科試

2011年06月05日

人材も産物も自前で作った近世琉球

沖縄を創る人 第21回
 歴史家 上里隆史さん(下)


 在野の歴史家、上里隆史さんが語る琉球王国。1300年代から1500年代の古琉球を軸にした前回に続き、今回は、1600年代以降の近世の琉球王国を語ってもらおう。

UezatoT4


 薩摩の侵攻は1609年だが、その前に国際情勢の大きな変化があった。それは明の海禁政策の後退だ。明の海禁政策は、海外貿易を国の管理下に置いたので、これがきちんと機能している時は、自由な民間貿易はできなかった。

 前回述べた1300-1500年代の古琉球時代の国際貿易は、この管理システムの内側で行われた朝貢貿易だった。日本や琉球を含む数多くの国が明と朝貢貿易を行った。明は琉球を重用し、数多くの船を与えるなどして優遇した。那覇港のにぎわいも、こうした朝貢貿易がもたらしたものだった。ところがー。

 上里さんが言う。

 「海禁がゆるみ、民間の貿易が盛んになってくると、競争力のない官製貿易システムは負けてしまうんです」

 官製事業は民間事業の勢いにはかなわない、というのは、いつの世でも同じらしい。

 では純民間貿易が琉球で盛んになったかというと、そうはならなかった。ここに「もう一つの国際情勢の変化」が大きな影響を与えた。1609年の薩摩の侵攻がそれ。薩摩の侵攻によって、琉球は江戸幕府の鎖国体制下に組み込まれてしまった。貿易による繁栄とは正反対の、鎖国の世が訪れたのだ。

 こうした一連の国際情勢の変化によって、国際貿易港として繁栄した那覇は、その輝きを失ってしまう。琉球王府も、かつてのように、外国人人材をそのまま活用することはできなくなった。

 「そうなった時に初めて、琉球では、自前の人材育成システムが構築されていきました」と上里さん。

UezatoT5


 自前の人材育成システムの中心にあったのが「科試(こうし)」と呼ばれる人材登用試験。500~600人の受験者の中から1人くらいしか受からない超難関で、合格者は、合格の翌日から、琉球王府の高度な政策文書を起案する即戦力として働いた。

 テンペストの主役、NHK時代劇では仲間由紀恵が演じる孫寧温こと真鶴もその一人。科試を10代でパスし、時代の荒波に飲み込まれそうになる琉球王府の舵取りを担った天才官僚という設定だ。

 自前で作る、という意味では、人材だけでなく、生産物もそうだった。古琉球時代の朝貢貿易は、基本的に中継貿易で、琉球は自前の生産物を販売するよりも、他の場所で仕入れたものを別の場所で売る方が中心だった。話はちょっと遡るが、上里さんが古琉球時代の中継貿易の面白いエピソードを教えてくれた。

 「1500年代の初め、マラッカにいたポルトガル人トメ・ピレスの記録の中に、琉球人はタマネギなどの野菜をよく売っている、という記述があります。当時の琉球でタマネギは生産も消費もされていなかったと考えられるので、どこかで生産されたものを別の場所に持っていって売っていたのではないかと思います」

 話を近世琉球に戻せば、薩摩侵攻後の琉球王国は江戸幕府の鎖国体制に組み込まれ、独自の貿易はできなくなる。外から買えないとなれば、不足は自分で生産して補うしかない。その結果、この時代は、サトウキビで作った砂糖や泡盛が日本などに輸出された。事実、当時の江戸には琉球泡盛がかなり出回っていたらしい。

 この時代の琉球王国を代表する人物といえば、1700年代に活躍した蔡温(さいおん)が有名。宰相職である三司官まで上り詰めた第一級の行政マンであり、希代の政治家・エンジニアでもあった蔡温は、小国である琉球がどうしたら生き延びられるかに知恵を絞り続けたという。

 「国が小さくても貧しくても、心配いらない、と。そのためには、優先順位を間違えるな、大局を見ろ、と蔡温は説きました。琉球がうまくやってこれた時代は、自分たちの不足をしっかり認識していたことが成功の要因だったのではないかと思います」

UezatoT7


 上里さんの視線は、現在の沖縄が置かれている難しい立場にオーバーラップしていく。

 「自分たちの弱みが何なのかを自覚できれば、その不足をいかに補うかが見出せます。逆に、中国や日本本土になくて沖縄にあるものは何かを考えることも重要だと思います」

 上里さんは、前々回で紹介した宮城直人さんの「先端医療特区構想」はとても沖縄的だと話す。米軍基地が存在している現実をふまえ、それを逆手にとって、むしろ活用しながら自らの力量を高め、沖縄振興の起爆剤にしてしまおうというしたたかな発想。西の中国と北の日本に挟まれ、欧米の圧力さえかぶりながら、そのような現実を受け入れつつ、自分の足で立つことを模索し続けた琉球人の生き方に相通ずるものがあるということだろう。

 「そうした沖縄的発想を実施できる体制になっているかどうか。非常に気になるところです」

 上里さんはそう付け加えた。

[上里隆史さんとつながる] まず上里さん自身のブログ「目からウロコの琉球・沖縄史」。上里さんの多彩な活動ぶりのほか、琉球史のエピソードなど面白い話題が満載。著書は「目からウロコの琉球・沖縄史―最新歴史コラム」(ボーダーインク刊)、「琉日戦争一六〇九 島津氏の琉球侵攻」(同)など。来年1月には絵本「たくさんのふしぎ 琉球という国があった」(福音館書店刊)が出版される。上里さんが時代考証を担当したNHKのBS時代劇「テンペスト」の番組案内はこちら

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote