったいどう演奏したらこんな豊かな音が出るのでしょうか。

 民謡風ポップをもう1曲、紹介してみましょう。

 世界の米どころの一つ、メコンデルタの豊かな風景とともにお楽しみ下さい。故郷への思いを歌った「ニュォイ・ハイ・クエ」。この曲でもダンバオの、もの悲しいサウンドが効果的に使われています。



 ダン・チュオンは1976年、ベトナムはホーチミン市6区に4人きょうだいの長男として生まれました。小さい頃から歌好きで、いろいろなコンテストに出てはいい成績を収めていたようです。

 1999年にファーストアルバムを出してから37歳の現在までに、実に30枚以上のアルバムを発表しています。アルバムを出さない年がない、というのは驚きで、安定した人気の高さを誇っています。プライベートでは昨年、在米ベトナム人女性実業家と結婚して話題になりました。

 最後に、ちょっと変わった歌を、ライブの画像でどうぞ。遠くに働きに出ていた家族が旧正月で帰宅し、その再会と春の訪れを家族みなで喜ぶ歌「ウォク・モ・ニョッ・ニャオ」です。

 家族のきずなをとても大切にするベトナム。

 デュエットのパートナーは、パンチに効いた歌唱力でスター誕生番組からデビューした若手のディン・フオンが務めています。



 やはりダン・チュオン、歌、抜群にうまいですね。

bansyold at 20:01|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年06月29日

Vポップのデュエットが面白い

 アジア実力派ボーカリストのシリーズ、今回の話題はV-popのデュエット。ベトナムではデュエットに意外な人気があるみたいです。

Vt Minh Tyuet Bang Kieu

Vt Cam Ly Dan Truong


 冒頭の上の写真は、Vポップデュエットの名コンビと言われるミン・トュエットMinh Tuyetとバン・キエウBang Kieu。共演映像をYou Tubeでご覧下さい。曲はシン・ロイ・アインXin Loi Anh(ごめんなさい)。

 恋人のもとを「ごめんなさい」と言いながら離れていこうとする女と、ひたすら愛を語る男を、2人がなりきって演じています。ステージでの2人は、まるで映画の1シーンを演じているかのよう。この濃いめのステージ演出がベトナム流です。



 最後のあたりでミン・トュエットのほほに涙がひとすじ流れているのに気づかれましたか。

 ミン・トュエットはホーチミン市出身の36歳。6人きょうだいの末っ子で、姉2人も有名な歌手です。一方、バン・キエウはハノイ生まれの39歳。2人ともつやと張りのある高めの声で、声質が似ているせいか、見事なハーモニーを聞かせてくれます。

 2人はデュエットアルバムも出しています。You Tubeに出ているデュエット曲でこのシン・ロイ・アインの再生回数は約200万回、それ以外に100万回を超す曲があり、コンビの人気ぶりがうかがえます。

 もちろん2人ともソロの歌手で、ふだんはそれそれで活動していますし、別の相手とデュエットすることもあります。

Map Vt2

 (万鐘の南向き地図からベトナム関連部分)

 ミン・トュエットの姉、カム・リーCam Lyと、ダン・チュオンDan Truongもデュエットで人気です(冒頭の下の写真)。

 カム・リーは43歳。主に南部ベトナムの民謡調の歌を歌ってきました。ダン・チュオンはホーチミン市出身の36歳。普通のポップスから民謡調まで何でもこなします。

 次の曲はベトナム南部の伝統音楽っぽい味わいを強く残したポップス、チム・チャン・モッ・コイChim trang mo coi。世界有数の米どころ、メコンデルタの稲穂がゆれる風景をイメージさせるゆったりとしたメロディです。メコンデルタではお米が1年に3回もとれるんですよ。

 この旋律。欧米の音楽を当たり前に聞いている耳には、音の上がり下がり、特にダン・チュオンのパートが、予想を裏切る音階の進行になっていて、スリリングです。

 聞き慣れないと「音をはずしているんじゃないか」と一瞬、思ってドキドキしてしまいますが、そんなことは全くありません。何度か聞いて慣れてくると、独特の旋律が耳に残り、ちょっとクセになります。



 この曲も複数のビデオがYou Tubeにアップされていますが、主なものの再生回数を足してみると230万回を超えます。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年01月31日

[第38話 沖縄] 三線片手に歌える民謡広場

 検索エンジンで「三線教室」を調べると、全国各地の三線教室情報がズラリと出てくる。この勢いだと、習っている人たちの層も、入門者からセミプロ級まで、既にだいぶ厚くなっていることだろう。

 沖縄民謡も、ある程度うまくなってくれば、三線片手に人前で歌ってみたい、という気になるものだ。

Minyohiroba1
 
 沖縄には、コザを中心に民謡クラブがいくつかあるが、有名なプロの民謡歌手が経営する店がほとんど。言ってみれば有名歌手のライブハウスなので、セミプロはもちろん、初心者の出番など全くない。

 一方、カラオケでは、歌は歌えるが、自分で三線を演奏することができない。「歌三線(うたさんしん)」という言葉があるように、沖縄民謡は三線を弾きながら歌うのが基本。「歌だけ」では成り立たない。

 そんな中で、沖縄民謡の初心者でも気軽にステージに立たせてもらえる店が、うるま市にでき、民謡愛好家の間で人気を呼んでいる。

Minyohiroba2

 「民謡広場 嘉手久」。経営しているのは、自身もセミプロ民謡歌手の高江洲康栄さん。高江洲さんは、地元新聞社主催の民謡の新人賞、優秀賞、最高賞の各階段を順当に上り、現在は教師。師範の一つ手前のところにいる。そろそろCDを出したらどうか、という声が周囲から聞こえてくるが、自身は「まだまだ」と笑う。

 高江洲さんが民謡広場を始めたのは、そういう場がなくて自分自身が困ったから。「民謡クラブは、きちんと着物をつけた大先生がステージに立つから、われわれはとても出られない。でも、ステージで演奏する機会を積まないと、人前で演奏できるようにならないんですよ」と高江洲さん。

 民謡広場嘉手久では、午後8時の開店から1時間もすると、呼び水役として高江洲さん自身がまずミニステージに上がって、数曲演奏する。その後は、客が次々にステージに上がっては、三線片手に民謡をうなる。

Minyohiroba3

 嘉手久では、高江洲さんも着物をつけず、普段着のまま。「着物だと、どうしても堅苦しくなるでしょう」。客と同じ高さに立つことで、気軽にステージに出てもらいたい、という気配りだ。

 安さも魅力。有名歌手の民謡クラブは「ライブハウス+スナック」なので、しっかり飲めば1万5000円くらいかかることも珍しくない。嘉手久の場合は「お客さん自身が演奏を楽しむ場所だから」と高江洲さんは価格を大幅に抑えている。「かなり飲んでも5000円まではいきません」と妻の吉子さん。

 あそこならステージに立てる、という話を聞きつけて、沖縄民謡を習っている愛好家が遊びと練習を兼ねてやってくる。本土から来る人もたまにいるらしい。

 三線片手に一度人前で沖縄民謡を歌ってみたい、という人にお勧め。店内は沖縄方言が飛び交うが、気さくな高江洲さん夫妻は、だれでも気持ちよくもてなしてくれる。午後9時すぎに行って、泡盛をチビチビやりながら、高江洲さん夫妻や他の客と話していると、そのうち演奏が始まる。さあ、あなたもミニステージへ。もちろん、人の演奏を聞くだけでも楽しい。

 民謡広場嘉手久は、うるま市平良川111地階、電話098-973-1200。月曜定休。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2007年10月25日

[第21話 沖縄] 民謡人気衰えず、三線作りも好調

 全国的な三線ブームはまだ続いているようだ。うるま市にある津波三線店社長の津波清一さんの話では、月に50本ほど作る三線の半分以上が本土向けだという。個人がインターネットで注文してくることもあるし、本土の楽器店が仕入れるケースもある。本土の各地に三線教室ができているという。

Sanshin3.jpg

 津波三線店は、先代が創業して既に50年余り。「昔は、三線をひく人はアシバー(遊び人)と言われ、やや白い目で見られていたんですが、そうした雰囲気はこの20年で大きく変わりましたね」と津波さんは語る。

 三線は、胴体に蛇の皮を張り、竿をつけて組み上げていく。胴体と竿の噛み合わせが悪いといい音が出ないため、紙を差し込んで隙き間の具合をみながら、竿を抜いては胴体を槌でこつこつ叩いて形を整える。根気のいる作業だ。

Sanshin2.jpg

 仕上げの段階では、実際につまびいて音を確かめ、全体的な仕上がり具合をチェックする。全体のバランスは経験が豊富でないとつかめない文字通り職人芸の世界。最終点検する津波社長のまなざしは真剣そのものだ。

Sanshin1.jpg

 沖縄民謡の世界は相変わらず元気、元気。「民謡の新人」はポツポツ出ているし、「民謡の新曲」も毎年作られ続けている。そして、歌三線のすぐ隣りには琉舞や組踊が。夏の風物詩、エイサーの全国的人気も健在だ。津波三線店も、三線だけでなく、太鼓、パーランクーなどの楽器や舞踊関係の道具類・衣装を製造したり、販売したりしている。

Sanshin4.jpg

 こうした元気が本土に波及しているのかもしれない。沖縄の地元紙琉球新報、沖縄タイムスがそれぞれ主催する三線コンクールでは、最高賞をとった人が紙面に顔写真入りで紹介されるが、その中にも本土の出身者が少しずつ増えてきた。

 「この調子が続けばいいんですが」。津波社長は控えめに言うが、沖縄民謡にはどこか人を引きつける力がある。例えば、古典音楽における三線と歌の旋律のかけあいなど、ぞくぞくするほどスリリング。現代音楽にも三線の音色は不思議になじむ。三線を「聞きたい」「弾きたい」と思う人はまだ増え続けるのではないだろうか。

 津波三線店はうるま市平良川184-1、電話098-973-3997。http://www.34ten.com/

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote