琉球王国

2013年11月07日

百十踏揚、誕生!

 ももと庵の目の前にドーンと迫る世界遺産・勝連城跡。「勝連城の歴史ロマン」と地元ではよく言うのですが、いったいどんな歴史だったのでしょうか。ハイライトと言える15世紀の勝連城歴史ロマンのさわりを、何回かに分けて書いてみたいと思います。

bookmomoto4


 主役は、琉球国王・尚泰久(しょう・たいきゅう)の娘にして、勝連城主の阿麻和利(あまわり)に嫁いだ百十踏揚(ももと・ふみあがり)。

 ももと庵のご本尊ともいうべき、百十踏揚の波瀾の生涯を描いた与並岳生さんの歴史小説「琉球王女・百十踏揚」がテキストです。むろんこの本は歴史小説。与並さんの深い歴史的学識と豊かな想像力によって構成されています。

 著者の与並岳生さんにお願いして、今回は特別に引用の許可をいただきました。ありがとうございます。


 初めて琉球を統一した尚巴志(しょう・はし)の7男で、当時、越来(ごえく)城主だった尚泰久(しょう・たいきゅう)。百十踏揚(ももと・ふみあがり)は、その長女として1440年ごろに生まれました。

 幼名は真鶴金(まづるがね)。母の正室は、勇猛果敢な武将としてその名をとどろかせた護佐丸(ごさまる)の娘でした。

 今の沖縄市のコザ十字路近くにあった越来城周辺は、当時は全くの農村。そんなところでのびのび育った真鶴金に、人生最初の一大転機が訪れます。

 時は1453年。首里の琉球国王、尚金福が病死した後、王位をめぐり、王子志魯(しろ)と王弟布里(ふり)との間に争いが起きます。これが、最後には城内での衝突に発展。

 与並さんの著書では、冷静さを失った志魯が城に火を放ち、その結果、首里城は焼失してしまいました。志魯は布里側に殺され、布里も王子に手をかけた罪を問われ、首里を追われます。

 志魯には9歳になる子がいましたが、乱れた琉球王朝を立て直すには無理、との家臣団の強い意見で、王弟だった尚泰久が王に即位したのです。

 こうして、娘の真鶴金も、越来城から首里城に移り住み、王女の立場となりました。

 琉球では、神事祭祀を司るのはすべて女性です。

 1456年、真鶴金に神名が授けられ、神女の資格が与えられました。この神名のことで、尚泰久王にはひとしおの思い入れがあったようです。

bookmomoto2


 古謡「おもろ」の言葉から選びぬいた真鶴金の神名が「百十踏揚(ももと・ふみあがり)」でした。

 百十は、百に十を重ねる、つまりいついつまでも末永く、という意味。踏揚は「気高い」とか「栄える」の意です。

 神名を授ける儀式が、首里城内でとり行われました。

 踏揚は、白絹の胴衣下裳に白麻の神衣装をまとい、洗い髪を腰まで長々と流して、同じく白麻の神衣装を着けた母の王妃に伴われて首里城の京の内に入ります。

 高位の神女である首里大君が長いミセセル(託宣)を唱えた後、おもろを歌い、それに合わせて踏揚の神舞いが始まります。引用文中に出てくる「思戸(うみと)」は百十踏揚の世話係の女官です。


 舞いゆく踏揚の白い神衣装が、樹々の中を吹き抜ける涼風に、ゆるやかにひるがえり、木漏れ日の中を白く舞い流れていく様は、あたかも、白い蝶が、ひらひらと舞い流れていくようであった。
 その神舞いは首里大君がじきじきに手ほどきしたものだったが、天性であろうか、踏揚の舞いはまこと、神々しいまでの美しさで、王妃も、女官たちも、また居並ぶ神女たちも、その清らかで優美な舞いを、うっとりと見上げ、思戸もただ心奪われて、見惚れているばかりであった。
 おもろは続いていくーー。

 百十踏揚や
 あためとも 愛しや
 又君の踏揚や・・・

 ーー踏揚は舞い続ける。
 見上げる思戸は、その美しさ、神々しさに、胸が熱く込み上げ、涙が溢れてくるのを抑えることができなかった。[同書p.89-90]



 こうして真鶴金は、名実ともに百十踏揚となったのです。踏揚、15歳のことでした。


 与並岳生「琉球王女・百十踏揚」はセブンネットアマゾン楽天などでお求め下さい。ももと庵でも扱っています。読み始めたら眠れません。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年03月17日

南向き地図、時々売れてます

 ももと庵に来られるお客様の中には、食事の後、おみやげに肉みそを買う方が結構いらっしゃいますが、昨日、岡山から来られたご家族連れは、万鐘オリジナルの南向き地図「アジアの世紀」を買って行かれました。「地図好きなんです!」。そうおっしゃっていました。

Asia13olcm485


 この地図、正直なところ、それほど売れるわけではありません。「なんだろう、これ」「なんだかよく分からない」―。やはり「ピンと来ない」というのが一番大きいと思います。

 ただ、自宅などに貼ってしばらく見慣れた方からは、「面白い」「アジアが、これまでと全然違って見えてくる」とよく言われます。

 「そうでしょ、そうでしょ、そうなんですよお」。作った側からすると、思わずヒザを打ちたくなる嬉しい反応です。

 この地図、万鐘の創業10周年記念で制作したオリジナルです。

 沖縄は日本の南の玄関。玄関が一番下だと、そのさらに下にはなかなか目が向きません。

 一方、時代は確実にアジアの世紀であることを告げています。中国13億、東南アジア6億、さらにそのすぐ西には17億人を擁するインド亜大陸が控えています。

 琉球王国時代の14世紀。アジア貿易の船が、南に向けて、那覇の港を出発していました。飛行機でも船でもそうですが、北が上、ということはありません。向かう先が前、です。南向きの地図を見ていると、向かう先が上になるので、船や飛行機が南に向かって進む感じがとってもよく分かるんです。

 手作りで都市の位置などに甘さがあるため、あくまで観賞用の地図として眺めていただければ、と思いますが、これまでと全く違ったアジア像をイメージすることができます。オススメですよ。ネットショップでも販売しています。

bansyold at 09:04|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年01月07日

[第34話 食] 静かに守る首里の味

 琉球料理の正統派、古都・首里の味をひっそりと守っている店を紹介する。ともに首里に生まれ育った富名腰久雄さん、米子さん夫妻が経営する富久屋。「私たち2人の舌で覚えている首里の味をお出ししています」と久雄さんが語る。

Fukuya1

 まずは、むじぬ汁から(「の」が、琉球語では「ぬ」になる)。「むじ」とは、ターウム(田芋)の茎。本土では、サトイモの茎のズイキが食べられるが、これに近い。むじぬ汁は、むじがみそ汁に入っており、豚の三枚肉があしらってある。祝いごとがあると、首里ではむじぬ汁が作られたという。むじはシャクシャクした独特の歯ごたえがある。

 同じみそ仕立ての汁でも、むじぬ汁とは全く違うのが、いなむどぅち。こちらは甘い白みそ仕立てで、豚肉やこんにゃく、かまぼこなどが入っている。汁はいくぶんとろみがあり、コクは十分だが、不思議にしつこさはない。

 豚肉に黒ごまをまぶして蒸した、みぬだる。全く脂っぽくない。さっぱりした味付けだが、うまみはしっかり感じられる。

Fukuya2

 どぅるわかしーぬあぎー。ターウムをつぶして、豚肉、かまぼこなどを加えて練ったのがどぅるわかしーで、それをまるめてあぎー(揚げもの)にしたのがこれ。第6話のままやの料理でも登場した。脇道にそれるが、「あぎー」は、さーたーあんだあぎーの「あぎー」だ(「さーたー」は砂糖=甘い、「あんだ」は油)。

Fukuya3

 小鉢では、かんぴょういりちー。かんぴょうを昆布やこんにゃくなどといっしょにいため煮にしたもの。かんぴょうにヌヌっと入っていく歯ごたえが楽しい。昆布をいため煮にしたくーぶいりちーはよくあるが、かんぴょうのものは珍しい。

Fukuya4

 ピーナツで作る地豆豆腐(じーまーみどーふ)はポピュラーな沖縄料理だが、ここの地豆豆腐はべたつかず、切れがよい。

 祝膳のイメージで出している、というむじぬ汁定食についてきたごはんは赤飯だった。ただし、もち米ではなく、うるち米を使うのが首里流とのこと。

 料理全体の印象は、ヘルシーで繊細な和食のイメージ(もちろん料理の中身は和食とは違うが)に、豚のうまみが加わったという感じだ。豚だしのうまみは随所に使われているが、あくまで上品で、脂っぽさや臭みは一切ない。ていねいに作られたバランスのよいごはんをいただいた満足感が残った。

 定食だけでなく、富久屋は泡盛も用意しているから、一杯やりながら、首里の味を楽しむことができる。

 富久屋は、首里の龍潭通りから、旧県立博物館の横の細い道を入って間もなくの右側、道から少し奥に引っ込んだところにある。場所は大人の隠れ家風だが、中は木づくりで明るく、家族連れで楽しめる。看板は一応あるが、見えにくいので、分からなければ電話を。常連客が多いようだが、初めての客も、富名腰さんが温かくもてなしてくれる。

 那覇市首里当蔵町1-14、098-884-4201。営業時間は昼が11:00-15:00、夜は18:00-23:00。定食は、むじぬ汁定食が1200円、それ以外は1000円。単品は500円前後。ちゃんぷるー類や沖縄そばもある。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年10月31日

[第22話 南] 南を上にしてアジアを見る

 これまでの万鐘本店の記事分類は「沖縄」「食」「農」の3つだったが、今回から新カテゴリーとして「南」を加える。沖縄は、さらに南の国や地域との間にさまざまな次元の接点を持つ。それらを紹介したり、時には沖縄をすっ飛ばして南そのものの話題もお届けしたい。初回は「南北逆さ地図」のお話。

 グーグルアースを使うと、上空のさまざまな高さから世界を眺めることができる。北朝鮮の核貯蔵施設だって茶の間で簡単に見られるという。そのグーグルアースで、沖縄と東南アジアの一帯をくるりと南北逆さにしてみたのが、この地図だ。

SouthNorthA

 まず、奄美、沖縄、宮古、八重山、台湾、中国・福州が、東シナ海を取り囲むようにして、きれいな弧を描いていることがよく分かる。この弧は、北が上の地図でも全く同じはずなのだが、この地図で見ると妙に目立つ。その部分を拡大してみよう。

SouthNorthB

 歴史を振り返れば、この弧は、実際にさまざまなつながりを持ってきた。奄美から八重山までの琉球王国の版図内はもちろん、その先の台湾、中国・福州まで、人々の行き来は盛んだった。琉球王国が中国に朝貢する際の窓口は泉州から福州に移り、そこには琉球の大使館の役割を果たす「福州琉球館」が置かれていた。

 現代に目を転じると、経済発展著しい中国は、上海から香港までの沿岸部一帯が、その牽引役を果たしている。うるま市でリムジンを作っている株式会社アミューザが深圳をターゲットにしているという話は第19話で紹介した。中国南部の沿岸地域に焦点を合わせた時、琉球弧が日本の最前線に位置していることが、この地図だとよく分かる。

 初めの逆さ地図に戻って、もう一つ、目に入るのは、台湾、福州の先に大きく広がる南シナ海だろう。環南シナ海の拡大図がこれ。

SouthNorthC

 琉球王国も南シナ海を舞台に、アジアの国々との間で盛んに貿易をしていた。主な貿易の相手国はシャム(タイ)、安南(ベトナム)、ジャワ(インドネシア・ジャワ島)、パレンバン(同・スマトラ島)、マラッカ(マレーシア)、スマトラ(インドネシア・スマトラ島)、パタニ(タイ南部)など。これら南の国々で得たコショウなどを中国に、中国の磁器などを各地に、といった中継貿易をしていた。

 これらの国々はいずれも、明(中国)の朝貢要請に応じる形で、その国際秩序の中で貿易をしていた。初期には、倭冦に手を焼いた明が琉球にその相手をさせようと考えて、数多くの船を与えたり、他国には課した進貢回数の制限を設けないなどの優遇措置をとった結果、琉球はこの貿易ネットワークの中でぐんぐん頭角を現したという。

 白石一郎の歴史小説『怒濤のごとく』に登場する明末期の鄭芝龍も、若き日に長崎、琉球、フィリピン、インドネシア、タイなどをまたにかけた南シナ海の密貿易で財をなした。その鄭芝龍と平戸の日本人妻との間に生まれたのが鄭成功。彼は、清に最後まで抵抗したため中国では英雄視されている、…と、この海域をめぐる話は尽きない。

 南シナ海の地図を見ていると、船を進めるにしたがって安南やマラッカが徐々に近づいてくる感覚になれる。南が下だと、どうもそういう気分になりにくい。だから南を目指す時は、地図をヒョイとひっくり返して「前進」したい。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック