鶏の唐揚げ

2016年10月11日

解剖!ナシゴレントラシ(下)

 今回は、ナシゴレンのわきに置かれている鶏の唐揚げ、です。

Nasigoreng3



 ナシゴレン(焼き飯)が本体だとすれば、唐揚げはオマケというか、オカズというか、そんな立ち位置になるわけですが、なかなかどうして、人気です。

 この唐揚げ、味付けはナシゴレン同様にインドネシア風。

 先日もあるお客様が「この唐揚げ、不思議な味ですねえ。カレーみたいだけど、そうじゃないし・・・」とポツリ。

 カレーご三家のコリアンダー、クミン、ターメリックのうち、クミン以外は入っています。入ってはいますけど、少しです。

 インドネシア風なのは、むしろ玉ねぎ、生姜、ピーナツのしわざ。それぞれ独特の風味があります。

 これらをブレンドしたペーストに漬け込んでから、粉をまぶしてカラリと揚げると、なんとも言えないサクサクの食感に。ナシゴレンとの相性がよくなるように、唐揚げは小さめです。

Nasigoreng4


 鶏の唐揚げ単品というのは今はやってないんですが、これだけでもビールのつまみやごはんのおかずにばっちりですね。

bansyold at 19:22|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年12月14日

インドネシア風鶏の唐揚げのヒミツ

 12月からスタートした「しっかりアジアン」シリーズのトップバッター、インドネシア風鶏の唐揚げが好評です。今回はそのヒミツをお教えしちゃいましょう。

IDNFriedChicken1L


 きつね色に揚がった鶏の唐揚げ。とってもおいしそうですが、写真を見ただけでは、どこがインドネシア風なのか、分かりませんよね。

 インドネシア風は、下味をしっかりつけます。まずコリアンダー。種を粉にしたスパイスで、かんきつっぽい爽やかさが特徴です。

 ニンニク、生姜、玉ネギもたっぷり入れます。そしてそして、ピーナッツ。ミキサーで粉にしてペーストに加えます。ピーナッツのコクと香りは、いかにもインドネシアの風味ですね。焼肉サテの甘いピーナッツソースを思い出して下さい。

IDNFriedChicken5


 さて、インドネシア風。こうして下味を含ませる際には、いったん鍋で加熱します。生のままよりも、肉の中まで味がよく染みていきます。

 そこまでが仕込み。オーダーが入ったら、これを中温の油でじっくり揚げ、サクサクに仕上げます。

 これまでとちょっと違った風味の鶏の唐揚げ。ぜひお試し下さいね。

bansyold at 15:45|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年12月01日

しっかりアジアン、始めました

 いよいよ師走ー。ももと庵では、アジアンな仕掛けをグンと進めた「しっかりアジアン」シリーズをきょうから始めました。

IDNFriedChicken4L


 例えば、豚しゃぶ素麺は、スープに魚醤を使い、揚げニンニクをトッピングするなど、これまでのももと庵メニューも「ほんのりアジアン」な仕掛けがしてありました。

 今回の「しっかりアジアン」シリーズは、アジアンな仕掛けをもっと強くしたメニュー。アジアン、アジアンした新メニューが続々登場しますよ。

 12月は、しっかりアジアンの開始記念で、いきなり2品の新作が登場!

 まず、インドネシア風鶏の唐揚げ。玉ねぎやコリアンダー、ピーナツ入りのタレをふくませた鶏肉を、カラリと揚げました。冒頭の写真がそれ。目からウロコのおいしさ、です。

 もう一つは、南インド風さばのカレー。酸味のきいたココナツたっぷりのカレーの中で、さばのうまみが広がります。辛さはマイルド、中辛、大辛からお選び下さい。

SabaCurry1L


 これまでも豆乳グリーンカレーなど、しっかりアジアンなメニューはいくつかありましたが、それをエンジン全開で加速します。もっと本格的なアジアンを食べたい、というご要望がお客様からあったのが、きっかけです。

 もちろん、これまでの「ほんのりアジアン」や、とろっとろラフテーなど「とってもおきなわ」なメニューも引き続きお楽しみいただけます。

 「しっかりアジアン」シリーズの鮮烈な味と香り。どうぞお試し下さい。新作メニューについては、また改めて詳しくご紹介しましょうね。

bansyold at 11:03|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote