2014年02月27日

アジアン水餃子、3/1、開始っ!

 餃子好きのみなさーん、お待たせいたしました。ももと庵特製のアジアン水餃子を3/1(土)から始めますよ。

Gyoza


 ももと庵のアジアン水餃子のあんは、プレーンな豚肉+キャベツに、ニラがたっぷり。生姜とにんにくを効かせました。

 皮はもちもち、つるつるの特注。歯ごたえがあり、噛んでいると、皮のうまみが口いっぱいに広がります。

Gyozatare


 それらを支える特製アジアン餃子だれ。

 これがちょっとよそにはないレシピで作られています。醤油や酢のほかに、コチュジャン、魚醤などを加え、白ネギと生にんにく、ごま油を香りづけにたっぷり入れました。

 後をひくおいしさ、です。これが、ごはんと実によく合う。もちろんビールもうまいっ、ですよ。

 1人前で水餃子10個。他のメニューと同じ膳スタイルで、ももと庵オリジナルの副菜がいろいろ、プラス、ミニデザートとコーヒーまたは紅茶がついて1250円です。

 ちょっと新しい水餃子体験。ぜひぜひ、ぜひぜひお試し下さい。




bansyold at 14:38|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年11月18日

究極のラフテーを期間限定で

 47CLUBの「究極のおせち」をご存知ですか。全国47都道府県の各地の一押しの名産を重箱に詰めたぜいたくなおせちとして人気です。

 この究極のおせち。ことしは、沖縄から、万鐘ももと庵のラフテーが重箱の一角を飾ることになりました。沖縄ならではの皮付き豚三枚肉をじっくり煮上げたラフテーです。

Lafute15


 究極のおせちの仲間入りしたこのラフテーを、ももと庵でも召し上がっていただくことにしました。少し先になりますが、新年1/11(金)から2月末までの期間限定です。

 ラフテーは、脂身のたっぷりついた三枚肉を使います。じっくりと煮込みながら脂分を落としていきますが、さらに蒸し工程を入れると、効果的に脂を抜くことができます。しっかり脂の抜けた三枚肉は、とろとろした舌触りが楽しめます。

 皮はコラーゲンの固まり。煮汁の色がゼリー状の皮にしみ込むと、ラフテーらしい色とツヤになります。おはしで切れるくらいの柔らかさです。

Lafute16


 ラフテーの味は、黒砂糖、白砂糖、醤油、泡盛でつけます。特に大切なのが泡盛。これをたっぷり入れないとおいしくなりません。

 究極のおせちでは、重箱に詰めることもあり、かまぼこ型に切っていますが、ももと庵でお出しするものは、写真のように四角い切り方を予定しています。

 とろっとろの食感をどうぞお楽しみ下さい。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote