黒ごま

2017年01月13日

生姜スープに浮かぶ餅の中に・・・

 年末年始は暖冬だった沖縄も、ここ数日気温が下がっています。寒い日はこんなスイーツをどうぞ。温かいジンジャースープの中に餅を浮かべたホットチェーです。

HotChe1


 冬場のハノイは13度とか12度とかに下がることもあり、温かいスイーツ屋さんの湯気にみんな引き込まれていきます。餅のチェーは、そんなホットチェーの定番の一つ。

 スープは生姜と黒糖。さてさて餅の中は・・・。こんな感じであんが入っていますよ。

HotChe3


 黒方がごまあん。黄色いのが緑豆あん。

 お好みで、ココナツミルクをかけて召し上がって下さい。

 ホットチェー、明日、土曜日スタートです。

bansyold at 17:45|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年12月18日

寒い時はココナツバナナでホッと

 寒いですねえ。そこで、冬の温かいアジアンスイーツを2種。まずココナツバナナ。ココナツミルクでバナナをふんわりするまで煮込んだもの。砕いたピーナツがアクセントです。

Coconutbanana1


 チェーに使う冷えたココナツミルクの独特のコクも魅力ですが、温かいそれは、なんとも優しい風味になります。牛乳のホットミルクより、明らかにやさしい。

 スプーンでひとくちずつ味わっていると、なんだが、ホッとしたような気分になってきますよ。

 バナナは加熱すると酸味が少し強調され、ココナツミルクと絶妙のコンビネーションに。バナナを揚げたり、焼いたりするのは、バンコクでもジャカルタでもおなじみの街角おやつ、ですね。

Kurogoma


 もう1品は、黒ごま汁粉。これは昨年の冬まで出していたもののリバイバルです。根強い人気で、しばしばご指名をいただきます。

 黒ごまのみで作った強い味の甘い汁をハノイや香港の人たちは好みますが、食べ慣れない人にはややきついので、ももと庵はこれにさらし餡を少し入れてマイルドにしました。

 お楽しみ下さい!

bansyold at 18:49|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年12月03日

黒ごま汁粉がお目見え

 いよいよ師走。ももと庵も温かいスイーツを始めていますので、ご紹介。黒ごまのたっぷり入ったお汁粉です。

 とろーっとしたうまみたっぷりのお汁粉は、甘さ控えめ。黒ごまの味と香りに導かれながら、どんどん食べ進んでしまいますよ。

Kurogomashiruko2L


 ごまにはゴマリグナンが含まれています。その代表がセサミン。セサミンは抗酸化作用があり、肝臓で発生した活性酸素をやっつけてくれます。肝機能を高め、肝臓ガンを予防するとも言われています。アンチエイジングという、平たく言えば老化防止機能もあるようなんです。

 香港などで食べられているごまのお汁粉は、砂糖やでんぷんのほかはごま100%のレシピが多いようですが、ももと庵の黒ごま汁粉は、こしあんを少し加えています。ごま100%だとごまの味は濃厚になりますが、100%の試作品を何人かに食べてもらったところ、ごまの味が強すぎるという声がかなりありました。

 あんこは日本ではおなじみの味ですから、あんこがごまのベースになって胸に落ちる感じになっていると思います。

 白砂糖だけでなく、黒砂糖も加えました。黒糖のコクは、全体を複雑で奥行きのある味にしてくれます。

 おいしいごま汁粉を食べていたら若返ったー。本当なら、こんないいことはありません。

 というわけで、黒ごま汁粉、どんどん食べましょう(笑)。


bansyold at 00:00|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年08月02日

[第128話 食] 真っ黒な黒糖黒ごまジャム

 ごらんのように真っ黒。まるで墨のような真っ黒のペーストの正体は、黒糖と黒ごまの黒黒コンビ。それ以外は何も入っていない。サトウキビの絞り汁を煮詰めるところから黒砂糖を作っている仲宗根黒糖の看板商品だ。

Kuro2


 沖縄はサトウキビ栽培が盛ん。かつてはかなりの金額になったので、農家は競って稲作から転換したのだが、経済成長を遂げた今では、事情はすっかり変わってしまった。生鮮食品でもない砂糖で、労賃がべらぼうに安い途上国と張り合うのは確かに相当しんどい。

 しかし、それは普通の白砂糖の原料としての話。ミネラルたっぷりの健康食品である黒砂糖作りはまた別で、こだわりを持った県内各メーカーがアイデアを競っている。

 浦添市の仲宗根黒糖もその一つ。社長の仲宗根聡さんは、東京で不動産会社に勤めていたのをやめて故郷の沖縄に戻ったUターン組だ。あるおじいが、昔のままのやり方で、サトウキビの絞り汁を煮詰めて黒糖を作っているのを見せてもらう機会があった。食べてみると、実においしい。

 「ひと口に黒糖菓子と言っても、いろいろなものがあるでしょう。沖縄の人でも、本当の黒糖の味を知っている人は案外少ないんじゃないでしょうか。私もその一人だったわけです」と仲宗根さん。黒砂糖ってこんなにおいしいものだったのか―。おじいの作る黒糖を、目からウロコの思いで味わった。

 早速このおじいに「入門」し、黒砂糖の作り方を教えてもらった。さらに、仲宗根さんは黒砂糖の味を生かした優れた加工品を作りたいと考え、いろいろな副原料を試した。中でもおいしかったのが、黒ごまと混ぜたもの。ペースト状なので「黒糖黒ごまジャム」と名付けた。

Kuro4


 この黒糖黒ごまジャムを口に含むと、黒ごまの味と黒砂糖の味の両方を感じることができる。どちらかと言えばトップの香りは黒ごまなので「あー、黒ごまの味だなあ」と思うのだが、その瞬間、しっかりとした黒砂糖の味が押し寄せてきて「うんうん、黒糖の味だ」と納得する。黒ごまの味と思えば確かに黒ごまの味がするし、黒砂糖だと思えば確かに黒砂糖の味がする。どちらも全く譲らない。

 黒ごまには独特の味と香りがあるから、黒ごまのペーストに砂糖を入れるだけでもおいしいが、そこに黒砂糖の個性的な味わいが乗ると、味の奥行きがグーンと増す。

Kuro1


 パンに塗るのはもちろん、モチにつけたり、ヨーグルトにかけて食べてもおいしい。インゲンのごまよごしなどもこれで作るとコクのあるものができそうだ。

 いかにも体によさそう。黒砂糖にはカリウムが豊富に含まれている。一方、ごまはカルシウムの宝庫。マグネシウムやリンも多い。最近では、セサミノールをはじめとする抗酸化物質が注目を集めている。

 おじい仕込みの自家製黒砂糖と黒ごま以外には何も入っていない。もちろん、増粘剤や保存料といった添加物は一切なしの無添加自然食品。びんのラベルには、サトウキビの絞り汁を釜炊きで煮詰める挿絵が描かれていて、独特の雰囲気を醸し出す。

Kuro5


 那覇市を走るモノレールの終点、首里駅の前に直営店があって、製品はここで買える。日持ちがするので、おみやげにもいい。那覇市首里汀良町3-20、098-884-3930。仲宗根黒糖のHPからも取り寄せられる。

人気ブログランキング
上のマークをクリックすると、万鐘本店のランキングがアップ。応援クリック、お願いします。

bansyold at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote