石垣島

2012年02月12日

家族のために日本で生きる

沖縄を創る人 第33回
 ペルー出身沖縄3世 平敷兼長さん(下)


 鶴見から20年ぶりに故郷ペルーに戻った平敷兼長さんは、ペルーでも電気工事で生計を立てようと考えた。しかし日本で高度な電気工事技術を身につけた平敷さんの目に映ったペルーの電気工事のレベルは低く、やる気が失せた。電気工事だけでは実入りが少ないことも分かった。

HeshikiK_B1


 そこで平敷さんは、電気工事を含めて、住宅のリフォームを丸ごと請け負う仕事を始めた。日本で電気工事の仕事をしながら見ようみまねで身につけた建築工事のノウハウがここで生かされた。とはいえ、リフォームの仕事だけでは、将来に大きな期待ができそうにないという思いが募っていった。

 「ラーメンはどうかな、と思ったんです」

 ペルーでは日本食の寿司店が成功を収めていた。日本のラーメンも人気が高い、という情報が入ってきた。

 「どうせやるなら、豚を養うところから始めて、ラーメンまでやったらどうだろう」

 平敷さんは夢を膨らませていった。

 昨年12月、妻の親族に不幸があったため、家族で日本に来た。南半球は12月から夏休みなので、子供たちもその期間は学校に行かなくていい。向こうで生まれた長女も含めて、一家5人で2年ぶりに日本に来た。

 年が明けたら、また一家でペルーに戻る予定だった。ところが、1月になって家族の中で「小さな激震」が起きた。日本生まれの長男が旧友と会った後に「ぼくは日本で大学まで行きたい」と言い出したのだ。

HeshikiK_B3


 「ショックでした。ペルーに戻るつもりでしたから」

 南米は景気がいいのは確かだが、治安はよくない。

 「ペルーだと、やはり子供が外で自由に遊べないですし、バスも危ないので乗れません。日本生まれの長男にペルーでの生活はきつかったのでしょう」

 子供の安全は何にも代えられないと思った、という。

 「大学という子供の将来を考えても、日本の方がいいかもしれないなと考えるようになりました」

 平敷さんは再び日本で暮らす道を選ぶことにした。平敷さん自身の両親はペルー在住だが、ブラジル出身の妻の家族は日本に戻ってきていることもあり、妻は賛成してくれた。

 「子供と妻が日本で、となったら、もう抵抗できませんよね」

 とはいえ、日本で電気工事の仕事環境が厳しいことに変わりはない。東日本大震災で日本の景気はさらに悪くなっているように見える。

 平敷さんは、まずは電気工事士の免許取得に挑戦するつもりだ。電気工事会社は、電気工事士の資格を持つ仲間の協力で経営している。だが、厳しい時代には、人を頼りにせず、自らが資格を持っていなければならないと考えている。

 平敷さんにとってハードルが高いのは日本語の書き言葉。20年の日本生活のおかげで会話は自由にできるようになったが、漢字での読み書きは簡単ではない。だが、家族のために日本での生活を選んだ平敷さんは、厳しいことも含めて、これまでやってこなかったこともやるハラを固めている。

HeshikiK_B4


 スペイン語で育った日系仲間は周囲にたくさんいる。そんな仲間とスペイン語で時々おしゃべりしてストレスを解消する。「これが、妻がブラジル出身仲間とおしゃべりする席だと言葉はポルトガル語になるんです」と平敷さんは笑う。

 沖縄には一度だけ行った。浦添出身の親族が今は石垣島にいるので、あいさつに行った。

 「タクシーに乗って行き先の家の名前を言ったら、住所も言わないのにすぐ連れていってくれたのが、ちょっとびっくりでした」

 [平敷兼長さんとつながる] ペルーの日系人社会については、例えば、沖縄系のフェルナンド仲宗根さんが編集している日系人新聞を読むと、その一端がかいま見える。一方、川崎・鶴見かいわいは、日系移民2、3世や沖縄出身者が多いことで知られる。例えば東京外大の受田宏之准教授の報告を読むと、そんな様子がよく分かる。このレストランガイドによると、鶴見や川崎にはペルーやブラジルなどの南米料理店もいろいろある。世界各地の沖縄移民数については、沖縄県のまとめが便利。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年03月27日

「十三祝いの新築」を原点に

沖縄を創る人 第13回
 国建取締役 平良啓さん(下)


 沖縄には13歳を祝う「十三祝い」の習慣が今もある。いわゆる成年になる儀礼だ。平良啓さんが十三祝いを迎えた時に、父が家を新築した。当時、住んでいたのは石垣島。貧しい中で、それまで茅葺きの家だったのを、セメント瓦の木造家に建て替えたのだった。

TairaH4

 「啓の十三祝いに家を作ったんだよ、と父に言われて・・・ さすがに感激しました」

 新築の際には、島の大工がやってきた。かんなで木を削り、のみでほぞを切って、家を建てていった。その見事な仕事ぶりに、啓少年は目を見張った。

 「建築士になりたい」。そんな夢が芽生えた。叔父が建築士をしていたことも、建築家を志す支えになった。

 中学を出た後は迷わず工業高校に進み、卒業後、株式会社国建へ。いったん退社して、大学の建築科で本格的に建築学を学んだ後、再び国建に戻った。

 平良さんは、首里城復元の後も、さまざまな歴史的建造物の復元や改修設計に携わった。例えば、首里城の西にある玉陵(タマウドゥン)の「東の御番所」の復元。玉陵は、その名の通り、琉球国王の墓で、御番所はその敷地内にある。玉陵を管理する那覇市の強い意向で、国王や王妃が休憩した東の御番所が復元されることになり、その設計・監理を平良さんらのチームが担当した。

 建物は沖縄戦で焼失していたが、その跡周辺に残されていた基壇の石積から建物の位置と向き、輪郭、地盤の高さなどが判明。さらに礎石間の実測から柱間寸法を想定した。古い写真から床高、軒高、軒先の長さ、屋根の勾配などを割り出した。

TairaH9


TairaH8

 現場は、陵墓だけのことはあって、手前の小さな森の部分とあいまって、なんとも言えぬ厳粛な静けさを醸し出している。都市の真ん中にいることをしばし忘れさせる空間だ。

 読谷村にある「喜名番所」も、平良さんらが関わった木造の歴史的建造物の一つ。こちらの番所は、今の役場にあたる。1853年にはペリー提督一行が立ち寄り、随行画家のハイネの描いた絵が残されている。古写真や文献、発掘調査記録を分析するとともに、古老への聞き取りを行い、有識者による委員会で方針を決めていく、という、首里城復元以来の手法を採った。現在は観光案内所として使われている。

 木造建築といえば、このような歴史的な建造物ばかりでなく、かつては一般民家も当然ながらみな木造建築だった。木造建築は、沖縄の蒸し暑さを回避するうえで機能的に優れているが、戦後、沖縄の住宅のほとんどが鉄筋コンクリート造になった。

 平良さんによれば、現代の木造建築は、台風に耐える強度を十分備えているし、シロアリ対策も開発されている。木造建築がかつて直面したそうした大きな問題は、少なくとも技術的には既にクリアされている。にもかかわらず、木造住宅はまだまだ少ない。

 「台風とシロアリでさんざんひどい目に遭ってきましたから。やはり、それがトラウマになっているのでしょうか」

TairaH2

 平良さんが懸念しているのが、木造建築を作ることができる人材の不足だ。コストダウンを図るため、コンピュータにデータを入力して機械に材をカットさせる方式が増えつつある。しかし、このやり方では、伝統的民家を建てられるような人材はなかなか育たない。

 とはいえ、散発的にせよ、歴史的な木造建築の修復や復元工事は行われている。そうした中で、ベテラン、中堅、新人の大工が関わっており、伝統技術は着実に継承されている、と平良さんはみている。

[平良啓さんとつながる] 首里城は那覇市首里当蔵町3-1、098-886-2020。平良さんも理事を務める「首里城公園友の会」は、見学会、講演会、研究誌『首里城研究』の発行など、さまざまな活動をしているので、首里城や琉球王国について深掘りしたい方にお勧め。事務局は098-886-2020。玉陵「東の御番所」は、首里城のすぐ西。歩いて行ける。那覇市首里金城町1-3、098-885-2861。喜名番所は、読谷村字喜名1-2、098-958-2944。国土交通省の道の駅に指定されており、気軽に立ち寄れる。平良さんの勤務する株式会社国建のHPはこちら


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote