長寿

2008年09月09日

[第75話 沖縄] お年寄りは宝

 後期高齢者医療制度を挙げるまでもなく、お年寄りが肩身の狭い思いをさせられることが多い昨今。沖縄本島東側の平安座(へんざ)島で、面白いものを見つけた。

Life2

Life3


 万鐘本店46話の海中道路、51話のサングヮーチャーで登場した平安座島。その公民館には、99歳のお祝いを迎えたお年寄りたちの肖像写真がずらりと並んでいる。歴代区長の肖像写真を掲げる公民館は多いが、長生きのお年寄りを顕彰している公民館は、さすがの沖縄でもあまり見ない。

 立派なことをしたから顕彰されるのではない。長生きそれ自体が最高の価値、という、ヒトにとって根源的ともいえる価値観。

 沖縄の各地では数え97歳を「カジマヤー」と呼んで盛大にお祝いする習慣があるが、平安座島では99歳の白寿を「ガージーバール」と呼び、島を挙げて祝うのがならわし。旧暦の9月9日にこの祝賀行事が行われる。人口1500人の島で、対象者は年に1人か2人という。

 旧9月9日の午後、まず、祝われる人の家に公民館からごちそうが届けられる。午後3時からはパレード。公民館特製のリヤカーを改造した車に本人が鎮座して、島じゅうを1時間半にわたって練り歩く。その後は祝宴になる。

Life1


 沖縄では、若者も年寄りの意見は聞くといわれる。確かに、悪たれ小僧どもが、90歳近いおばあに諭されているような光景は、ときどき見かける。

 沖縄民謡のベテラン歌手、登川誠仁の「じいちゃん、ばあちゃん」の歌い出しはこんな歌詞で始まる。

 昔云言葉に御年寄や宝 話花咲ち手墨習てぃ

 [標準語]
 昔からの金言、お年寄りは宝 語り合う慶び、教えを請うありがたさ

Life4


 現代人の力の源泉は恐らく「稼ぎがいいこと」なのだろうが、お年寄りが尊敬されるのは稼ぎがいいからではない。稼ぎ以上に重視される価値観があるからこそ、万事に長じているお年寄りに教えを請うのが「ありがたい」のだ。

 もちろん、年をとれば病気がちになるし、お金もかかる。しかし、そこは、稼げる人々が相応に経費を負担する。

 例えば、平安座島のガージーバールの祝いには大勢の人が参加して、いろいろとお金がかかる。祝われる本人の家族はその経費を負担するが、背景には、広範囲の親類から祝い金が集まる仕組みがある。公民館も経費負担の一環としてかなりの祝い金を出す。

 長寿の祝いは、こうして親族と地域が経済的に支えている。家族が遠方にいたり、本人が老人ホームに入っているようなケースもあるが、そんな時も島に残る親族が支える。

 少子高齢化社会では、稼げる人が減ってくるから大変だ。沖縄は子だくさん社会を続けているおかげで、若年労働力がまだ豊富。子を産み育てるのは、社会を成り立たせる根幹中の根幹だから、これは大きな強みといえる。

 とはいえ、将来はやはり大変だろう。ただ、沖縄の社会は、今後も子だくさんを続け、稼ぎ手が働きつつ、お年寄りを大切にする姿勢を、できるギリギリまで保とうとするに違いない。なぜって、それが沖縄そのものだから。

 こんな古い琉歌がある。

Life5


 百歳年寄りぬ うち笑ていめす
 くりどぅ世栄いぬ しるしさらみ

 [標準語] 
 百歳のお年寄りが、声も高らかに笑っている
 これこそが社会繁栄の証しである

 立派なビルよりも、お年寄りの笑い声―。沖縄は復帰後、ずいぶん立派なビルも増えたが、お年寄りを敬って大事にする気持ちと、それを裏打ちする子だくさんのスタンスはまだ堅持しているように見える。

 ただ、ちょっと補足するならば、この琉歌の「うち笑ていめす」は、「微笑んでいる」というよりは「呵々大笑する」ようなニュアンスだ。

 お年寄りを大切にするというのは、必ずしも「手を引いてあげる」という感じではない。90歳過ぎて1人暮らしというような話は珍しくない。むろん、これは元気な人の場合だが。

 大切にされるお年寄りも、案外サバサバしている。そうした強さがなければ、声も高らかに笑えないし、若者は敬いようがない。照りつける太陽の下で、弱々しい姿はあまり絵にならない。

bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2007年09月12日

[第12話 沖縄、食] 喜舎場朝嗣さんが作るスッキリ弁当

 クイズ。沖縄県民はしょっちゅう食べているが、観光客が口にすることはほとんどない食べ物は何でしょう―。

 答は、昼食用の「400円弁当」。昼時になると、そこここにある弁当店はもちろん、小さな食料品店からスーパーまで、400円弁当が店先にズラリと並ぶ。市役所の駐車場や工場前などで、軽貨物車で出張販売しているケースも多い。

Bento2.jpg

 沖縄の400円弁当は、本土で見かける幕の内弁当とはだいぶ違う。入っているおかずのボリュームがものすごいのだ。典型的なのは、魚フライや鶏の照り焼き、とんかつといったメインがごはんの上に乗り、周囲のおかずスペースをゴーヤーチャンプルーや人参シリシリ、島菜イリチーが固め、さらに脇役として、ちくわのてんぷらなどが加わる。上の写真の弁当の場合、総重量は600gに上る。

 お腹一杯になる、どころではない。全部平らげると、頭がボーッとなり、しばらく動けなくなる。このボリューム、一体何キロカロリーになるのだろうか。数字を見るのが怖い感じだ。

 確かに、暑い地域では体力の消耗が激しいので、サトイモやコンニャクの小さな一切れが独立コンパートメントに鎮座しているような上品な幕の内弁当ではもの足りない。その意味では、てんこ盛りの沖縄のノセノセ400円弁当は理にかなっている。

 しかし、それも程度の問題。オフィスワーカーや中高年、女性の多くには明らかにカロリーオーバーだろう。それも毎日となると―。

 そう考えて、首里の弁当店「かつ屋」の喜舎場朝嗣さんは、7年前、沖縄では珍しいスッキリ系の400円弁当を作り始めた。「ごはんに乗った肉や魚の油がごはんの半分くらいまで染み込んでいるような」(喜舎場さん)ノセノセ弁当全盛の頃である。

Bento0.jpg

Bento1.jpg

 油や化学調味料の量を減らし、揚げ物より煮物を増やした。ごはんの量もほどほどにした。なにしろ売価が400円の庶民派弁当だから、高価な素材は使えない。それでもできる範囲の工夫で、少しでも体にいい弁当を作りたかった、と喜舎場さんは話す。

 周囲が「量」を売りにしている中で、見劣りしない弁当にするには、おかずの種類を多くして、彩りもよくする必要があるから、どうしても手間はかかる。喜舎場さんの弁当は、ノセノセ弁当に比べてだいぶスッキリしている。もちろん、おかずたっぷりの沖縄弁当のよさは失っていない。これで540g。

Bento3.jpg

 「始めた頃は、こんな弁当は珍しかったですけど、最近は似たような弁当が出てきましたね」と喜舎場さん。

 もしノセノセ弁当のボリュームにまいっている人がいたら、喜舎場さんの弁当をお勧めしたい。十分満足できるが、しつこくないので毎日でも食べられそう。これなら食べ終わった後、すぐに動ける。

 かつ屋は首里城近く、バス停「首里支所前」の真ん前。那覇市首里当蔵町2-9-4。098-885-0388。土日休。

bansyold at 16:07|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote