粉引

2008年02月24日

[第42話 沖縄] 知念の山中で焼く粉引茶碗

 茶碗は、その微妙な形が面白い。ゆがんでいるようで、なんとも言えぬバランスを保っている。見る角度によって全く違う形に見えたりもする。この2つの茶碗は、白く粉を吹いたように見えるので、粉引(こびき)と呼ばれる。沖縄本島南部・知念の山の中にある涯山窯で出会った茶碗だ。

Gaizan1

Gaizan2

 え、沖縄で粉引? 焼き物好きはそう思うだろう。粉引は、日本本土では珍しいものではないが、壺屋焼に代表される沖縄の焼き物にはあまり見られない。

 この茶碗を焼いているのは玉木弘一さん。玉木さんは沖縄の出身だが、若き日に京都で修行して、粉引などの技法を身につけた。沖縄に戻り、那覇で4年、知念で涯山窯を開いてから21年になる。

 沖縄の陶芸家が京都で身につけた技術で焼くー。現代の話だから別に驚くことではないが、数百年前、船しかなかった時代でも、芸術や文化の伝播や交流は、人から人へ、あるいはモノの流れを通じて、それなりに盛んだったのではないだろうか。むろん、そのスピードはゆっくりしたものだったろうが。

 焼き物の世界だけでも、例えば、琉球王国のアジア中継貿易で、沖縄がアジア各地で売っていたものは中国産の陶磁器が中心だった。沖縄の壺屋焼は、1600年代に朝鮮から招いた陶工によってもたらされた技法だ。タイ北部で出土する13―15世紀のふたつきの小鉢は、壺屋焼でおなじみの黒砂糖などを入れておく小鉢とよく似ている・・・と、文化伝播の事実やそれらしき形跡はいろいろある。

 話を涯山窯に戻そう。写真の左手前は、象嵌(ぞうがん)という技法で作った水差し。玉木さんによると、はんこを押し込んで模様をつけ、へこんだ部分に白い土を埋めて平らにし、釉薬をかけて焼く。小紋のような小さな模様の繰り返しが、端正な趣きを醸し出す。器の形が直線的なのでやや固い印象になるが、それがはんこ模様の繰り返しによく合う。

Gaizan3

 「何でも作っちゃうんです」。物静かな玉木さんが、茶目っ気たっぷりに言ったのは、デザイン系とも言うべき多様な生活雑器のこと。粉引の茶碗や水差しなどの茶道具類とは全く違った趣きの、ふだん使いのコーヒーカップや皿が、涯山窯のギャラリーにはたくさん並んでいる。製作の技法もさまざまだ。

Gaizan4

 ギャラリーを切り盛りするのは妻のあき子さん。玉木さんの作品をセンスよく並べるだけでなく、訪れる人々に作品についてていねいに説明してくれる。あき子さんがいれる香り高いコーヒーも魅力(300円)。毎年12月中旬には窯出しでにぎわうそうだ。

 涯山窯は、南城市知念字具志堅268-1、電話098-948-7644。水曜休。ギャラリーは10時30分から18時30分まで。国道331号線の斎場御嶽入り口から2.5kmほど糸満方向に行ったところの右手に「涯山窯」の小さな看板が出ているので、そこから山に上がる道を入っていく。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック