焼締め

2008年10月27日

[第83話 沖縄] 与那国の土で作る急須

 急須を使う時には全く意識しないが、急須を「作る」となると、複雑なつくりで難しそう。そんな急須を日本最西端の与那国島で手がけている陶芸家がいる。山口和昇さん、京子さん夫妻。与那国の土に助けられて、「用の美」の極みともいえる急須を高い技術で作り続ける。

Yonaguni3


 一説によると、急須を手がける作家は、日本全体でも10人いるかいないか。ことほどさように、急須は難しい。例えば、持ち手。この取り付け角度は、注ぎ口から直角ではダメ。少し内側に、注ぎ口との間が80度くらいの角度でついていないと、注ぐ時にうまくいかない。もし直角についていたら、注ぐ際にひじが張ってしまう。上下方向の角度も微妙なものがある。

 注ぎ口のキレが悪ければ使えないし、ふたもちゃんと噛み合わないと困る。ふたは焼いている間に縮まるから、その分を計算に入れて、気持ち大きめにしておく。

 茶葉が通ってしまわないように、注ぎ口の内側に小さな穴をたくさん開けるのも根気がいる。「年をとってくると、こういう作業がだんだん下手になってくるんですよ」と山口さんは笑う。たしかに、この細かい穴を一つひとつきれいに手で開けるのは相当の集中力がいりそうだ。

Yonaguni2


 もっと骨太な問題がある。急須のように、小ぶりで複雑な構造の陶器は、全体に薄くしなければならない。薄くすれば、当然、壊れやすくなる。山口さんの場合、与那国の土の質が、そこを助けている。与那国の土は油分が多く、粘りが強いからだ。粘りの強い与那国の土だからこそ薄い急須を作ることができる。

 与那国の土にひかれて与那国に住んだ、というわけではない。27年前、「気に入って」住んだ土地に、たまたま素晴らしい土があり、その特徴を生かして急須を作り始めた。身近に産出するものを活かすという意味で、まさに地産地消を地でいっているのが山口さんの急須づくりといえそうだ。

 山口さんの急須は炭化急須。炭化という焼締めの技法が、さまざまな表情を作り出す。急須は、さやと呼ばれる磁器の箱に入れた状態で、窯の中で焼く。その際、さやの中の急須の周りに炭やもみがらを入れておくと、焼いている間にそれらが燃焼して表面にさまざまな色の変化がつく。

 さやのふたを少し開けておくと、空気が入って焼き色が全く変わる。同じ土なのに、閉じて焼けば黒、すき間を開けて焼けば土色に。下の写真の急須はその例で、いずれも同じ土で作られている。

Yonaguni1


 形はきわめて端正。その繊細なフォルムに、抑制のきいた焼締めのトーンがよくマッチする。荒々しいタッチの焼締めの対極にある焼締め、とも言えそうだ。

 山口さんの作品は、釉薬をかけない焼締めが中心だが、白い粉引も少し作る。「釉薬もいろいろやりましたが、最後は、灰と長石だけの最もシンプルな釉薬に行き着きました」と山口さん。

Yonaguni6


 急須や酒杯などの生活雑器を作るが、一度に大量には焼かない。その結果、さまざまな作品が少しずつ出来上がる。現在は主に石垣島や沖縄本島など、沖縄県内に卸している。

 那覇市内の割烹で、棚に置かれていた急須を見た時、「えらく、いい急須だなあ」と思った。店の人に頼んで棚から下ろしてもらい、手元でよく見ると、自分のハンコが押されていた。パッと見ては気づかなかったが、強く引き寄せられるものがあった。手塩にかけた作品は、すべて山口さんの分身ということなのだろう。

 山口さんの窯は、与那国町字与那国3119、0980-87-2072。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年08月16日

[第71話 沖縄] 沖縄の土に惚れ込むロリマーさんの器

 沖縄の土に惚れ込み、焼締め一筋で作品を作り続けている陶芸作家がいる。南城市佐敷のポール・ロリマーさん。1300度を超す高温で焼き締めた器は、なんとも言えない渋い輝きを放つ。

Paul1

Paul5


 上の2つは、いずれも泡盛を入れる小ぶりのカラカラ。焼締めだから釉薬は使わないが、下のカラカラは、高温で溶ける土を上部にかけてあるので、釉薬が溶けたような味わいになっている。

 ロリマーさんの作品は、和音を感じさせる整った形の上に、野性味あふれる焼締めの渋いタッチが乗っている。

 ロリマーさんは、沖縄じゅうの粘土を自分で掘ってきては使っている。中でも、高温に強い北部の土をよく使う。マグネシウム、カルシウム、鉄、マンガンがそれぞれどれくらい含まれているかで、焼き締めた時の風合いが大きく変わってくる。写真は小さなちょこ(猪口)。金属的で華麗な輝きを放ちつつも、土の温かみを感じさせる作品だ。

paul3


 風合いだけではない。そうした土の成分によって、焼き上げた器の機能までも違ってくるらしい。ロリマーさんは、酒器や花瓶などのほかに、泡盛古酒を仕込む酒甕を数多く作っている。「成分が違う土で焼いた酒甕に、全く同じ泡盛を入れても、味がまるで違ってくるんです。半年ではっきり違いが分かるようになりますよ」

 ロリマーさんは土の成分を沖縄県工業試験場に委託して分析してきた。味わい深い数々の焼締めが作られる舞台裏には、長年の経験や卓越した職人技と同時に、緻密な科学的データの積み重ねがあったのだ。

 ロリマーさんはニュージーランド出身。備前で3年ほど修業した後、旅行で訪れた石垣島が気に入ってそこに16年、沖縄本島に移ってからは13年が過ぎた。石垣島時代に、八重山焼の古い器と出会うことがあり、その時の記憶をたどって作ったのが次の作品。酒器なのか花器なのか分からないというが、独特のひょうたん形が面白い。

Paul2


 今は沖縄本島南部、佐敷の古民家に住む。南蛮焼のルーツをたどって訪れた東南アジアでも大きな刺激を受けた。自身も泡盛が好き。仲間が集って一杯やる時は、ちょこが無造作に入れられた箱が登場し、各自が自分の好きなちょこを選んで飲むという。

Paul4


 ロリマーさんの工房は南城市佐敷字冨祖崎320、098-947-1630。作品を常時売っている店はないので、事前に電話を入れてから、工房を直接訪ねるとよい。佐敷のシュガーホールから車で数分のところ。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック