沖縄県平和祈年資料館

2011年04月24日

50分の1の体が図面の中で動き回る

沖縄を創る人 第17回
 建築家、team Dream代表取締役 福村俊治さん(下)


 開放的な半戸外空間の魅力は、日陰の涼しい風を感じられる快適さばかりではない。前回、写真でも示したように、福村俊治さんが住宅に仕掛けたパティオやテラスは、親戚や知人が集まって食事をともにする場として使われている。そう、半戸外空間は、家に住む者だけでなく、来訪者にも開かれた空間なのだ。

FukumuraT7


 前回も書いたが、伝統的な沖縄の民家には玄関がないので、家人は、雨端(あまはじ)の軒下から家の中に上がるのが普通だった。来訪者も、開かれた雨端にやってきて、おしゃべりした。

 「玄関から入る」のと、どこでも開いている「雨端に立ち寄る」のとでは、気持ちのうえで敷居の高さがいささか違うのではないだろうか。

 「民家が気密性の高い構造をしていれば、住んでいる人の意識は家の中にしか向きません。家の前を通る人のことを全く考えなくなってしまいます」と福村さんは沖縄の住宅の現状を懸念する。

 家の前を通る人のことが視野に入らなければ、街の中に自分の家があるという意識は生まれない。言うまでもないが、街の景観を形づくっているのは、一軒一軒の民家だから、閉じた住宅ばかりでは、景観づくりもおぼつかないことになる。

 福村さんが見たヨーロッパなどの街の中には、通りに向けて人形を置いたり、花を植えたりする家がたくさんあった。すべては、道ゆく人のためになされていた。

FukumuraT8


 福村さんが鉄筋コンクリート造の住宅で、開放性に加えて大切だと考えるのは、塗装などのメンテナンス。

 「しっかりした材料を使って造られたコンクリート住宅は、メンテナンスをきちんとやれば100年でも200年でももちますが、メンテナンスしなければ30年くらいしかもちません」

 「ペンキ塗装は重要です。コンクリート打ちっぱなしのまま、家に服を着せることをせず、30年でダメにしてボンボン建て替えるケースが多いのが、残念ながら現状です」

 スクラップアンドビルドの繰り返しは、エネルギーを無駄にするばかりではない。そもそも建物や街は社会資本。祖先が頑張って築いたものを簡単に壊してしまったら、何の歴史も残らない、と福村さんは考える。

 施主が経済的にゆとりがなければ、ぎりぎりの安い予算で家をつくらざるをえない。だが、安普請の家は長持ちしない。その意味でも、福村さんはパティオやテラスに土地面積を割くことを勧めている。というのも、こうした半戸外空間の建設費は、室内空間よりもずっと安くできるからだ。

 普通の鉄筋コンクリート造の室内部分が坪50万するとすれば、パティオやテラスなら壁や設備類がないから坪20万もあればできる。そこで浮かせた予算で本体部分をしっかり造り、メンテナンスで手をかければ、家はもっと長持ちさせられる。

FukumuraT9


FukumuraT10


 福村さんは個人住宅ばかりでなく、規模の大きな建築作品も手がけている。公共建築の代表作は、糸満市の沖縄県平和祈念資料館。

 カーブを描く資料館と、中央に集まる「平和の礎(いしじ)」との間には、屋根だけの回廊部分が作られている。まさに住宅設計と同じ考えの半戸外空間。

 福村さんは、建築家の仕事を心から楽しんでいるようだ。設計している時は、自分の体が50分の1になって、図面の中で、階段を上がり下りしたり、部屋とパティオを行き来したりしているという。

 沖縄では、建築家が所属する設計事務所と、施工業者の工務店とが分かれている。これは全国でも珍しいという。最近は沖縄でも、東京流の設計施工一体住宅が増えているものの、家を建てようとする人は「まずはよさそうな建築事務所を探す」という習慣は根強い。建築士にとっては働きがいのある場所といえそうだ。


 [福村俊治さんとつながる] まず福村さん率いるteam Dreamのホームページはこちら。作品の写真ばかりでなく、福村さんが沖縄の住宅新聞などに連載してきた数多くの記事が読める。沖縄の現代建築事情がよく分かる。「建築系ラジオr4」というネットラジオ番組に福村さんが出演した時の放送はこちらで沖縄県平和祈念資料館は糸満市摩文仁614-1、098-997-3844。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック